日本にはない紅茶専門店!ニュージーランドで大人気の「T2」がオススメ

この記事をシェア!

ここ数年のあいだで世界中で大人気となった紅茶の専門店「T2」をご存知ですか?

T2はオーストラリア生まれの大人気紅茶ブランドで、日本に店舗がまだないので貴重な紅茶なんです。今回はニュージーランドでも人気の高いT2のウェリントンに店舗をご紹介します。ニュージーランドのお土産で悩むあなた、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

紅茶の国・ニュージーランドで購入した質の高い紅茶は、贈る相手に喜ばれること間違いなしのオススメな一品です!

紅茶専門のブランドT2とは?

スクリーンショット 2016-08-30 11.48.52 PM

T2は18年ほど前にオーストラリアで産声を挙げた新鋭の紅茶メーカーです。

創設以来いつもどおりの味の紅茶に加え、多くの目新しい紅茶をたくさんの人々に提供し続けている紅茶会の革命児でもあります。

2016年現在では、65店舗以上をオーストラリアを含む国内外に展開しており、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスそしてアメリカを中心として紅茶のビジネスを広げています。

T2のディレクターであるマリアンヌ(Maryanne)は元々ファッション業界で働いていた人でした。

T2のブランドを立ち上げる際にも、その経験を生かしT2をファッショナブルでエッジの効いたものにしようと心がけたと言われています。そのおかげでもあり、T2のロゴはシンプルなのにビビッドで、とても印象に残りやすいのです!

マリアンヌは味や匂いにまでこだわった一杯を提供ていますが、T2は数多くの種類の紅茶を販売するだけではありません。ティータイムをトータルでコーディネイトする、紅茶に関連する商品を総合的に提供し続ける紅茶のコーディネーターとしてビジネスの拡大を図っています。

参照:T2 Tea

Shop Australia's largest range of loose leaf tea, herbal tisanes and teaware for an incredible sensory experience.

T2 in ウェリントン

20160422104915

紅茶とコーヒーが好まれる街、ウェリントンにT2のお店は2店舗あります。

その内の1つが地域でも最も大きい旗艦店に当たるのです。場所はウェリントンでも最も栄えているストリート・Wills Streetにあり、すぐ横にはソニーストアがあるので、観光客にもすぐに分かりますよ。

ちょうどオールドバンク・アーケードの斜め向かいあたりです。

外観は下のような写真の感じで、オレンジの文字を基調にした「T2」という文字がブランドの個性を物語っています。

そのロゴからは、シンプルでおしゃれな雰囲気が漂っています。角ばったフォントがいい味を出していますね!

20160422104639

私の哲学は「Simple is Best」なので、ロゴもこれくらいスッキリしている方が好みです。どうでもいい話ですけど。

では早速、ウェリントンにあるT2の店内を見てみましょう!

「T2」店内の様子

店内の様子を幾つか写真として紹介します。内装は、販売されている商品をババーンと一体に並べ存在感を演出しています。

商品のデザインはファンシーなデザインが多く、独特のパターンと柄が高級感を感じることができます。古き良きヨーロッパを思い出させます。

20160422104800

花柄などの、少し奇抜なティーカップなどが並んでいますが、可愛いのでオススメです。お土産にぴったりですよね。

少し派手な感じですが、上品さが顔し出されているところがポイント高いです。T2のカップは可愛らしいイメージがあります。

20160413135712

20160413135648

カップやティーポットなどカラフルで可愛いものが多く並ぶT2の店内でした。もちろん店内にはティーカップだけでなく、茶葉もかなりの種類を販売しています。

20160422104815

僕がお土産にオススメするのは、たくさんの種類が入っているアソートセットやギフトセットです。

四角い箱に詰められた様々な茶葉を1つのセットで楽しめるのがグッドです。お土産として購入するのにピッタリなサイズなので、お土産にいかがでしょうか?

あなたの友人も、「日本未上陸の専門店のレアな紅茶です」といえば喜んで受け取ってくると思います。

一番の驚きは種類の多さ

20160422104829

一番の驚きは何と言っても、店内に並んでいる紅茶の種類の多さです!

壁一面の全てが紅茶が並んでいます。スゴイですよね。1箱あたり120グラムで、値段は1箱で15〜30ドルくらいでした。

お気に入りの紅茶を見つけるのは大変ですが、色々と探せるので楽しい気分になっていきます。紅茶の種類がここまで豊富だとは思いもよりませんでした・・・。

これもニュージーランドで知った、驚きの新事実です。

ちなみに僕は、いつも店員さんにすぐ話しかけちゃうことが多いです。

なぜかというと、ここの店員さんめっちゃ優しからです!

話しかけて、試飲を出して貰ったり、商品の説明を聞きながらお目当ての紅茶を見つけることができます。

「ちょっと気になるんだけど、味見できる?」と聞いたり、逆に「これ新しいから試してみて!」と言ってくれたりします。

個人的にオススメな茶葉は、定番のアールグレイやイングリッシュ・ブレックファースト、ラベンダーですね。

アロマの香りたっぷりなオーガニックティーや、抹茶、ウーロン茶、季節ごとに発売されるフルーツティーなど、一風変わった紅茶も多く、紅茶好きの心を楽しませてくれるラインナップです。

ニュージーランドはホント、紅茶とコーヒー天国です。

沢山の種類がありすぎて、逆に迷っちゃいますね。お店に足を運ぶ度に「何買おうかな〜」とお店をウロウロしていました。男で紅茶好きって珍しいでしょうか・・・?

私のオススメ・Salsa

そんな中で私が最も好きなのがSalsa(サルサ)と呼ばれる紅茶です。毒々しいパッケージですね。

20160422104849

サルサの材料:

緑茶、マンゴー、バラの花びら、ヒマワリ、ベニバナ、ヤグルマギク、ピンクペッパー

色味は緑茶に近いものでしたが、ハーブの香りで頭がスッキリします。

値段は30ドルで120グラムはいっています。一人で飲むには量は十分ですね。と言うかむしろ多すぎるくらいです。僕は週一回ペースで飲んでいましたが、半年は持ちました。

なくなりませんでしたね。リラックス効果の期待できる紅茶なので、ぜひ探してみて下さい。

20160422104859

毒々しいパッケージなので、パッと見てすぐにわかります。見つからなかったら、

Excuse me, I’m looking for Salsa Tea. Do you know where it is?

(すみません、サルサという紅茶を探しているのですが、どこにあるか分かりますか?)

と店員さんに聞いてみてください。親切に対応してくれるので、困ったら思い切って聞いてみましょう。

まとめ

以上、紅茶好きにはオススメなT2の紹介しました。いかがでしたでしょうか?

元々はオーストラリア発祥のブランドですが、ニュージーランドでも大人気です。なにより、日本未上陸のお店なのでお土産に買ってい帰ったら喜ばれること間違い無しです!

他にも、たくさんの紅茶グッズが揃っていて、タンブラーやティーセット、紅茶専用のポッドなども買うことができます。

本場の紅茶をお土産にしたい人、紅茶が大好きな人、お土産に迷っちゃった人は、是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
ヒロフルカワ
日本の大学を中退しフィリピンの旅行会社に就職。その後、NZの大学に留学。卒業式では400人の前でスピーチをする。これまでの経験をもとに、英語・海外情報をブログで発信中。ツイッターではブログ運営・英語学習・海外情報をシェアします。社会不適合者のネジ外れぶっ飛び系。海外就職/大学留学/TOEIC840点/英検準1級。お仕事受付中のフリーライター兼、旅人。
スポンサーリンク

この記事をシェア!

フォローすると更新を見逃しません

合わせて読みたい記事

合わせて読みたい記事

Facebook