プロフィール

SPONSORED LINK

僕の夢はなんだ?

僕の夢はいたって簡単でシンプルです。

「会社に依存することなく、自由に働いて生きる」ということ。

今の時代は、会社勤めだけで生き残れるほど甘い世の中とはどうにも言えません。一昔前とは違うんですね。なので、まず目指すのは複業ということになります。

一つの仕事だけでなく、複数の仕事を同時に並行させて収入を得ることを追求していきたいと僕は考えています。難しいかもしれないけれど、今の世の中ではこれくらいのリスクを取って始めないと、生き残るのは大変なんですよね。

インターネットを基盤として、ビジネスを起こしていきたい。そう考えています。

もちろんそれは僕だけでなく、僕に関わってくれる人や信じてくれる人、みんなを幸せにしていけるようになりたいです。作家でブロガーでもある、はあちゅうさんの言葉を借りるのならば、僕はこれから「半径5メートル」の幸せを追求していきたい。

そんな僕のプロフィールをザックリ(?)とまとめてみました。話すことが多すぎて、まとまってないけどね。

 

幼少期から高校卒業まで

小学生からサッカーを始め、高校生まで続けました。県選抜チームのキャプテンを努めたり、国体候補にも選ばれ、県内有数の強豪校へ進学する。もちろんJリーガーになることを目指し、トレーニングする毎日を過ごしました。

しかしながら度重なる怪我で、サッカー部からは脱落。目標としていたJリーガーの夢が潰える。そのまま大学受験に失敗してしまった。

 

大学の経験と最高だった”フィリピン”

明治学院大学に在学中はクルーザーヨットをしていた。相模湾で大冒険をしつつ、過酷な海での練習に励む日々。何を思ったのか、ゆくゆくはヨット関係の仕事に就きたいと考え始める、がしかし、人生は劇的に変わってしまった。

時は3.11の東北大震災。当時カナダで語学留学をしていた僕は、人生のメンターとも言える人に出会うことができた。

その人に憧れて、後を追うようにして海外が好きになった。

この頃、高校の時にボランティアしていたフィリピン支援団体のスタディツアーに参加することになったのです。南国の空気と雰囲気に魅了され、次の年からフィリピンで過ごすことを決める。

同時に大学は休学することになりました。たかが休学です。

 

そして僕は気がつくとキリスト教徒の熱心な信者と共に、なぜか”スラム街”で過ごしてた。

当時は何度か死にかけましたけどね(フィリピンのスラム街なんて、日本人が暮らせる環境じゃない!)。

宗教に対する興味はなく、当時は刺々しい21歳でした。日本の自由な宗教心とフィリピンの敬虔な信者の間で悶え周りに多大な迷惑をかけつも、持ち前の明るさと順応能力で毎日を楽しく過ごすことができました。

ちなみに僕は、キリスト教徒ではない。絶対に違います。

そういば僕は、”University of San Calros”というセブ島の超名門大学にも、週三回ほどボランティアと並行して通っていました。聴講生という立場で英語と基礎会計の授業に参加していて、現地のフィリピン人学生たちと楽しく授業を受けていました。

時々サボってたけど!聴講生だから単位つかないし!

 

さて物語は進み、ひょんな事から現地の旅行会社で働く事が決定。

在学していた大学は、当時の学部長とメールで少しモメて一時退学となりました。当時の明治学院大学では、三年以内であれば大学を退学した後でも、試験を免除の無条件で学部生に戻ることが可能とされていました。

当時の教授、すみませんでした。

その後の僕は、現地の旅行会社での仕事は順調で、毎日を忙しくも充実した日々を過ごすことになります。いくつかのツアーを企画して社員を教育した。フィリピン人の部下を30人名ほど持ち、常時300人〜500人のお客さんの命を預かる仕事をしていた。

最後の最後で爆弾落としたけど、なんとか1年の契約期間を満了して帰国の途につく。

ここで僕とフィリピンの関係は一旦落ち着くことに。もちろん、その後も何回かは渡比していましたけどね。

僕はフィリピンの現地の生活(しかも極貧のね!)から裕福層の生活ぶり(サン・カルロスの大学生はお金持ちが多い)、観光客の人々まで、隅々まで知り尽くした(入院生活も経験したよ!)といっても過言ではありません。

新鮮な情報ではないのでブログではあまり更新していませんが、セブ島に1ヶ月滞在した人の何倍もの知識を持ち合わせているはずですから、なにか知りたいことがあったら問い合わせからメール下さいね!

TwitterからDMでも構いません。そんな感じでフィリピン編は終わりになります。

 

二回目の大学、ニュージーランド編

フィリピンで疲れ果てた(仕事の意味で)僕は、将来やりたい事と自分の夢を追いかけるため、海外大学の卒業という経歴が欲しかった。運良く(いや、悪かったのか?)ニュージーランドの大学へ留学することが決定。

毎日を課題と授業と、再び始めたサッカーで忙しくするも、何とか成績はトップクラスを収めて無事卒業。卒業式では400人近いビジターがいる中でスピーチも行いました。

あの時は楽しかった!

同時に、ニュージーランドのアマチュアサッカークラブによる全国大会に出場するも、自分の実力に泣きをみる。一ヶ月バックパッカーをした後に帰国。ちなみに国際ビジネス専攻でした。

 

なぜ始めた!?プログラマー編

将来はプログミングが必要だ!となぜか判断し、迷いに迷った挙句、未経験ながらにしてIT企業でプログラマーとして就職。もともとはWEB系に進みたかったものの、取り扱っているのは企業の基幹システムなど。

これじゃダメだ!と思った僕は、流行りのTECH::CAMPを受講してRuby、Ruby on Railsを学びました。今はC#での開発を中心としてますけどね。これからは主にXamrineを勉強して、簡単なアプリを開発してみたいと思っているので、これからエンジンを始動させて本格的に始める予定です。
今の会社は働きやすいけれど、「人の下で働くことは好きじゃないし、するべきじゃない」と僕は悟っています。

ですので、ゆくゆくは皆さんをハッピーにする何かを、人の役に立つ何かを始めたいと考えていますし、僕はそうすべきだと考えています

フィリピンや英語の勉強方法、バックパッカーの始め方、ブログの始め方なんでもいいです。気になったことがあったら、気軽に連絡してください!もちろん仕事の依頼もお待ちしております。

問い合わせはコチラからメールできます。お気軽にどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。