忙しいと感じるアナタへの処方箋!「エッセンシャル思考」で自分らしさを取り戻す

エッセンシャル思考

突然ですが、あなたの毎日の生活を振り返ってみてください。

  • 毎日が忙しく、時間が足りない
  • 自分が自分でいられることを楽しく感じ、充実した毎日を過ごしている

答えは人によって変わると思います。

でも、もしあなたが毎日仕事に追われ、自分の時間が取れず、徐々に大切なものが崩れ落ちていくように感じるなら、ぜひとも読んでもらいたい本があります。

それは、自分にとって「本当に大切なものは何か?」を探し求め、実践し、変わった人々の物語をまとめた本、「エッセンシャル思考」です。

エッセンシャル思考とは?

なぜ人は忙しいのでしょうか?「エッセンシャル思考」の著者であるグレッグ・マキューンは、本書の中で”忙しい”をこのように定義しています。

人が忙しいと思うのは、非エッセンシャル思考であるから。あれもこれもと物事を抱えすぎるからなのです。

本書によると、まじめで、熱心で、仕事に真剣な人が忙しいのだそうです。

 

真面目な人ほど、他人から任された仕事を抱え込んでしまうし、仕事に熱心な人ほど、パーフェクトに仕事をしようと思い、気負いすぎてしまうのです。

そうした人は「非エッセンシャル思考」と定義づけられていて、”忙しくて人生の本質を見誤っている人”として描かれています。

 

それに対して、エッセンシャル思考とは、自分に「この瞬間に大切なものはなにか?」を問い、自ら選択していく思考回路のことだとされています。

では、両者はいったいどこがどう違うのか、気になりますよね?

本書の中に、エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考を表す、ある印象的な絵があります。

エッセンシャル1

左側が非エッセンシャル思考の人、右側がエッセンシャル思考です。

 

非エッセンシャルとエッセンシャル

上の図で印象的だった、非エッセンシャルとエッセンシャル思考について、その違いをお伝えしようと思います。

 

非エッセンシャルな人

非エッセンシャル思考というのは上の図の左側が表すとおり、エネルギーを四方八方へと振りまかなくてはならない思考です。

身の回りを全て注意する必要があるので、この状態では逆に集中力が散漫になってしまいます。

 

車を運転しながらスマホを操作すると、いとも簡単に事故を引き起こしてしまいますよね?

これは、車とスマホの2方向へ注意が向き、集中力が分散してしまった結果として起こることなのです。

私たちは、たった2つの別の方向へ注意が向くだけで、集中力が散漫になる生き物ということがわかります。

 

私たちは注意力が散漫になりやすい生き物にもかかわらず、日々プロジェクトを何個も抱えこみ、雑務をこなし、必要ではない残業を繰り返し、自らを犠牲にし続けています。

そんな状態で、どうやったらまともな判断を下せるのでしょうか?

これは、環境に引っ張られた非エッセンシャル思考として、本書でも数多くの事例と悩みが描かれています。

 

エッセンシャル思考の人

先程の図の右側は、まさにエッセンシャル思考であることが書かれています。

エッセンシャル思考は、一つの物事、もしくはあなたが得意な分野に集中して取り組むことで、その能力を一気に引き上げる効果をもたらします。

そしてその上昇力は、他のことをしなくても補って余りあるパワーとなるのです。

言い換えれば、非エッセンシャル思考は”リスク分散型”で、エッセンシャル思考は”一点集中型”となるでしょう。

 

何かに特化した部分を、際限なく引き上げる思考法こそが、エッセンシャル思考の核となる部分にあたります。

つまりそれは「何を捨て、何を選ぶか」という人生の戦略に他なりません。

言い換えると、「あなたにとって”いま”、ほんとうに大切なことは何か?」に対する答えを見つける思考法、ということです。

▽ 本書に掲載されていた、非エッセンシャル vs エッセンシャル

 

エッセンシャル思考は人生に疲れ切った人が読むべき

私が、この本を読んでもらいたいと思う人は、こんな人です。

  • 毎日、時間がないと感じる人
  • 雑務に追われ、余裕を感じられない人
  • 自分が分からなくなってしまった人
  • 人生にモヤモヤを感じる人
  • 自由に行きたい人
  • 変わりたい人

多くの人に読んでもらいたいと、私は思っています。その中でも最も読んでもらいたいのが、

「時間がなく、気がつけば大量の仕事を抱え込んでいる人」

です。とにかく、時間のない、忙しい、何か大切なものを忘れている人。

 

自らが主人公のはずの人生なのに、いつのまにか脇役に徹し、ボロ雑巾のようにクタクタになり、意思決定のない人生を歩んでしまった・・・

そう気付いたあなたに、読んでもらいたいと思っています。

 

この本には、「忙しさを脱してパフォーマンスをあげた方法」や、「エッセンシャル思考を実践して、毎日を豊かに過ごせるようになった人の物語」が書かれています。

すべてを実践することはムズカシイかもしれません。しかし、ちょっとした習慣や考え方など、人生をプラスの影響を与えることに出会えるでしょう。

人生に絶望を感じ始める前に、アナタらしい人生を歩むためにオススメします。

 

私は「いま何が大切か?」を考えるようになった

エッセンシャル思考

この本を読んで私は、「いま何が大切で、何が本質なのか?」を自らに問うようになりました。

現代人は忙しいです。

飛躍的に進化したテクノロジーによって、仕事とプライベートの境目が曖昧になり、確固たる芯を持たないと、ズルズルとやりたくないことに流される社会となってしまいました。

それは仕方がないことであり、そんな状況を変えるには熱量をもって行動し続け、変革をしなければなりません。

 

私はこの本から、「今、ほんとうに大切なことは何か?」を問う姿勢を学びました。これは、物事の本質を見極めるのに役立ちます。

感情のまま流されるのではなく、いったん理性に立ち戻り、客観的に考えてみる”余裕”です。

 

社会の本流に抗うための思考力を学ぶことができました。

先程も少しだけ書いたのですが、「エッセンシャル思考」を読んだだけでは、あなたの人生をすっかり変えてしまうのはムリかもしれません。

しかし、「大切なものを考える思考法」を実践することができるなら、いまの状況をすこしでも脱却できるかもしれません。

大切なものを考えて、優先順位を決め、順序よく物事を行っていけば、リズムを持って生活することができるでしょう。

 

そして、そのリズムは次第に、あなたの時間へと還元されていくはずです。

趣味に時間を使ったり、家族にたっぷりの愛情を注いだり、なにか新しいことに挑戦してみたり。

エッセンシャル思考を読むことで、人生を少しづつでも変えるキッカケを手に入れられる。私はそう思います。

 

まとめ

エッセンシャル思考が面白いと思ったのは、その考え方がとても「シンプル」だったからです。

「何が大切なのか?」を考えること。その方法論を理解すること。

それが、エッセンシャル思考の目指す場所なのです。つまり”人生の本質を考える”ことです。

ポイントに注目して、迷いのある選択肢を切り捨てていく。それを貫くことで、人は「やりたいことだけやる人生」にたどり着けるんだと思いました。

 

人生に切羽詰まっている人、自分の時間を取り戻したい人、もっと余裕をもった人生を歩みたい人。

生き方に悩む全ての人に、是非とも読んでもらいたい1冊が「エッセンシャル思考」です。

The following two tabs change content below.
HIRO
日本の大学を中退しフィリピンの旅行会社に就職。その後、NZの大学に留学。卒業式では400人の前でスピーチをする。これまでの経験をもとに、英語・海外情報をブログで発信中。ツイッターではブログ運営・英語学習・海外情報をシェアします。社会不適合者のネジ外れぶっ飛び系。海外就職/大学留学/TOEIC840点/英検準1級お仕事受付中のフリーライター兼、旅人。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人に「ありがとう」を伝えること。愛を伝えることの大切さ。

目からウロコ!読書のための「目的意識」と「正しい本の選び方」

シンプルに生きる!あなたのライフスタイルを劇的に変える7冊

Kindle本セール!SBクリエイティブ社の本がポイント50%還元で爆安!

最高のブログ体験をぜひ!初心者がブログを始めるのに必要なものを解説します

「マジで文章が書けない人」の教科書!世界一分かりやすい文章教室がスゴイ!