ツチボタルの洞窟を探検!ニュージーランドのワイトモケーブは行かなきゃ損!

SPONSORED LINK

ニュージーランドに鍾乳洞とツチボタルで神秘的に輝く洞窟があるのを知っていますか?

ワイトモケーブは世界的に有名で、毎年多くの観光客が訪れています。青白く輝くツチボタルの洞窟と大自然が作り上げたダンジョン・鍾乳洞を探検するツアーに参加してきました。

今日は、そんなワイトモケーブについての観光情報のまとめです。

ワイトモケーブについて

ワイトモケーブはロトルアやハミルトン、オークランドからのアクセスが便利な町です。というかどちらかというと村に近いです。周辺にはスーパーすらなく、のんびりと過ごすことが出来る場所です。

 

ワイトモケーブ

観光地周辺であるワイトモは本当に何にもない街なので、少し高くても他の街から1日観光ツアーを組んでいく方が正解です。

個人的にはロトルアでの温泉や観光旅行のオプションとして訪れるのがベスト!

洞窟は、約3,400万年前から約2,300万年前の漸新世の石灰岩で形成されており、とても古い歴史を持っています。また古くから洞窟観光地として有名であったが、英国王室の買収によって、より観光地らしく整備されていきました。

今回観光する予定なのはワイトモケーブという、ツチボタルで神秘的に輝く洞窟です。世界的にも珍しいツチボタルで輝く洞窟は観光スポットとして旅行客から大変な人気を誇るニュージーランドの定番観光スポットの1つです!

ツチボタルとは?

その前にツチボタルについて説明しておこうと思います。色々と説明してもしょうがないのでウィキペディアから拾ってきました。

ツチボタルなんて可愛い名前が付いていますが結局のところはハエなんですね。

正式名称は「ヒカリキノコバエ」と呼ばれており、英語名だと「Grow Worm 」と呼ばれています。

この幼虫は青白い光を発するために土ボタルとして知られており、オーストラリア、ニュージーランドなどで洞窟観光資源の一つとされ、観光分野(ツアーパンフレット、ツアーサイトなど)でもそのように表記される。

Wikipedia

 

ワイトモケーブへのツアー

ロトルアやハミルトンからのツアー参加

現地にてロトルアやハミルトンからツアーに参加する場合は各街にあるi-Siteで申し込みをすることができます。インターネットから申し込むにはこちらを参考にしてみてください。

20160731225509

ここから申し込めるツアーは往復の交通費込みで195ドル / 人と少し高い印象がありますが、ロトルアやハミルトンの街からは距離が大分あるので仕方ないと思います。でも観光都市から日帰りで参加できるので、時間のあまりない人にはオススメできます。

20160731225726

というのもワイトモケーブの近くには宿泊施設が少なく、せっかく泊まりに行っても特に遊べるところが少ないからです。留学などをしている人にはのんびりできる場所なのでオススメですが、観光客にはオススメできません。

 

ワイトモケーブ周辺に宿泊してツアーに参加

ほかにも、ワイトモの街に泊まって歩いて行く方法もあります。バックパッカーが周辺にあるので泊まる方法もできます。

ワイトモ周辺の街から歩いて行くと約10分程度で行くことができますが、その周辺にはゲストハウスも少なく、スーパーすらありませんので時間を持て余すかもしれません。実際に僕が宿泊した施設を紹介します。

 

KIWI PAKA(ゲストハウス)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕はKiwi Pakaというバックパッカーに泊まりました。バックパッカー内にレストランがあるんですが、そこのピザが物凄く美味しかったのでオススメです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろん他の料理もメチャクチャ美味しかったですよ!

20160731230016 20160731230050

近くにお酒の飲めるバーもあるので、のんびりと時間を過ごしたい人にオススメできるゲストハウスです。

20160731230141

ワイトモケーブ周辺に泊まる場合はツアーの窓口まで歩いて10分程度なので好きな時間に行くことができますし、当日券を購入できるので事前に予約する必要がありません。

事前に予約が必要なのは、遠方の街からツアーに参加する場合と考えて良いでしょう。

 

ワイトモケーブツアーに参加する

では実際にツアーに参加してみます。

僕はワイトモ周辺に泊まっていたので、ツアー参加の当日にチケットを購入しました。当日券の情報はワイトモケーブのホームページをご覧いただければ詳しくわかるでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当日券の値段も1人あたり49ドルで、一般的なニュージーランドの観光ツアーに比べると値段は高くないと思います。チケットを購入した後は、指定された時間に集合場所に行けばツアーに参加することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

集合したら他のツアー客とまとまって鍾乳洞の洞窟の奥まで進んでいきます。だいしょうさまざまな鍾乳洞の洞窟を探検したあと、ツチボタルの生息する洞窟をボートで進んだ先でツアーが終了します。

洞窟内は写真撮影が禁止だったので写真がありません。ここから先はご自分の目でお確かめください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洞窟から出て、入り口まで戻る道の途中の写真です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鳥の鳴き声や川のせせらぎの大自然に囲まれて素敵な時間を過ごすことができます!

 

ツアーの感想

鍾乳洞の洞窟ではガイドが色々な説明をしてくれ、色々なことを知ることができて楽しかったです! 鍾乳洞は古く歴史があり、ダイナミックな景色を見ることができました。

また、ツチボタルの洞窟では淡く青く光るツチボタルがとても綺麗で、まるで満点の星空の下でボート下りをしているようでした。

併設されているカフェでは美味しい料理とともに、のんびりとした時間を優雅な大自然と共に堪能することができるのでオススメです。

20160731225350 20160731225411

ニュージーランドは大自然が有名ですが、このワイトモケーブもニュージーランドの大自然を堪能することができる秘境と言えます。代表的な観光スポットですから、ニュージーランドに来た際は是非ともツアーに参加してみてください!

 

まとめ

僕はワイトモケーブ、好きですよ。

日本人、外国人に関わらず、是非とも訪れて欲しい観光スポットです!ロトルアからもオークランドからも行くことのできる場所なのでチェックしてみてください。特にツチボタルの洞窟はとても綺麗でした!

またニュージーランドへ行く機会があったら是非とも訪れたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。