英検準1級のリスニング対策はコレ!合格を掴む勉強法をシェアする

この記事をシェア!

英検準1級のリスニングの対策、していますか?難しいからしていないって?

英検準1級のリスニング問題って、意外と難しく感じますよね。早いし、長いし。

そんな英検準1級の受験を控える受験者に、実際に英検準1級に合格した私が対策していた方法をシェアします。

この勉強方法を行えば、英検準1級に合格するだけでなく、海外留学や海外就職まで使えるリスニング力が身につきます。

その3ステップを一挙に紹介しますので、ぜひとも実践してみてください。

英検準1級のリスニング勉強法3つ

私が実際に行っていたリスニング対策の方法は3つです。

・TOEICで基礎力を身に付ける

・過去問で対策する

・TEDや海外のドラマで鍛える

の3つです。それぞれを見ていきましょう。

1. TOEICで基礎を身に付ける

英検準1級なのにTOEIC?なんて驚いた人もいるかもしれませんが、TOEICの問題は極めて素晴らしく、得るものが多いテストです。

特にTOEICのパート3と4は実践的な内容に近く、形式も英検準1級に少しだけ似ています。

話される内容もオフィスでの会話や同僚とのオフの話、ウェザーニュース、アナウンスなど多岐にわたっています。

様々なシチュエーションから、場面に応じた英語を聞き分けるための基礎力を身に付けることができるのでオススメです。

基礎からじっくりと取り組みたい人は、まずTOEICの問題に取り組んでみて、英語が聞ける、分かる状態にすると対策が捗ります。

あまり長くやり続ける必要はありませんが、「英検2級と準1級の間を埋めるもの」と考えたら、良いかもしれません。

TOEICでの学習の仕方

TOEICに取り組むときにオススメなのは、下の1冊です。

>> TOEIC L&R TEST パート3・4特急 実力養成ドリル

実力養成ドリルがすばらしいのは、少し難しめに問題が作成されているところ。TOEICの問題は英検準1級に比べてかなり簡単な印象をうけるんですが、この実力養成ドリルに出題されている問題はどれも難しいです。

なので、英検準1級の入門編にピッタリな位置づけということができます。

「問題を解く→復習」という基本的な流れはかわりませんが、その後、スクリプトを読み、ディクテーションをして、音読をするのがオススメです。

音声はこちらから無料でダウンロードできますので、音楽プレーヤーやスマホにいれて、いつでもどこでもリスニングの勉強ができます。

まずはTOEICも問題を利用して、英検準1級を解くための基礎力を身につけることで、英検準1級リスニングで高得点に近づくことができます。

2. 過去問で対策する

TOEICの問題から始めた人は、リスニングの問題が7〜8割取れるようになったら対策の始めどきになります。7〜8割取れるようになれば、基礎力も身についついるはず。

その次に取り組むべきは「英検準1級の過去問」です。

英検準1級の過去問をつかう

英検準1級の過去問は書籍で購入するのがオススメ。公式サイトでも無料で入手できますが、解説がついてないので、オススメはできません。

良質な解説とスクリプトを利用することで、英検準1級の合格に近づくことができるのです。

やり方は、英検準1級の過去問を解くことからスタートしましょう。

とにかく解いてみて、どれくらいできて、どの問題が苦手なのか分析します。

そしたら復習に力を注ぎます。

復習のやりかた

問題を解くのに費やした時間の、何倍もの時間を復習に費やしましょう。やることはたくさんあります。

・音声の確認

・原稿(以下、スクリプト)の精読

・スクリプトと音声の擦り合わせ

・スクリプトの音読

を行います。本来ならシャドーイングもすべきですが、個人的な経験からは必要ないでしょう。

二次試験に不安のある人は、音声を聞く→音読を徹底させればオッケーです。

3. TEDや海外ドラマで鍛える

過去問と並行しつつ、さらなる英語耳となるために、TEDや海外ドラマを活用してリスニング力を高めていきます。

近年ではTEDやYouTubeなどの動画サイトにくわえて、海外ドラマを配信する動画のストリーミングサービスが充実していますので、これらを利用して、ネイティブの話す英語をマスターしていきましょう。

TEDをつかった勉強法

TEDをつかった勉強法は、とにかくディクテーションに限ります。

TEDで気になるプレゼンテーションを聞きながら、脇に用意したテキストエディタでひたすら打ち込んでいきます。間違っても気にせずに、聞き取れたところから記録していきましょう。

まず初めは字幕をOFFで。何回か繰り返したら字幕をONにして、自分の書いた原稿と比べながら動画をみていきます。

難しかったところ、書ききれなかったところはしっかりと復習し、単語と文法の意味を調べて理解していきます。1日10分でも、こうして集中して英語を聞き取る努力を続けていれば、かなり英語も聴けるようになるはずです。

英検準1級も、かなり実用的な英語が流れてきますので、集中して聞き取る訓練を重ねるのが一番オススメです。ディクテーションは、英検準1級の過去問をつかっても良いかもしれませんね。

動画配信サービスを利用する

時間のあるならば動画配信サービスもオススメです。

こちらでは、とにかく海外ドラマをたくさん観るためにつかいます。海外ドラマで英語を効く利点は、音声と映像によって英語がより密接に理解できることです。

ストーリーを楽しみながら、ときには登場人物のセリフに注目しながら海外ドラマを楽しんでみましょう。もしかしたら海外の文化に憧れて、留学を考えるようになるかもしれません。

・GRIMM

・BONES

・NCIS

・Criminal Mind

・Castle

といったメジャー級の海外ドラマが、低価格で視聴し放題になります。オススメはHuluNetflixdTVと言ったメジャーどころがオススメです。

どれも1ヶ月1000円以下という価格なので、負担に感じることなく動画を楽しむことができます。海外ドラマだけでなく、韓国ドラマ、日本で放送されたドラマも視聴できるので、時間帯・気分にあわせて観たい動画をたのしめます。

こうしたように動画を利用して、集中して英語を聞き取ることや楽しみながら英語を身につける習慣をもつことで、英検準1級だけでなく、さらにその先の英語力も養うことができます。

みなさんも動画をつかった、英検準1級のリスニング対策を試してみてください。

まとめ:リスニング対策は「基礎→過去問→楽しく」で合格する

以上、英検準1級のリスニングパートに関する勉強法を紹介していきました。いかがでしたでしょうか?

TOEICから始まり、過去問を対策、そして動画配信サービスを利用して楽しみながら勉強する方法でした。

あまりストイックに英語に取り組むのも、かえって大変ですので、時にはリラックスして英語を楽しむような時間も必要だと感じています。

テストの対策も重要です。

しかしそれ以上に、楽しく英検準1級の対策をして、より英語が好きになるほうが大切なのではないか?とも考えています。

英語が好きになる勉強を続ければ、ライフワークとして英語にも取り組めるのではないでしょうか?ぜひみなさんも、ここでお伝えした英検準1級のリスニング勉強法を実践してみてくださいね。

がんばって合格をめざしましょう。

The following two tabs change content below.
ヒロフルカワ
日本の大学を中退しフィリピンの旅行会社に就職。その後、NZの大学に留学。卒業式では400人の前でスピーチをする。これまでの経験をもとに、英語・海外情報をブログで発信中。ツイッターではブログ運営・英語学習・海外情報をシェアします。社会不適合者のネジ外れぶっ飛び系。海外就職/大学留学/TOEIC840点/英検準1級。お仕事受付中のフリーライター兼、旅人。