迷ったらこれ!ニュージーランドのお土産には大人気の紅茶ブランド「T2」がオススメ

ここ数年のあいだで世界中で大人気となった紅茶の専門店「T2」をご存知ですか?

T2はオーストラリア生まれの大人気紅茶ブランドで、日本に店舗がまだないので貴重な紅茶なんです。今回はニュージーランドでも人気の高いT2のウェリントンに店舗をご紹介します。ニュージーランドのお土産で悩むあなた、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

紅茶の国・ニュージーランドで購入した質の高い紅茶は、贈る相手に喜ばれること間違いなしのオススメな一品です!

T2とは

スクリーンショット 2016-08-30 11.48.52 PM

T2は18年ほど前にオーストラリアで産声を挙げた新鋭の紅茶メーカーです。

創設以来いつもどおりの味の紅茶に加え、多くの目新しい紅茶をたくさんの人々に提供し続けている紅茶会の革命児でもあります。

2016年現在では、65店舗以上をオーストラリアを含む国内外に展開しており、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスそしてアメリカを中心として紅茶のビジネスを広げています。

 

T2のディレクターであるマリアンヌ(Maryanne)は元々ファッション業界で働いていた人でした。

T2のブランドを立ち上げる際にも、その経験を生かしT2をファッショナブルでエッジの効いたものにしようと心がけたと言われています。そのおかげでもあり、T2のロゴはシンプルなのにビビッドで、とても印象に残りやすいのです!

マリアンヌは味や匂いにまでこだわった一杯を提供ていますが、T2は数多くの種類の紅茶を販売するだけではありません。ティータイムをトータルでコーディネイトする、紅茶に関連する商品を総合的に提供し続ける紅茶のコーディネーターとしてビジネスの拡大を図っています。

参照:T2 Tea

https://www.t2tea.com/en/au/Home

 

T2の場所・ウェリントン

紅茶とコーヒーが好まれる街、ウェリントンにT2のお店は2店舗あります。

その内の1つが地域でも最も大きい旗艦店に当たるのです。場所はウェリントンでも最も栄えているストリート・Wills Streetにあり、すぐ横にはソニーストアがあるので、観光客にもすぐに分かりますよ。

ちょうどオールドバンク・アーケードの斜め向かいあたりです。

外観は下のような写真の感じで、オレンジの文字を基調にした「T2」という文字がブランドの個性を物語っています。そのロゴからはシンプルながらも力強く、おしゃれな雰囲気が漂っています。角ばったフォントがいい味を出していますね!

20160422104639

僕的には「Simple is best」なので、ロゴもこれくらいスッキリしている方が好みです。どうでもいい話ですけど。

では、これから店内をご覧にいれようと思います。

 

「T2」店内の様子

店内の様子を幾つか写真として紹介します。

店内の内装は、販売されている商品をババーンと一体に並べ存在感を演出しています。売りだされている商品のデザインはファンシーな感じの商品が多く、独特のパターンと柄が高級感を醸しだしています。

20160422104800

花柄などの、少し奇抜なティーカップなどが並んでいます!この柄がとっても可愛いのでオススメです。

少し派手な感じですが、上品さが顔し出されているところがポイント高いですね。ヨーロッパ系の伝統あるカップは、どちらかと言うともっとシンプルで上質な感じがありますが、T2のカップは可愛らしいイメージです。

20160413135712

カラフルで品が良く、近世の貴族のような華やかさがありますね!

20160413135648

カップやティーポットなどカラフルで可愛いものが多く並ぶT2の店内でした。もちろん店内にはティーカップだけでなく、茶葉も沢山販売されています。

20160422104815

僕がお土産にオススメするのはたくさんの種類が梱包されているアソートセットです。四角い箱に詰められた様々な茶葉を1つのセットで楽しめるのがグッドですよね。

お土産として丁度良いサイズでもあるので、お土産の候補としてリストに挙げてみてはいかがでしょうか?あなたの友人も「日本未上陸の専門店の紅茶です」といえば喜んで受け取ってくれるでしょう!

 

一番の驚きは種類の多さ

20160422104829

一番の驚きは何と言っても、店内に並んでいる紅茶の種類の多さです!見てください、この壁一面の全てが紅茶となっています。すごですね。一箱あたり120グラム、値段にして15〜30ドルくらいの値幅に設定されています!

お気に入りの紅茶を見つけるのは大変ですが、色々と探せるのでなんだか楽しい気がしてきますね。紅茶がここまで種類豊富だとは思いもよりませんでした。これもニュージーランドで知った驚きの事実だったりもします。

ただ、僕はいつも(実は来店5回目くらいなんですが、それは置いておいて)店員さんにすぐ話しかけちゃうことが多いです。ここの店員さんめっちゃ優しいんです!ですので、話しかけて、試飲を出して貰ったり、商品の説明を聞きながらお目当ての紅茶を見つけることがほとんどなのです。

個人的にオススメはアールグレイ、イングリッシュ・ブレックファースト、ラベンダーあたりの王道の紅茶が良いと思います。他にも緑茶やチャイなどの紅茶も陳列されていますよ!

また店内には一風変わった紅茶も多いので、紅茶好きの好奇心をくすぐります。変わり種のフルーツティーはお気に召すかはあなた次第ですが、興味のある商品は、是非とも試飲してみると良いでしょう!

日本の味とだいぶ違うので好みが分かれると思いますが・・・T2ではたくさん試飲できるので味を確かめてから購入することをオススメします!

 

一番のお気に入り

そんな中、僕が一番オススメするのがSalsa(サルサ)と呼ばれる紅茶です。

毒々しいパッケージが売りなのですぐに見つけられると思いますよ!

店内に一番奥、壁一面の紅茶ボックス飲ん中でも、ひときわ異彩を放っているので。

20160422104849

サルサの材料:

緑茶、マンゴー、バラの花びら、ヒマワリ、ベニバナ、ヤグルマギク、ピンクペッパー

味わいは緑茶に近い色合いですが、匂いはハーブティーのようなとてもいい香りがします。

値段は30ドルで120グラムはいっています。

一人で飲むには量は十分ですね。

僕は週一回ペースで飲んでいて半年は持ちましたよ!リラックス効果の期待できる紅茶です。

20160422104859

毒々しいパッケージなので、パッと見てすぐにわかります。見つからなかったら、

Excuse me, I’m looking for Salsa Tea. Do you know where it is?

(すみません、サルサという紅茶を探しているのですが、どこにあるか分かりますか?)

と店員さんに聞いてみてください。親切に対応してくれるので、困ったら思い切って聞いてみてしまいましょう。

または、僕の写真をスクショで保存して店員さんに見せてみるのも一つの手ですよ。

 

まとめ

20160422104915

以上、紅茶好きにはオススメなT2の紹介でした!

 

日本には未上陸のT2のお店、お土産に買って行ったら喜ばれます!他にもたくさんの紅茶グッズが揃っていて、タンブラーやティーセット、紅茶専用のポッドも買うことができます。

本場の紅茶をお土産にしたい人はぜひとも足を運んでみてくださいね。オススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター。フィリピンで就業、カナダで語学留学を経験しニュージーランドで大学を卒業。 TECH::CAMPの二十九期生としてRuby / Ruby on Railsを勉強しました。記事の執筆・広告は「お問い合わせ」からお願いします。