英検を受験するなら「キクタン」を選んで合格への最短距離を走るのが良い

英検合格を目指す皆さん、単語帳はどれを使ってますか?

個人的にはアルクのキクタンが英検用には最強だと思っています。実際、英検準1級に合格した時はキクタンシリーズを使ってました。今でもこの単語帳を使っていたから、あの時に合格できたと信じています。

今日はそれくらいオススメな英検用の単語集・キクタンシリーズを解説します。

キクタンを英検にオススメする3つの理由

僕がキクタンを推すのには、すごくシンプルな3つの理由があるからです。

  • 単語の配列が良い
  • 意味や用例の充実具合がすごい
  • 英検のために厳選された単語

各ポイントは下で詳しく解説しますので、じっくり検討してみてください。

また僕のキクタン活用ポイントは、①CDで耳から聞いて覚える、②コロケーションから覚える、③例文で確認です。これらの活用方法をしっかりと意識しながらキクタンを使用すれば、英検合格がググッと近くに引き寄せられますよ!

では、キクタンを推す理由をご覧あれ。

 

単語の配列が良い

英検の単語帳の中で一番重要なポイントが単語の配列です。

特に英検準1級や1級レベルの語彙になってくると、1ページ目に知らない単語がわんさか載っているなんて状況が考えられます。これではモチベーションもへったくれもありませんね。

しかしながらキクタンシリーズは、1日の分量の中に知っている単語と知らない単語の割合が4:6くらいに配分されています。この単語の配列により、単語の暗記でもメリハリを付けて励むことができるのです。

この掲載方法だと、モチベーションも維持されやすく勉強に対して打ち込みやすいのでオススメです。難しい単語と比較的やさしい単語のバランスが良いので、とても取り組みやすい単語帳といえます。

 

意味や条例の充実具合がすごい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キクタンシリーズの良い点は単語の配列だけではありません。

一つの単語に対する意味の解説、用例、例文が充実すぎるほどつめ込まれています。これにより、単語を勉強しながら単語のつながりを覚えることができるのです。

単語を覚えるときには、一問一答で単語と意味を照らしあわせておぼえるよりも、どのような語句と組み合わせて使用されているのか、や例文と合わせて覚えた方がより効率的であると一般的に言われています。

それに使用される例文も各英検のレベルに合わせたものなので、実践の中で単語の意味合いなどを学ぶことができます。やはり、実践こそが最大のトレーニングなんですね。

本番のようなクオリティーの文章で覚えるからこそ、本番でも間違えずにいられるということです。

 

英検のために厳選された単語

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キクタンシリーズで最も最大のポイントが「厳選に厳選を重ねて選ばれた単語」であるということです。これはなかなか実践できることではありません。

厳しく厳選された単語を載せているので、キクタンシリーズで覚えるのは1冊でたったの1120単語(見出し単語)です。旺文社の単語帳だと掲載単語が2000を超える場合があるのに対してかなりあっさりしているといえますね。

その点キクタンでは約半分くらいの単語数で受験に必要な単語をカバーすることができちゃうのです。一日に覚えるべき単語量が少ないのでサクサク進めることができます。

それに、厳選された単語は本番で驚くほど当たりますよ。マジで出ます。

過去問を分析してコーパスを使用して掲載単語が決定されるので、実用的かつ試験にピッタリなんですね。過去問や予想問題集を解く前にキクタンをしっかりやりこんでおけば、単語問題だけでなく、長文やリスニングでも活かすことができます。

挫折しそうな単語帳よりも、コツコツと継続できる厳選された単語帳を選びましょう。

 

キクタンは英検の対策にピッタリ

ここまで読んでいただければキクタンの素晴らしさが理解できるでしょう。それ以外にも、おまけで解説したい大切なポイントが2つあるので説明します。

 

CDがなんと2枚付属

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キクタンにはCDがなんと2枚もついてきます。このシリーズの最大の特徴はチャンツ(音楽)に合わせた軽快なリズムを刻みながら単語の意味と発音を学習できるところです。

例文の音声については、別途ホームページよりダウンロードする必要がありますが、この付属CDが単語の暗記に役に立ちます。僕はバイトに行く道でぶつくさ呟きながら英検準1級の単語を覚えていきました。

もちろん本で覚えるのが理想ですが、耳から単語を入れることで確実に暗記の補助になるので積極的に活用したいところです。

 

各章の先頭に過去問が掲載されている

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像のように、各パートの扉には過去問の一例がのせられています。これにより、目指す級がどのレベルの英文を出題するのか、どのように問われるのかのレベルを確認することができます。

難しいと感じたら勉強が必要になりますし、掲載されている過去問を楽に感じたらそれは、あなたの英語力が向上したといえます。実際の問題をイメージしながら単語を暗記することができるので、一つの単語を覚えるのにも俄然気合が入ります。

 

まとめ

英検合格にオススメな単語帳、キクタンシリーズを解説しました。

キクタンシリーズは英語に強いアルクが厳選に厳選を重ねた単語を掲載している、本当に英検用の単語帳といえます。出題確立も高いですし。ただ分厚い単語帳よりも、効率的に覚えられるキクタンを使用して勉強しましょう。

さあ、最強の単語帳を手に入れて英検合格を目指そう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター。フィリピンで就業、カナダで語学留学を経験しニュージーランドで大学を卒業。 TECH::CAMPの二十九期生としてRuby / Ruby on Railsを勉強しました。記事の執筆・広告は「お問い合わせ」からお願いします。