英検準1級の過去問を攻略して、ガッチリと合格を掴む方法

英検準1級に挑戦するんだけど、過去問って解くべき?

尋ねる前に解きなさい。思い立った時に解きなさい。これが私なりの答えなのですが、「いやいや、過去問なんて過去の問題でしょ?未来に目を向けなきゃ」とか申す人もいるかもしれません。

確かに未来に目を向けることは大切ですが、勉強、特に資格試験に限っていえばそれは違います。

むしろ、過去問を有効活用してこそ合格の道が開けるというものです。

今回は「過去問?なにそれ?」という人に向けて、過去問の有益さや活用方法を解説していきます。

英検準1級の過去問は宝の山

過去問は宝の山だ。これは間違いない。

ザックリいってしまうと過去問は、既に出題された、実績のある貴重な情報源です。出題者が意図して出した問題に、直に触れることのできる媒体です。

大学受験でも高校受験でも、最も重要視しているのは過去問なので、この考え方はいつになっても変わりませんね!

センター試験は河合塾の超分厚い過去問をやり込んでましたし・・・。

 

閑話休題。過去問を解く際に最も重要視すべき点は、「過去の傾向を知ること」と「今の自分と取るべき点数のギャップを知ること」の2点です。

これは本当に徹底してほしい。

「問題解決思考」と今の世界では言われてますが、これは現在地と未来のあるべき地点の距離を求め、最短距離で行けるように戦略を立てることです。

まずは自分が今どれくらい解けるのか、何が足りていないのか。これを分析して、スケジュールに落とし込むようにしましょう。

そのために過去問を活用するのです。

 

過去問を攻略する具体的な方法

それではここから過去問を攻略する具体的な方法を紹介していきます。

個人的には復習に焦点を当てていく方法なので、これまで「復習とかどうやるの?」と思ってた人にとって、かなり有益な情報となるでしょう。

しっかりと身につけて、ガシガシ勉強に役立ててください。

 

1. 現在地を知る、英検準1級への戦略を立てる

これは先ほどにもお伝えしました。過去問を使って、今の自分の不足分を知ることで、「試験日にはどれくらいの知識が必要なのか」を推し量ります。

まずは時間を測りあなたの能力を試しましょう。

時間を測り、試験に近い環境で問題を解くことで、あなたの現在地を知ることができます。問題が解けたら答え合わせをして、ザックリと感想を書き出すことを忘れないでください。

  • 単語はどれくらい覚える必要があるのか
  • 試験は難しいと感じたか
  • 時間は余ったのか

などなど、とにかく感じたことをそのままに書き出します。まずそこがスタート地点なのです。

 

これから必要になるものと、今あるものを照らし合わせ、勉強するべき量をスケジュールに落とし込んでいきます。

  • 単語帳は何周するのか?
  • 問題集はどれを使うか?
  • 過去問は何回解き直すのか?

こうした具体的な戦略(スケジュール)を立てましょう。

具体的な数字に落とし込むことができれば、やる気もみなぎりますね。しっかりと前を見据えて進むことができそうです。

それではここからは、直前対策まで時間を進め、過去問で試験対策する具体的な方法に入っていきます。

 

2. 英検準1級の過去問を片っ端から覚えていく

片っ端から覚えましょう。それも愚直に。

いきなり何を言い出す?とか思うかもしれませんが、過去問に出たものは片っ端から覚えましょう。

具体的には、

  • 単語
  • 表現
  • 語句
  • 長文
  • リスニング
  • 英作文

あやふやな知識や、わからなかった部分、足りないと感じた箇所、間違えた問題などを片っ端から覚えていきます。

気になる部分は単語カードに書いたり、音読したりしていくのがオススメです。

 

過去問は、少なくとも実際に過去に出題された問題です。

特に語彙問題では、過去の問題が改めて出題される可能性もありますので注意しておきます。リスニングが難しいと感じた人は、聞き取れなかった箇所や、覚えきれなかった部分をリスニング原稿と一緒に覚えていきます。

こうして頭に叩き込んでおけば、類似問題や予想問題などにも対応することができますよ。

英語は知識です。ひとつづつ頭に蓄積させていき、徐々にチカラも伸ばしていきましょう。

 

3. 英検準1級の過去問は何度も解き直す

何度も愚直にやり直しましょう。大学受験や高校受験を思い出してみてください。

行きたい高校や大学の問題は、何度も何度も解き直したのではないでしょうか?

 

私はすべての答えを覚えるくらいまで、行きたい高校や大学の問題を解き直しまくりました。解き直すなんて非効率的じゃないの?と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

皆さんも経験があると思いますが、どれだけ熱心に復習しても、久々に問題を解いたときに、覚えていたはずの単語を忘れてしまったりすることありませんか?

そう、人間は忘れる生き物なのです。

ですから、少なくとも過去に出た実績のある問題を繰り返し解いて頭に刷り込んでいくことで、問題の解法、複雑な思考、周辺の単語や表現の知識を担保しつづける必要があります。

 

合格しない人にありがちなのは「すぐに別の問題集に浮気してしまう人」です。

これはかつて私にも経験があります。ついつい他の参考書に手を出してしまうんですよね・・・でもちょっと待ってください。

本当に他の参考書に浮気していいのでしょうか?

 

人間は忘れる生き物だ、という前提に立ち返れば、同時にこうしたことも思い出すでしょう。

「同じ参考書でも解法や単語、表現を忘れてしまう」

どうでしょうか?思い返しましたか?そうなんです。私たちは過去に解いた問題集すら忘れる生き物です。

完璧に覚えてない問題集を後にして、本当にそれでいいんでしょうか?

よくはありませんね。少し考えたら分かることです。

 

忘れる生き物である私達にって最適なのは、問題集のエッセンスを搾り取るまでとにかく愚直にやり続け、「もう覚えることはない!」と胸を張って思うようになったら、次の参考書に進むことです。

これは過去問でも同様に言えることですよね。

「もう過去から学ぶことは何もない!」そう思うまで、やり直すこと。

これが過去問を有効活用する、唯一無二の最強の勉強方法なのです。

 

まとめ

以上、英検準1級に合格するために必要な「過去問の有益な活用法」を紹介してきました。

過去問は宝の山だ。これをしっかりと胸に刻んでおいて下さい。なぜなら過去問とは、過去に出題された「実績のある問題」だからです。予想問題や教科書的なものも厳選された良問ですが、それはあくまでも「想定」問題集でしかありません。

まずはじっくりと、出題された問題を叩き込んでいって、合格に必要な基礎力を築いていくこと。

リスニングも長文も単語も、とにかく出題されたものは、片っ端から覚えていきましょう。

「まずは過去問から」。これは英検準1級に合格するための鉄則です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
HIRO
フィリピン・セブ島のスラム街で、ボランティアを始めたキッカケから、フィリピンで働くことに。セブ島観光のエキスパートになって、「エキサイトセブ」というマガジンサイトでライターを経験。お仕事のご依頼は→ info.f.hiro”あっとまーく”gmail.com まで。

更新情報はSNSでお届け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。