【読者投稿】英語が頭の中に入ってこない。そんな時はどうすればいい?

英語が頭の中に入って来ないよ!TOEICの問題なんて理解できない!

なんてTOEIC本番の直前まで頭を悩ませている人は多いんじゃないかと思います。今回も読者の方から投稿を頂いたので紹介します。

今回は英語の勉強方法に対し、新しい視点で切り込んで下さいました。身の回りの環境を英語に変えること、そして通勤・通学時のちょっとした勉強方法についても言及してくださっています。

では、投稿をどうぞ!

 

英語が頭の中に入ってこない。そんな時はどうすればいい?

少しずつですが、TOEICの試験の勉強をしてます。日本語と違い、全く頭の中に英語は入ってきません。

それではどうすればいいのでしょうか?

少し前のことを思い出してみてください。日本人なら学生時代、ずっと机に向かって勉強してたと思います。その時は机に向かって日本語をノートに書き、日本語をずっと聞いて授業を受けていたのを覚えているでしょう。この状況を、英語に置き換えていけばいいと思います。

ずっと英語を読み書きできる環境を、自らで作っていけばいいのです。

英語を聞くのは映画やラジオを利用すればできますし、英語を書くならTOEICの過去問題集をそのまま書き写す作業をするればいいことです。特にこの書き写す作業は、試験対策にもなりますし、実践的な英語の文章を書く練習にもなります。

試験対策の本が色々と出ていますが、過去問題集を買うのが1番です。

通勤・通学で過去問題集を持ち歩くのは重いので、そういう時はポケットサイズの英文集を持ち歩くのがいいです。持ち歩く英文集は、英語に慣れるためだと考えてください。

単語集はオススメできません。英語は単語で覚えるのではなく、文章で理解した方がいいです。

単語一つではなくて、文章全体を見渡すようにして視野を広げて覚えた方がいいと思います。英検も同じだと思いますが、英語にまずは慣れること・英語を生活の一部に取り入れることが大事です。

 

感想

いかがでしたでしょうか?個人として注目したのが、TOEICの問題を書き写すという作業です。

ある意味では理にかなっているのですが、ただ単純に書く作業では、英語力は伸びることはありません。中学・高校時代のように、苦痛な「単純作業」となってしまいます。注意しましょう。

もし英語の文章を書き写すのであれば、一つ一つの文の成り立ちや単語、熟語、文法を、じっくりと吸収していくイメージで書き写していくといいかもしれません。そしてそのあとは、書いた英語の文章を音読してみましょう。

単語や熟語、一つ一つの文法を理解した上で行なって下さいね。このあたりは「洋楽を使って勉強してみる?苦手な英語もこれなら克服できるかも!」で書いたカラオケしよう!でも言及しています。参考にしてみて下さい。

書き写す作業よりも英語を考えて覚えて、口に出して実践する、ということに集中して学習すると効果も向上するでしょう!

このブログで何度も言っていますが、英語は結局のところ言語です。頭で理解するよりも、口に出して実践していくのが近道だと思っています。もちろん僕も実践してきましたし、それが効果的でした。

皆さんも英語を勉強する時は注意してみて下さい。

 

編集後記

英語の勉強方法というのは、実に様々ですし、人によって異なるものです。正直なところ正解はないと思っているので、自分に合ったやり方を見つけるのがいいでしょう。

ただ共通して注意してほしいことは「とにかく実践してみる」ということです。これは元Apple社員で、現在はフィリピンで語学学校を経営している松井博さんも(Twitterで)よく言ってらっしゃることです。

実際にお会いしたことはないんですが、ツイートが参考になります。

より実践的で成果の出る英語の勉強方法を知りたい人は、彼のアカウントをフォローしてみることをオススメします。また、今月のフォーブス誌にも特集されていましたね。

 

まとめ

これまでブログではたくさんの英語の勉強方法についてご紹介してきました。これからも皆さんのためになるような情報を発信していきます。

今回はTOEICだけでなく、日々の英語学習にも効果的なトピックをお届けしました。

また当ブログでは、読者からの投稿もお待ちしております。小さな体験談でもとても嬉しいです。英語の勉強方法やTOEIC、英検の勉強方法などをお聞かせくださいね!お待ちしています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
HIRO
フィリピン・セブ島のスラム街で、ボランティアを始めたキッカケから、フィリピンで働くことに。セブ島観光のエキスパートになって、「エキサイトセブ」というマガジンサイトでライターを経験。お仕事のご依頼は→ info.f.hiro”あっとまーく”gmail.com まで。

更新情報はSNSでお届け