【リアルIT企業】SEってどんな仕事?必要なスキル3つを現職の僕が解説します

SPONSORED LINK

気がつけばSEとして働いていましたが、「意外とこの業種は面白いんじゃないか?」って思えるようになりました。

まだまだ新米のSEですが、少しづつ重要なお仕事を任させるようになり、IT業界特有の書類作業の多さに日々あくせくしています。今回はそんな僕が考える、SEになるのに必要なスキルについてお話しようと思います。

周りの成功している先輩をみて、どんな人がSEとして評価されているのかポイントを整理していきます。

SEってどんなお仕事?

SEは主にITに関連するシステムに対して、提案・構築・保守・運用を行うマルチタイプの職業です。お客さんの要望から提案を起こし、設計の詳細を詰めていきます。その上で必要な調査を施し、検証を行っていくのが仕事です。

ですので、一般的なSEのイメージである「コードをゴリゴリ書いて、デバッグで行き詰まる」みたいなとは違います。

たくさんのプログラミングコードを書きたい人は、RubyエンジニアやC#エンジニアのように、”<プログラミング言語>エンジニア”に応募してくださいね。

そのほうがプログラミングにドップリ浸かることができます。

 

SEに求められる能力とは?

実際にSEとして働いている僕からみると、この職業に求められるのはパソコンやプログラミングのスキルではありません。

  1. 情報へのアンテナ
  2. 提案力と説明力
  3. コミュニケーション力

以上の能力こそSEに求められているんじゃないかなと思っています。
意外と成功しているSEさんは、コミュニケーション能力があって、常に知識をアップデートしている人なんですね。

これはSEだけでなく、すべての働く人に必要な能力なんじゃないでしょうか。

SEといえども、結局は一人の会社員であって目指すところは「人間としての成熟」なんですね。
というわけで、もうすこしSEという業種に絞って話を進めていくことにします。

 

情報へのアンテナ

IT業界には関連するソフトウェアやハードウェアが溢れるほど存在します。
これらの山から用途を絞り、適切な製品を選んでいくのは大変です。

常にアンテナを張り巡らせ、情報をキャッチして活かしていく能力が求められます。IT企業やSEは一般的な企業を相手にするので、Windowsに対する知識の方が求められますね。ドメイン参加とか権限の変更は現場でよく使います。

べつに知っとくべき話ではないんですけど、知っておくと意外と便利です。

 

あとWindowsに慣れておくことをオススメします。
僕はMac使いなので仕事場でも、Windows苦手なんで!とか言ってますが案外どうにかなるものです。

とはいえ、一般企業でもMacに乗り換えるケースもあったりするようなのでWindowsやMac、Linuxあたりの情報を満遍なくキャッチできるといいですね。

最新の情報にアンテナを張り巡らせておき、常に情報をキャッチしておくと現場でも良い印象です!

 

提案力と説明力

これはSEだけではなくすべての職種において必要な能力と言えます。
一般的には営業とは真逆な印象のSEですが、業界に入ってみて初めて知りました。

SEという業種はいわゆるコンサル業のようなものになります。ですから提案や相談、問い合わせっていうのは当たり前になってくるんですね。

  • 使ってるシステムを便利なものにしたいんですよ〜
  • 会社のパソコン買い換えたいんだけど、どうすればいい?
  • 自社サーバー構築したいです!
  • 社内ネットワークの設置をお願いします!

などなど。あらゆる企業のIT周りを取り扱うのがSEの仕事になります。

 

コードばっかり書いてるんじゃないの?という一般的なイメージとは真逆かもしれません。

SEという仕事はどちらかというと、コード書くよりも資料作成や技術検証に関する作業がメインになります。もちろん構築もするんですが、そうした作業はプロジェクトのひと部分といえるでしょう。

SEはシステムの設計・構築・テスト・運用など、幅広くお客さんと関わっていく仕事です。

どちらかというと、エクセルの方が上手くなります!

結論としてSEといえども、画期的な提案力をして相手を納得させる能力が必要となります。営業みたいですね。

 

そして説明力も超重要です。一般企業に勤めるほとんどの人はパソコンに詳しくありません。

ハードディスクの存在さえ知らない人がいるのですよ……。そんな人たちに対して、小難しいシステムについて説明するのは骨が折れる作業です。専門用語を言い換えて説明したり、基礎的な部分から説明しなおしたり。

  • Windowsアップデートが〜
  • DHCPが〜
  • DNSが〜

なんて言われでピンときませんよね。

Windowsアップデートは分かるかもしれませんが、DHCPやDNSについては分かる人にしか分からない話題です。こんな感じのパソコンなんて分かりません!という人にいかに専門用語を使わずに伝えるかっていう技術も必要とします。

これもどちらかというと営業寄りな能力ですね。意外と文系でウェイウェイやってた人の方が成功する業界だと思っています。もちろん知識やスキルがあることに越したことはありませんが。

コードが書け、さらにこの能力があると、業界ではとても重宝されますよ。

 

会社側もこうしたSEを採用するのに必死なんです。だから未経験でも採用するんですね。スキルは後から付いてくるものだから、まずは人として能力のある人を雇いたいっていう感じなのです。

こういう理屈から考えてみると、IT業界への就職は意外と簡単だったりします。

もし興味のある人はIT企業を目指してみてはどうでしょうか?
学べることがいっぱいありますよ!

 

コミュニケーション力

コンサルってのは、当然お客さんがいなくては仕事にならないですよね。SEは相手の要望を聞き出したりしつつ、システムの設計を組み立てる必要があります。そこには当然、お客さんとのコミュニケーションが発生するということです。

そうなると、ずば抜けはプログラミングのスキルよりも、「会話力」や「コミュニケーション能力」のほうが求められます。

人の前に立ったり、人と会ったりするのが当たり前になりますし、お客さん先で仕事をしなくてはならない場面も多くなります。知らない人、初めて合う人、目上の人など、TPOに合わせて人見知りせずに人と向き合える能力を身に付けることが、高みを目指していけるSEの条件なんだろうなと思っています。

 

IT業界にはこうした人材が多くないので、逆に言うとチャンスですよ。

まずは人と話せること。これができる人間になりましょう。
するとあら不思議!新人だとしても、意外とお客さん先で信頼されます。

 

まとめ

SEにとって必要な能力を書き連ねてみました。SEって実は、一般的なイメージのプログラミングとら意外とかけ離れているんですよね。

だからこそ「スキル」より「人間力」。

ITという分野も他の業界とさほど変わりません。IT業界で働いてみたい人も新米SEの人もまずは人間力から磨いていき、パソコンやプログラミングのスキルは後から蓄積していくことが大切なんです。

少しはハードル、さがりました?

SPONSORED LINK

更新情報はSNSでお届け

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。