映画ファンには堪らない!ホビット村の撮影地ツアーの詳細!(入場料など)

今回はニュージーランドで注目スポット「ホビット村」についての情報まとめていきます。

ニュージーランドといえば映画「ロードオブザリング」「ホビット」が撮影された国として有名です。監督のピータージャクソンはニュージーランド出身なので、この国の壮大な自然と土地でこれらの物語を映画化できないかどうか考案していたと言われてます。

そして2001年、ついに再現不可能といわれたこの壮大な物語を実写化することに成功したのです。 そして現在、その物語に出てくる部族の一つである「ホビット族」のシーンが撮影されたロケ地が観光名所として蘇りました。

では早速、冒険に出発しましょう!

ホビット族とは

ホビット族とは指輪物語とホビットに出てくる重要なキャラクター達です。

小柄な身長は、わずか60〜120㎝しかなく、食べること、お酒を飲むことが大好きな人々のことを指します。物語内ではホビット庄(シャイア)と呼ばれる地域に住んでいて、基本的には地域から出ずに平和に暮らしている民族です。

指輪物語の中心人物であるフロドやサム、ピピン、ビルボ達は、皆このホビット庄出身で、映画「ホビット」の主人公であるビルボの出身地でもあります。

 

ホビット村ツアー情報

それではニュージーランドにあるホビット村ツアーの情報をまとめます。

基本的に各街(オークランド、ロトルアなど)からツアーは出発しているようです。希望に合わせた場所でのピックアップで予約をすると良いでしょう。

ツアーの予約サイトは下で解説してあります。

 

最安値のツアー

いろいろ検索したところ、ホビット村が主催している正規ツアーへ申し込むのが最も安く参加できるようです。日本語ガイド付きのツアーもありましたが、べらぼうに高かったです。

ホビット村ツアーのページはコチラから。僕が参加したツアーは、ロトルアから往復の送迎付きで114ドル(約9,300円)と格安でした。

こちらのツアーは「英語がわからなくても、とにかく安く行きたい!」という人用のツアーですね。ただ、こちらのツアーはネイティブスピーカーがガイドになるので、ある程度の英語ができる人にオススメします。

ツアーページから予約を完了させると、後日バウチャーがメールで送られてきます。添付されたPDFファイルを保存して印刷しておきましょう。当日の入場券代わり(送迎バスの乗車券)になりますので大事に保管します。

 

その他のツアー

一応、比較ついでに日本語ガイドが付く場合のツアーの値段も検索してみました。

  • JTBさんのツアー:265ドル(約22,000円)
  • HISさんのツアー: 310ドル(約25,000円)

日本のツアーで予約すると値段が高くつきますね。オークランド出発なので往復送迎代金がかかるのでしょう。オススメは断然、ロトルアに宿泊して正規ツアー参加するのが一番良い選択です。

 

ホビット村ツアー(ホビットン)に参加してみた!

ここからはツアーの中身を紹介していきます。

ロトルアのi-Siteからホビット村ツアーに参加しました。ちなみにツアーは午前の部と午後の部の2つがありますが、午前中のほうが人気ですので、午前のツアーに参加したい場合は随分前から予約しておくことをオススメします。

 

ホビット村専用のバスがお出迎え

20160728164013

ロトルア出発のゲストは専用の「ホビットバス」がお迎えにきます(今名付けました)。このグリーンのバスが目印なので乗り遅れないようにします。

バズに乗車する際には、ツアー申し込み時のチケット代わりとなる用紙(各自で印刷したやつ)を見せて名前を確認してもらいます。

ニュージーランドでバスの時間が遅れるのは当たり前ですが、ここのバスは恐ろしく正確(観光地だから?)でしたので、余裕を持って行動することを心がけましょう。

ロトルアからホビット村までは大体1時間くらいです。Matamata(マタマタ)という地名の牧草地帯の一角にムービーセットを構えています。目的地まで大分時間がかかるので各自のんびりして過ごしましょう。

気分を上げるためにロード・オブ・ザ・リングを見ても車内を過ごすのも良いですね。

 

ホビット村に到着

20160728165203

ホビット村からの管理所・休憩所からツアーはスタートします。全体のツアー時間は1時間半程度でロケ地を満遍なく回ることができます。

ガイドさんの話を聞きながらグループとして進んでいきますので、単独行動とならないようにしっかりとついて行きましょう。

 

ホビ・ホール

20160422021934

ツアーが始まると撮影に使われたホビ・ホール(ホビット族の住居)などを回って行きます。小道具がすごくリアルでとても驚きました!

20160728165502

また各家には職業を表すような小道具類が置かれているので、そのホビットの生活を思い浮かべながらツアーに参加すればもっと楽しいです。

すべての作品を見るほどの時間が取れない人は「ロード・オブ・ザ・リング」の1部を見ておくと良いです。ホビット村のシーンが始めの方にたくさんあります。

そこから更に「あの」シーンが撮影された場所に到着します。

20160728170102 20160422021959

ホビット1作目「Unexpected Journey」の始めのシーン、ビルボとガンダルフが会ったビルボの家(バック・エンド)ですね。

もう感動モノでした!ファンにはたまりませんよ!

20160728165723

もちろんロードオブザリングにも出てくる場所なので、絶対に写真は撮っておきましょう!

 

緑竜館(グリーンドラゴン)

20160728162307

さらに進むと緑竜館(グリーンドラゴン)に着きます。英語名は「The Green Dragon」です。そのまんまですね。

20160422022017

さらに近づいていきましょう。

20160422022027

この場所はロードオブザリングでも重要なシーンが描かれたパブとして有名です。建物の中は映画と同様にレストランとなっていますので、ドリンクやスナックを楽しむことができますよ!

20160422022037

正規ツアーで申し込むとツアー代金に1ドリンクが含まれているので、黒ビール、ジンジャービール、アップルサイダーの3つから選ぶことができます。僕は黒ビールを選びました。

とても美味しかったです!かなりしっかりしたビールなので、苦手な人はアップルサイダーが良いでしょう。

20160728170005

中庭などを見てまわります。ここまでくるとツアーも終盤なので、若干悲しい気持ちがあります。

20160728170525

のんびりとした風景もホビット村ならではですね。

ニュージーランドはこうした撮影セットのクオリティが高いことでとても有名で、それが映画産業を支えていると言っても過言ではありません。また使える土地も広いので、ラストサムライなどの有名な作品も撮影されています。

こちらがホビット村の菜園です。ここは、実際に人の手によって管理されているらしいです!

20160728170230

休憩所まで戻ったら併設している土産屋で20分くらい買い物をすることができます。ここでしか手に入らないグッズも売られているので、指輪物語ファンにとってはヨダレものですよね。

その後は、出発予定の時間の前にはバス周辺で待機していましょう。運転手さんが案内してくれます。僕らが出発したロトルアのi-Site場所まで送ってくれるので、バスから降りたらツアーは終了です。

 

まとめ

ツアーのイメージがついていただけたでしょうか。ニュージーランドといったら「ホビット村」は欠かせません。壮大な自然と緻密に作られたムービーセットは、絶対に行っておきたい定番の観光スポットです!

ホビットやロード・オブ・ザ・リングを知らない人も楽しめますが、できれば事前にどちらかを見ておくことをオススメします。映画を知っているのと知っていないとでは大幅に楽しみ方に違いが出ますので。

以上、ホビット村へのツアー詳細をお届けしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター。フィリピンで就業、カナダで語学留学を経験しニュージーランドで大学を卒業。 TECH::CAMPの二十九期生としてRuby / Ruby on Railsを勉強しました。記事の執筆・広告は「お問い合わせ」からお願いします。