プログラミング初心者にオススメな「TECH::CAMP」の魅力を徹底解説する

TECH::CAMPの全てを語ろう。その1ヶ月に価値はあるのか。

今や全世界でプログラミングが大ブームとなっていて、これからの世界はプログラミングの知識が必須となってくる世の中がくるかもしれません。そんなさなか、先日から「TECH::CAMP」というプログラミングスクールに通っていました。

今回はTECH::CAMPに興味のある人に向けて、実際に受講して感じたことをレビューしていきます。

はじめに

まずはじめに僕のことについて少しだけ紹介しておきましょう。

もともと僕はTECH::CAMPの29期生として勉強していました。最後の方は仕事が忙しくて、カリキュラムに時間を割けなかったのだけど、はじめから最後までの一通りはカリキュラムを終わらせました。

そんな僕はIT企業でエンジニアとして働いてますが、元々は皆さんと同じ未経験の初心者だったのです。

TECH::CAMPで受けていたのはWEBアプリケーションコースです。RubyとRuby on Railsを利用して、ウェブ上で動くアプリケーションを作成するコースを受講しました。でも初心者です。

それまでは「Rubyって聞いたことあるけど、そんなに人気なん?」ってくらいの初心者でした。

まあ、僕についてはこれくらいにして、TECH::CAMPのレビューに移りましょう。

 

TECH:CAMPは凄いぞ!

まず言わせて下さい。

「TECH:CAMPを受講すると、モリモリとプログラミングに対する興味が湧くよ!」

TECH::CAMPを運営するのは株式会社divという会社なのですが、聞いたことありますよね。div。divタグですよ。そんなTECH::CAMPは、学生を中心として運営されているベンチャー企業。

それなのにオフィス綺麗だし、スタッフは信頼できるし、期待感は急上昇です。

 

無料説明会に行った時の記事は「メディアで話題沸騰の「TECH::CAMP」が開催している無料体験に参加してみた!」からチェックできます。もし興味のある人がいたら、ぜひともTECH::CAMPの説明会に参加してみて下さい。

プログラミングの将来性やTECH::CAMPの素晴らしさが身にしみてわかると思います。まずは自分の足で、気楽に行ってみることが大事ですね。カフェに行く感じでぶらっと参加してみると良いですよ。

 

TECH::CAMPでプログラミングを学ぶメリットは?

アリです!というかオオアリですよ!
将来も期待できるプログラミングを、TECH::CAMPで学ぶメリットは下の3つだと考えています。

  1. カリキュラムと教材の質が高い
  2. 気さくで知識豊富なメンターから学べる
  3. プログラミングを勉強している仲間に出会える

では、それぞれについて僕の所感を述べていきます。

 

とにかく教材の質が高い

TECH::CAMPの教材の素晴らしいところは、常に教材がアップデートを重ねているところですね。基本的には、オンライン上からアクセスして受講を進めていくスタイルです。

ですので受講生やメンターからの要望や変更が生じる度にアップデートを重ねていくのです。しかもオンラインですから更新したものは、すぐさま反映されるので、僕達が使う教材は「常に最新版」ということになります。

ここの「最新版」ってのがポイントですよ。プログラミング業界は移り変わりのスピードがとても早い業界ですから、スピードの追いつけないと置いていかれることになります。それを回避できるTECH::MASTERは、まさに最強の教材ってわけです。

 

数千回に及ぶアップデートを重ねたカリキュラムを使用することで、必要な知識を効率的よく実践的に身に付けられるようになっているのです!また、実際に幾つかのアプリケーションを作成しながらRubyとRuby on Railsを学んでいくので、アプリの制作手順や実装の経験も学ぶことができます。

カリキュラムでは、

  • 写真を投稿できるツイッターのようなSNS
  • 映画のレビューサイト
  • プロフィールのSNS

など3つのアプリケーションを作成しながらWebアプリ(Ruby on Rails)を学ぶことができます。

RubyとRuby on Rails以外にも、Githubの使い方やHTML、css、JavaScript、Bootstrapの使い方など、一つの講座で学べることは盛りだくさんです。アプリケーション作成に必要な分野が一通り学習できるカリキュラムなんですね。

通常6ヶ月かかって行う内容を1ヶ月に圧縮しておこなうので負荷もかかりますが、素晴らしいTECH::MASTERという教材を使用すれば可能なんです!集中的に頑張ればそのへんのRubyエンジニアに追いつけますよ。

 

 

気さくで知識豊富なメンターからプログラミングを学べる

TECH::CAMPがもつ魅力の一つは「メンターが素晴らしい」だと思っています。

TECH::CAMPで各々の質問に丁寧に答えてくれるメンターのほとんどは、実はTECH::CAMPでプログラミングを始めた人が多いのです。だからその分、「プログラミングを勉強することの大変さ」を知っている人たちばかりなのです。

またメンターの採用基準として人柄も重要視しているので、とにかく気さくで丁寧な人が多いのぽポイントが高いです。。学生としても人としてもレベルの高い人が揃っています。

 

プログラミングを早く覚える鉄則に「わからないことはガンガン質問する」というのがありますが、メンターの方々は、質問に対して丁寧に回答してくれたり、時には一緒に考えてくれたりします。教師ではなく、まさにメンター(= 助言者)といえる人々なのです。

それに彼らは年齢も若く、上昇志向の持ち主なのでとても良い刺激を受けることができます。

 

頑張る仲間に出会える

TECH::CAMPに通うとプログラミングを一緒に学んでいる仲間に出会えます。

当たり前だけど、なかなか当たり前と言えない外部的な刺激がプログラミングを勉強し続けるモチベーションになります。切磋琢磨しながらプログラミングを勉強することができる環境が、TECH::CAMPを受講することで手に入っちゃうのです。

プログラミングって独学だと勉強しづらいし、難しいと投げ出したくなっちゃうものだと思っています。

だからこそTECH::CAMPでプログラミングを一緒に頑張る仲間を見つけるのも良いでしょう。きっと企業を考える仲間や、あより高い技術レベルを持つ企業へ進んでいく上昇志向の友人を見つけることができ、あなたもより高いところへ登りたくなるかもしれません。

 

こうした受講生同士の交流はメンターが企画した交流会を通して行われます。カリキュラムの進捗度やお互いのことを話合い、切磋琢磨してプログラミングを勉強できますね。

それにTECH::CAMPの受講生は学生から社会人、経営者など経歴も年齢もバラバラです。

様々な人に出会って一緒にプログラミングを学ぶなんて、最高にロックじゃないですか。

ということで、以上がTECH::CAMPでプログラミングを学ぶメリットでした。多くのことを学べる1ヶ月間、まさに人生を変える1ヶ月といえるほどの体験が、あなたを待っています。

迷ってる人はまず、無料説明会に行ってみよう!

 

実際に通った僕の話

TECH::CAMP29期生としてWEBアプリケーションを学んできましたが、その1ヶ月はとても濃いものとなりました。

仕事の影響もあり、がっつりTECH::CAMP漬けとはいきませんでしたが、それでもカリキュラムを一周とアプリケーションを何度か繰り返して作ることができました。そこで得た経験は今までになかったもので、普段何気なく使っているツイッターのシステムをみたときは目から鱗の気分でした。

こんなシステムで動いているのか!とね。多くの人にはわからないことですが、以外と中身を知ってしまったら「できるじゃないか?」って思えてきました。

それくらいに濃密で効率的なプログラミング学習期間だったのです。

何よりカリキュラムが素晴らしい!

実を言うとTECH::CAMPの教室がある渋谷はとても遠かったので、あまり通えませんでした。片道に2時間かけて行くのは現実的とは言えませんからね。プログラミングに対して知識の全くない人にとっては難しいと思いますが(そういう人はカリキュラムで出てくるHTMLとか知らない)、それなりに知識のある人ならオンライン上のカリキュラムだけでも十分でしょう。

 

柔軟な受講スタイルが爆速の消化率を生む

TECH::CAMPは一対多のような授業や講習ではなく、自らがカリキュラムを進めて不明点を質問していく、「あくまでもマイペース」なスタイルを提唱しています。ですので質問しなくても大丈夫な人は、自分のペースでガシガシ進めることができます。

僕はどちらかというとガシガシ進めるタイプでした。

わからないところは質問したりもしましたが、Googleを活用したりすれば、特に問題もなくカリキュラムを吸収していけました。そういうわけで1ヶ月間という短い期間でも、十分な知識が身についたと胸を張って言えます。

1ヶ月間みっちりとプログラミングの基礎を身につけられるTECH::CAMPは本当にオススメです。

 

特に学生は社会人の半分の値段、約7万円で受講することができます。もう一度大学生に戻って受講したかった……それぐらい破格ですね。学校帰りに渋谷でプログラミングを勉強してから帰るなんて、まさに理想の生活。

しかもプログラミングは、これから生きるために必須と言われる「稼ぐスキル」です。

 

大学生こそプログラミングを学べ

僕は心から学生の頃、プログラミングに出会いたかったと悔やんでいます。今はIT企業で働いていますが、あの時プログラミング学んでおけば……と後悔の念が絶えません。みんなもそうならないように、TECH::CAMPを受講した方がイイですよ!これは本当に、心からオススメできます。

受講者の98パーセントが満足できるのも、充実して濃厚な時間が過ごせるからなんです。

大学生の時くらい何かに熱中しておく方がイイですよ。社会人になったら、それなりの覚悟がないと「夢中」になれません。せっかくの大学生なのだから今のうちに濃厚な時間を、何かに夢中になれることの幸せを感じておいて欲しいのです。

プログラミングがわかると世界が変わる。
今の視野が二倍に広がる。

それくらい壮大でなんでも自分で出来ちゃう、スゴイ世界に飛び込んでみてほしい。

まずはTECH::CAMPの無料体験から足を伸ばしてみましょう。リラックスして自分の興味の赴くままに、何事にもトライしてみたらいいんですよ。

「今やらないで、いつプログラミングを身につけるんですか?」

 

エンジニアとして独立したい!という人は「エキスパートコース」という「即戦力のエンジニア育成コース」も用意されています。なんとコチラは奨学金制度もあるコース。本気でプログラミングにのめり込んでみたい人はぜひ。

僕は大学生の時、このコースに参加してみたかった・・・

せっかくの機会ですからプログラミングに、将来が期待される分野に自己投資をしてみてはどうですか?
投資額なんてあっという間に回収できちゃうくらい充実した1ヶ月を過ごせますよ。

 

まとめ

ということで以上、TECH::CAMPの魅力について書き連ねてみました。RubyやRuby on Rails、ウェブアプリケーションについての知識、何かに夢中になること、知らないことを段階を踏んで知っていく楽しさ。

みなさんも、こっちの世界へ来たらいいんですよ。

パソコン1つでなんだってできる世界へ。

というわけで手始めに、TECH::CAMPの無料体験に参加して、プログラミングの素晴らしさを実感してみましょう。

SPONSORED LINK

更新情報はSNSでお届け

ABOUTこの記事をかいた人

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター。フィリピンで就業、カナダで語学留学を経験しニュージーランドで大学を卒業。 TECH::CAMPの二十九期生としてRuby / Ruby on Railsを勉強しました。記事の執筆・広告は「お問い合わせ」からお願いします。