圧倒的な成長を実現!大学生こそプログラミングを学ぶべき3つの理由とは?

僕は社会人になってからプログラミングを学んだのですが、今になって「学生時代に勉強したかったな…」と後悔しています。

それにはいくつか理由がありますが、一番の理由は「選択肢の幅の広がり」だと思っています。

このブログでもいくつか紹介してますが、圧倒的に未来に対する可能性が違うんですよね。ってわけで、その辺を掘り下げまして学生こそプログラミングを勉強しておく理由をまとめます。

1.プログラミングが世界を席巻する

今のスタートアップにしてもそうですが、プログラミングを1つの武器にすれば、世界を巻き込むプロジェクトをローンチできる可能性がぐっと高まります。

世界的な話で言えばFacebookも元々は、マーク・ザッカーバーグが大学在学中に元ネタが出来上がっていましたしね。映画「ソーシャルネットワーク」を観るとプログラミングの可能性が理解できるでしょう。

世界のサービスはプログラミングでできています。

より大きく言えば、プログラミングを学ぶことで、自分にレバレッジをかけて可能性に投資することができるようになります。

近年で言えばメルカリやWantedlyがそのモデルです。極論としてはパソコンとサーバー、プログラミングがあれば、理論上ではサービスのローンチは可能です。

 

いい時代になりましたね。

パソコン一台で夢に投資できるんですよ。もちろん、その過程には過酷すぎるほどの試練が待ち受けてると思いますが…

だからこそ今、国を挙げてIT革命を推し進めている理由がわかります。例えばインドなんかもITを武器にして国を成長に導きました。まさにそういうことなんですね。

ITひとつで国は成長できる、伸び代があるってことなんです。
なんだか話が壮大になってきましたね。

とはいえプログラミングを学ぶことのスケールのデカさは体験してもらえたと思っています。冒頭でも説明してますが、こんなに強力な武器だからこそ大学生のうちに身につけたかったんです。

 

2.圧倒的な成長スピードの実現

大学生のうちにプログラミングを学ぶとどんなことが起こるのか。
それは「可能性」の広がり以外にも、成長スピードの飛躍的向上も考えられます。

プログラミングを習得することはあなたの武器です。それだけ1つで稼ぐことがでる強力な味方になります。

すると何ができるようになるのか。大企業でのインターン、起業、受託開発など多岐に渡ります。大学生のうちにこれらを経験できるとしたら、相当大きいと思うんですよね。普通の人では経験できないほどのね。

その辺の大学生が飲み会でウェイウェイやっている間、あなたは名だたる企業でインターンをしてあるかもしれないし、資金調達であくせくしてるかもしれないし、部屋でサービスを作るためウンウン唸ってるかもしれない。

 

凄くないですか?

いや、本当にいい時代になりましたね。パソコンとプログラミングだけで世界に漕ぎ出せるチカラを得ることができるんですから。まあ、逆にいうと残酷なのかもしれませんけどね。

プログラミングができければ「スピード感のある人生」に到達できる可能性が低くなるってことですから。

あなたならどっちを選びますか。

その辺で「飲み歩いてる大学生」と「圧倒的な経験を得る大学生」。
それを決めるのはあなた自身の選択です。

 

3.大学生は時間があって価格も安い

もうひとつ僕が大学生のうちにプログラミングを学ぶべきメリットとしてあげたいのが、使える時間の多さと料金の安さです。大学生は思っているよりも暇なんですよね。想像以上に暇なんですよ。理系は研究や実験で忙しそうですけど。

その、まとまって空いた時間にがっつりプログラミングに向き合ってみたかったです。バイトするのもいいですが、できれば程々にして、自分の成長機会とじっくり向き合ってみるのもいいものです。

 

そのうちの1つとしてプログラミングスクールに通うってのもアリです。なぜなら学生は安いから。

TECH::CAMPにしろTechAcademyにしろ、そして大人気のWebCampでも学生の料金は社会人の半分です。このメリットはでかいです。

社会人が1ヶ月のコースで約13万円に対して、学生はの半分くらいのたった6万5000円くらいです。これ収益の割合からみて社会人に奢ってもらってるようなもんですよ。安いから今すぐ参加した方がいいです、これは。

7万円なんて1ヶ月のバイトで稼げるんですから、サクッと資金調達して自分に投資してください。自宅で受講するスタイルでも教室に通うのいいですね。

 

ただ黙々とプログラミングに励むとか、まじでロックじゃないですか。

最高にかっこいい。ちなみに教室に通うならTECH::CAMP、がオススメですが、渋谷遠い!近くに教室がない!なんていう人にはTechAcademyがオススメです。

ちゃんとメンターもつく、分からないところは質問できる、教材は最強にわかりやすい。
もはや受けない理由なんてないでしょ。

大学時代はみんなプログラミングを学んで、将来の可能性に投資した方が良いですよ。ハマる人は本当にハマるし、気が付いたらメルカリみないな会社を経営してるかもしれませんし。

ってわけで大学生は。今すぐプログラミングを勉強しておきなさい。今すぐに。

 

まとめ

以上、大学生こそプログラミングを学んでおくべき幾つかの理由について示しておきました。

良い時代になりましたね。あと、プログラミングは独学だと挫折しやすいので、できれば人に教えてもらうのが最適です。

僕も大学生時代にプログラミングにどっぷり浸かっておきたかったな、なんて心の底から思ってますよ!学生羨ましいよ!

 

今回紹介したプログラミング・スクールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター。フィリピンで就業、カナダで語学留学を経験しニュージーランドで大学を卒業。 TECH::CAMPの二十九期生としてRuby / Ruby on Railsを勉強しました。記事の執筆・広告は「お問い合わせ」からお願いします。