マンハッタン発の海外ドラマ「SUITS」が最高に面白いので絶対に見ろよ!

SPONSORED LINK

アメリカのドラマは日本のドラマよりも100倍くらい面白い。

今回はドラマ「SUITS」を紹介する。日本ではキャッチフレーズで「マンハッタン発、全米を虜にしたスタイリッシュドラマ」と宣伝されている超大人気海外ドラマ。

内容は弁護士による司法ドラマで、ドラマの定番・刑事ドラマとは違い新鮮な感じのするドラマである。

SUITS

日本で流行っている海外ドラマといえば、NCISやBONES、Mjor Crimeなどの刑事ドラマを始めSuper Girlやflash、Arrowなどのアクションドラマなどが挙げられる。

ただ今回は、そういった「殺人もの」とは少し違う司法の現場を舞台としたSUITSをオススメする(とはいっても裁判の場面はそんなに多くない)。

 

ストーリー

最強の記憶力を武器とするマイク・ロスが、ひょんなとこから凄腕弁護士のハーヴィー・スペクターの下で弁護士として働くところから物語はスタートする。

マイクは弁護士資格を持っていないのに、だ。

人物の背景は実際にドラマを見てもらえればよくわかるので、ここではあえて挙げることはしないが、一応のため、ウィキペディアよりSUITSのあらすじを引用した。

ハーヴィは、大手法律事務所ピアソン・ハードマンで働く敏腕弁護士。難しい訴訟を解決に導くクローザーとして一目置かれる存在だが、部下を持ちたがらず、面倒も一切見ない1匹狼だった。

そんな彼を見るに見かねた所長のジェシカは、シニア・パートナーへの昇進と引き換えに部下のアソシエイトを雇うことを命じ、仕方なくハーヴィはアソシエイトの面接を始める。

マイクはたったひとりの肉親である祖母の入院費を稼ぐため、友人の勧めでマリファナの運び屋まがいの仕事を引き受けていたが、それが警察の罠であることを見抜き、偶然ハーヴィの面接会場へと逃げこむ。

そこでハーヴィは、マイクが天才的な頭脳を持っていることをすぐに見抜き、アソシエイトへの採用を決める。

しかし、”ピアソン・ハードマン”は、ハーバード大学のロースクール出身者しか雇わない事務所。ハーヴィはマイクの経歴を詐称することを提案し、2人は秘密を共有する運命共同体となり、数々の訴訟に挑んでいく。

– SUITS/スーツ – Wikipedia

そもそも物語の設定が「弁護士資格を持たない高卒が弁護士として働く」というトンデモ設定なのには目をつぶってもらおう。突っ込んだらキリがない。

気になる人は「SUITS」の公式ホームページから色々見てみると良い。

 

見どころ

シーズン4まで一気に見た僕は、このドラマを「人情ドラマ」とみている。

多くの人は「スタイリッシュドラマ」として、高価なスーツや車や派手な社交などに惹かれている人が多いようだが、実はそうではない。そういった人達は往々にして日本の社会に嫌気が差し、アメリカンドリームに浸っているだけだ。

とはいえ、なぜ僕が人情ドラマと見ているかというと、実態は「お互いの庇い合い」という場面が多く見られるからだ。

そもそもの元凶はマイクなのだが、弁護士資格を持たないと知って彼を雇ったハーヴィー・スペクターとその上司のジェシカ・ピアソン。彼らはみんな告発されれば即刑務所行きである。

ハーヴィーはマイクの経歴詐称がバレないように方方とし、マイクは彼のリスクを犯した行為に忠誠心を持ち真摯に働く。そしてマイクが経歴詐称と知って雇用を継続させるジェシカ(一度は解雇したが、色々と経緯を経てマイクは戻ってきた)。

別の見方をすると「天才少年・ロスを最大手弁護士事務所でかくまう詐欺事件」である。

他にも経歴詐称と知りながらマイクを愛するレイチェル(僕は彼女を見るとGleeのレイチェルを思い出す)、超有能なハーヴィーの個人秘書のドナなど、実に個性豊かな人物が登場するのもドラマの見どころである。

たくさんの魅力的な人物が登場し、弁護士資格を持たない天才少年が法曹界に切り込んでいくスッキリするドラマである。もちろんトンデモ設定に目を瞑ればの話だが。

 

SUITSの評判

立ち止ころにSUITSの噂は絶えない。そしていつでも素晴らしいと絶賛されている。「デキる男」の仕事術という題名で書かれた記事なのに、仕事術にまったく触れられていない下の記事とか。

このニューズウィークの「人気ドラマ『SUITS/スーツ』に学ぶ、「デキる男」の仕事術」はドラマの注目ポイントをよくまとめているので一読の価値はある。

メディアの大御所「東洋経済オンライン」でも「ハーバード流100倍返し!熾烈な社内政治生き馬の目を抜く米法曹界のエリートに学ぶ闘い方」として取り上げられている。

たっぷりと詳細に書き込まれたSUITSの見どころと著者のインタビュー取材も書かれた読みどころ満載のレビューである。

先ほどの記事よりはコチラを一読することをオススメする。

 

トレーラー

シーズン1のトレーラーをみてみよう。

1番初めの”Closer, ha? Baseball?”ってのが個人的に好きだったりする。

シーズン1は、マイクが成長する姿とハーヴィーのカッコよさが目立つストーリーになっていて、彼のようにビシと決めたいビジネスマンも多く出るはず。

 

最新のストーリー(ネタバレ?)

最新版ではシーズン6まで出ているのだが、設定が設定なだけあって長続きはしないと思う。個人的にはシーズン6くらいで終わるのではないだろうか。

根拠としてはシーズン6でマイクがが刑務所に入れられているトレーラーがあるからである。この流れから考えて以下のストーリー展開しか思い浮かばない。

  1. 刑務所から出て、もう一度大学に入り直してロースクールを目指すストーリー展開
  2. なんらかの特例が下って弁護士資格を所有する
  3. マイクが法曹界(既に重罪を犯している)から違うビジネスの世界へ行く

とはいえ、現在放送されている海外ドラマの中でも大注目であることは間違いないので、トレンドを追いたい人は是非とも見ておこう!

 

まとめ

一言でまとめる。「SUITS面白いから、絶対見たほうがイイよ!」ということに尽きる。

ちなみに、題名の SUITSは「スーツ」と「訴える」をかけた非常に優秀なタイトルであり、このドラマを一言で言い表している最高のタイトルだと僕は思っている。

この人気大注目の海外ドラマ「SUITS」は、アグリーベティー、スパイダーマンなど、数々の映画や海外ドラマが見放題のhuluから見ることができる。最初の2週間は無料、それ以降は毎月1,000円で見られるコスパの良いサービス!

優雅な社交シーンとドロドロなビジネスシーン、人情のアツいシーンなど多くの見どころが多いSUITSは今後も楽しみな作品。

 

Huluから、SUITSの最新シリーズ・シーズン5が公開されました!今のところは吹き替えだけのようですが、字幕が出ることを楽しみに待っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

更新情報はSNSでお届け

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。