圧倒的な成長を実現!大学生こそプログラミングを学ぶべき3つの理由とは?

SPONSORED LINK

僕は社会人になってからプログラミングを学んだのですが、今になって「学生時代に勉強したかったな…」と後悔しています。

それにはいくつか理由がありますが、一番の理由は「選択肢の幅の広がり」だと思っています。

このブログでもいくつか紹介してますが、圧倒的に未来に対する可能性が違うんですよね。ってわけで、その辺を掘り下げまして学生こそプログラミングを勉強しておく理由をまとめます。

1.プログラミングが席巻するこれからの世界

今のスタートアップにしてもそうですが、プログラミングを1つの武器にすれば、世界を巻き込むプロジェクトをローンチできる可能性がぐっと高まります。

世界的な話で言えばFacebookも元々は、マーク・ザッカーバーグが大学在学中に元ネタが出来上がっていましたしね。映画「ソーシャルネットワーク」を観るとプログラミングの可能性が理解できるでしょう。

世界のサービスはプログラミングでできています。

より大きく言えば、プログラミングを学ぶことで、自分にレバレッジをかけて可能性に投資することができるようになります。

近年で言えばメルカリやWantedlyがそのモデルです。極論としてはパソコンとサーバー、プログラミングがあれば、理論上ではサービスのローンチは可能です。

 

いい時代になりましたね。パソコン一台で夢に投資できるんですよ。

もちろん、その過程には過酷すぎるほどの試練が待ち受けてると思いますが…だからこそ今、国を挙げてIT革命を推し進めている理由がわかります。例えばインドなんかもITを武器にして国を成長に導きました。まさにそういうことなんですね。

ITひとつで国は成長できる、伸び代があるってことなんです。なんだか話が壮大になってきました。

とはいえ、プログラミングを学ぶことのスケールのデカさは体験してもらえたと思っています。冒頭でも説明してますが、こんなに強力な武器だからこそ大学生のうちに身につけた方がいいんです。

プログラミングが出来るようになると、良いこと尽くめですよ〜!

 

2.圧倒的な成長スピードの実現

大学生のうちにプログラミングを学ぶとどんなことが起こるのか。

それは「可能性」の広がり以外にも、成長スピードの飛躍的向上も考えられます。プログラミングを習得することはあなたの武器です。それだけ1つで稼ぐことがでる強力な味方になるかもれしれません。

プログラミングができると何ができるようになるのか?

大企業でのインターン、起業、受託開発など多岐に渡ります。大学生のうちにこれらを経験できるとしたら、相当大きいと思うんですよね。普通の人では経験できないほどのね。

その辺の大学生が飲み会でウェイウェイやっている間、あなたは名だたる企業でインターンをしているかもしれないし、資金調達であくせくしてるかもしれない。もしくは部屋でサービスを作るためウンウン唸ってるかもしれない。

 

凄くないですか?

いや、本当にいい時代になりましたね。パソコンとプログラミングだけで世界に漕ぎ出せるチカラを得ることができるんですから。まあ、逆にいうと残酷なのかもしれませんけどね。

プログラミングができければ「スピード感のある人生」に到達できる可能性が低くなるってことですから。

あなたならどっちを選びますか。

その辺で「飲み歩いてる大学生」と「圧倒的な経験を得る大学生」。それを決めるのはあなた自身の選択です。

 

3.時間があるのが大学生。そして学割がメッチャお得!

大学生がプログラミングを学ぶべきもう一つメリットが、「使える時間の多さとプログラミングスクールの料金の安さ」なんですね。

僕もそうだったのですが、大学生は思っているよりも暇なんですよね。バイトしていていも割とひましている時間が長かったです。そんな貴重な時間を、テレビを見たり飲み会したりして潰すなんてもったいないです!

だったらプログラミングスクールに通って、みっちりプログラミングの勉強をすればいいんです。これから先、なかなか訪れないまとまった時間に、がっつりプログラミングに向き合ってみたかったです。バイトするのもいいですが、できれば程々にして、自分の成長機会とじっくり向き合ってみるのもいいものです。

 

そして何よりプログラミングは、学生にはとてつもなく安い料金を提供しています。

TECH::CAMPにしろTechAcademyにしろ、そして大人気のWebCampであっても、学生の料金は社会人の半分です。このメリットはでかいですよね。僕も大学生の頃にプログラミングを始めていれば良かったな、と激しく後悔しています。

 

ちなみに、大学生がプログラミングスクールに通う場合の相場についてです。ビックリしますよ。

社会人が1ヶ月のコースで約13万円に対して、学生はなんとその半分・6万5000円〜8万円くらいです。これ社会人からふんだくろう!っていう魂胆が見え見えですよね。笑こんなにも安いんだから、大学生は今すぐ参加した方がいいですよ。

7万円なんて1ヶ月のバイトで稼げるし、場合によっては親に借金してもいいと思います。

サクッと資金調達して、自分に投資してください。自宅で受講するスタイルでも、教室に通うスタイルも選べるので。ただ、大学生なら教室に通うなりした方が圧倒的に良いです。

 

なぜなら刺激になるから。周りも真剣だから、自分も真剣になれる。

黙々とただ真剣にプログラミングに励むとか、まじでロックじゃないですか。

最高にかっこいい。ちなみに教室に通うならTECH::CAMP、がオススメですが、渋谷遠い!近くに教室がない!なんていう人にはTechAcademyがオススメです。ちゃんとメンターもつく、分からないところは質問できる、教材は最強にわかりやすい。

もはや、受けない理由なんてないでしょう。

大学時代はみんなプログラミングを学んで、将来の可能性に投資した方が良いですよ。ハマる人は本当にハマるし、気が付いたらメルカリみないな会社を経営してるかもしれませんし。

ってわけで大学生は、今すぐプログラミングを勉強しておきなさい。今すぐに!

 

まとめ

以上、大学生こそプログラミングを学んでおくべき幾つかの理由について示しておきました。良い時代になりましたね。

ついでに付け加えておくと、プログラミングは独学では挫折しやすいので、できれば人に教えてもらうのが最適だと思っています。本なんか読んでもよく分からないので、出来る人に聞く。そして作る。

このとりあえず人に聞いて手を動かす、っていうのが最強のプログラミング習得のサイクルだと思っています。

SEになった今でも、手を動かすことの大切さが身にしみて分かるのです。そして未だに公開しているのが、やっぱり僕も大学生時代にプログラミングにどっぷり浸かっておきたかったな〜なんていうこと!

当分は無理そうだけどね。兎にも角にも大学生は今すぐプログラミング学んどけばいいと思うんだ。いやマジで。

SPONSORED LINK

更新情報はSNSでお届け

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。