ニュージーランドの大自然を満喫!定番ツアーのミルフォード・サウンドツアーへ参加してみた

この記事をシェア!

ニュージーランドの南島で最も有名な観光名所が、フィヨルドとして有名なミルフォード・サウンドです。

ニュージーランドでも絶景中の絶景中と話題のスポットミルフォード・サウンドへ参加するには、クイーンズタウン発着のツアーを利用するのが一番!

ということで今回はミルフォード・サウンドへのツアー情報をまとめておきます。

「ミルフォード・サウンド」について

ミルフォードサウンドについては以下です。みんな大好きウェキペディアから持ってきました。

ミルフォード・サウンドとはフィヨルドに分類される地形を持ち、周りの山々には金や鉱物などが埋まっているとされています。

しかしながら岩肌が硬く、海面作業となるため断念する開拓者が多かったようです。現在は国立公園に指定されているので鉱物の採掘は違法となっています。 また様々な海洋動物が姿をあらわすことも知られており、アザラシやイルカなどが頻繁に出現するようです。

毎日何千人もの観光客が訪れる大人気観光名所となっているが、1年の3分の2は雨が降るとされており晴れる日はごく稀。気候は冷涼で非常に寒く、湿度がとても高い。

【参照:Wikipedia

要約すると、大自然が凄い!って書いてあります。

ミルフォード・サウンドはニュージーランドの南西側の海と接しています。クイーンズタウンからはだいぶ離れていることがわかるでしょう。

僕としてはクイーンズタウン発着のツアーがオススメです。というのも、個人としては非常に行きにくい場所なので、できればツアーに乗っかったほうが楽だからです。

では、そのツアーの詳細をまとめます!

ミルフォード・サウンドツアー

ミルフォード・サウンドのツアーは数多く出ているため、ツアーを探すことに困ることはないでしょう。

現地でツアーを探す場合は、クイーンズタウンの街中のツアー会社やバックパッカーの味方・i-Siteで予約方法を訪ねてみるのも良いでしょう。

クイーンズタウンの街はツアー会社だらけなので、少し歩いただけでもすぐに見つかります。

ちなみに僕の場合はインターネットから申し込みをしました。僕が利用したのはIntercity Milford sound tourというウェブサイトで、たったの119ドルでツアー(往復送迎、クルーズ代込)に参加することができました!

日本のツアー会社だけでなく他の会社も色々と調べてみたのですが、クイーンズタウン発のツアーはこの料金が最安だったと記憶しています。180ドルくらいするツアーもありました。

予約した会社はIntercityですが、ツアーを催行する会社はawesomeNZという会社ですので気を付けて下さい。

ミルフォード・サウンドツアーに出発

20160422095049

バスに乗り込みいざ出発します。バス乗り場にてミルフォード・サウンドでのクルーズのチケットをもらうので失くさずにキープしておきましょう。

黄色の札は「昼食なし、クルーズのみ」を指しているようです。

20160422095101

ミルフォード・サウンドまでの所要時間は約6時間です。行く途中にちゃんと休憩を挟みますのでご安心ください。

基本的には長距離移動と変わらずに、バスから見える景色を眺めていたり、音楽聞いていたりして過ごします。

20160422095112

ミルフォード・サウンドに行く途中の山道にて、景色を眺めながら散歩できる場所に2回ほど止まってくれます。どうやら、そこの観光もバスツアーに含まれているようです。

ニュージーランドで最も美しい道、ミルフォード・ロード

20160422095141

ミルフォード・サウンドに行く途中から「ミルフォード・ロード」と呼ばれる道を通ります。ここはニュージーランドで最も美しい道路として有名なので写真をパチパチしておきます。

ただ、バスのガラス越しだったので、そこまで綺麗な写真は撮れませんでした。ガラスの映り込みがあって、イマイチこのニュージーランドで最も美しい道の良さを表現できません。

本当に息を呑むような美しさの道なので訪れた時に感嘆してください。

ミルフォード・サウンド行きのクルーズ船

長い時間バスに揺られて辿り着くの、がミルフォード・サウンドツアーのクルーズが発着する港です。持っているチケットに書いてあるツアーの桟橋まで行きましょう。

20160422095154

今回はSouthern Discoveryという会社でした。

20160422095210

昼食代金を払っている人たちはクルーズ船でランチを食べることができます。沢山の料理のバイキングのようでした。凄くおいしそうです。

僕はクルーズのみだったのでランチなし。ただ、船内でのコーヒーと紅茶は無料で飲み放題で、さらに売店で軽食を購入できるので安心して下さい。船内で辛ラーメンが買えることに驚きを隠せませんでした。

高いお金を払って昼食を取るよりは売店でサンドイッチをつまむ方が乙な気がしますので、僕としてはランチ代を払ってご飯を食べる必要はないと思います。だったら他のところにお金使いますね。

ミルフォード・サウンドの絶景

ミルフォード・サウンドは息を呑む絶景です。大自然の偉大さを身体の隅々まで体験できます。

20160422095221

20160422095240

20160422095257

20160422095020

クルーズの途中にイルカとランデブーしたり、アザラシに遭遇したりできるので貴重な経験でした。アザラシなんて動物園でしか見たことないですからね。

野生のアザラシを見かけた時はガイドさんも「ラッキーですね!アザラシがいます!」みたいなことを言っていた気がします。

20160422095307

ガイドさんの話を聞きながら窓の外を眺めて、写真をとってコーヒーを飲んだりしていたら2時間はあっという間でした。

クルーズが終了したら同じバスに乗り込んでクイーンズタウンまで帰るだけです。帰りは大体4時間くらいなので、バスでの往復にかかる移動時間は合計で10時間〜11時間くらいと想定しておくと良いでしょう。

今回あいにくの雨でしたが、晴れていたら絶景を目にすることができます。しかしながら、年間の三分の二が雨の日であるミルフォード・サウンドではとても珍しい光景といえるかもしれません。

20160726223702

20160726223715

いつかはこんな絶景を眺めたいものです。またミルフォード・サウンドに挑戦しようと思います。

ツアーの注意事項

英語力

このツアーに関して注意事項があります。それは、ツアー自体は全て英語となるため、ある程度の英語力が必要となるということです。

実際、ツアーに参加しているアジア人はかなり少なかったように思います。途中の休憩場所での出発時間など重要なタイムスケジュールなどが聞き取れればまず問題はないでしょう。

クルーズ中のガイドの説明は別にどうでもよいと思います。ちなみに、クルーズ船内にミルフォード・サウンドの日本語版パンフレットが置いてあったので、そのパンフレットだけで十分でしょう。

防水対策

そしてもう一つ注意すべきは濡れないようにすることです。

クルーズ最後に滝に突っ込む場所がありまうが、船外に出ることは絶対にやめておきましょう。ずぶ濡れになるので帰りのバスがとても大変なことになりますよ。そして何より風邪ひきます。

ミルフォード・サウンドの気候は冷涼なので夏といっても、日本の冬に近い気温です。かなり寒いです。

「私は絶対に滝に突っ込みたいんだ!」という方は全身の着替えとタオルを持っていってくださいね。絶対に風邪ひきますので、これだけは忘れないようにしてください。

まとめ

ニュージーランドの南島観光のハイライトであるミルフォード・サウンドツアーは絶対に参加するべきツアーです!

僕はニュージーランド留学してからずっと行きたかったのですが、今回は雨が降っていたので想像してた景色と違って残念でした。また晴天の日にチャレンジしたいです。

絶対にまた来ます。

あと、ツアー中の移動時間が長いので覚悟しておいたほうが良いです。バスは意外と揺れるので乗り物酔いしやすい人は注意しておきましょう。漫画とか読んでると気持ち悪くなると思います。どちらかというと音楽を聞きながら寝るのがオススメです。

なにはともあれ、絶景を眺められるミルフォード・サウンドツアーは超おすすめ!

カップルでの旅行や卒業旅行、また一人旅でも絶対に楽しめること間違いなしです。ここに行かずして他にニュージーランドのどこに行けば良いのか、というほどの満足感を得ることができます。

今回のミルフォード・ツアーの詳細まとめ、是非とも活用してみてください!

The following two tabs change content below.
ヒロフルカワ
日本の大学を中退しフィリピンの旅行会社に就職。その後、NZの大学に留学。卒業式では400人の前でスピーチをする。これまでの経験をもとに、英語・海外情報をブログで発信中。ツイッターではブログ運営・英語学習・海外情報をシェアします。社会不適合者のネジ外れぶっ飛び系。海外就職/大学留学/TOEIC840点/英検準1級。お仕事受付中のフリーライター兼、旅人。
スポンサーリンク

この記事をシェア!

フォローすると更新を見逃しません

合わせて読みたい記事

合わせて読みたい記事

Facebook