英検準1級の単語を「楽々」と「習慣化」して暗記する方法

英単語

英検準1級の単語は難しい。多くの人が一度は聞いたことがあるかもしれません。

もしくは、自分でテキストを開いた時、難しすぎる単語によろめく経験をしたことがあるかもしれません。

だからと言って、あきらめる必要はないのです。難しいならば対策をして、万全の状態で臨めばいい。そのために今回は、効率的で効果的な語彙力の身に付け方をご紹介します。

圧倒的な単語力を身に付けて、英検準1級に合格しよう!

単語力は英検準1級合格の近道

ここでハッキリさせておきます。英検準1級に合格できない理由は、あなたの語彙力がないからです。

いやいや、そんなことないでしょ?長文だって、リスニングだって難しいし・・・。確かに間違ってはいないと私は思います。

しかし、それら長文やリスニングの根底にあるのはすべて「単語力」なのです。

海外ドラマをみていると考えてみてください。主人公の早いセリフも、覚えている単語であれば、音からなんとなく意味は掴めると思います。

新聞だってそうです。単語が分かっていれば、たとえ難しい文章であっても、意味の推論くらいは出来るでしょう。これが例えば、単語を全く知らないタイ語の新聞だったら意味不明なはずです。

つまり、「単語を知っている=読める」ということになります。

 

私がよく使うのは、単語力はプラモデルの部品の1つ1つです、という例えです。部品が揃っていないと、ガンプラは決して完成することはありません。永遠に欠陥品です。

部品が欠けてたら、プラモデルは未完成なままですよね?

 

英検準1級に関しても同じです。知っている単語、覚えている単語を増やさなくては、わからないものは一生かかっても分かりません。分かるものが分からなければ、合格はできないのです。

だからこそ単語を一生懸命学ぶ必要があるのです。

ここからはより効果的な暗記法を紹介していきます。私が実践していた暗記法ですので、効果はお墨付き。

やるか・やらないかはあなた次第です。

 

超効率的な英検準1級単語の覚え方

単語

1.朝と夜を「有効」に活用する

人間の脳は、寝ている間に日中の記憶の整理を行います。睡眠は大事だと言われる所以は、情報過多でパンクしそうな脳をスッキリと片付けるからなのです。だから人間はどうでもいいことの大半を忘れ、次の日も元気に過ごすことができるんですよ。

 

そんな発達目覚ましい脳科学がハッキリさせたのは、暗記物は夜に覚えると効果的であるということです。

「寝る前に意識的に覚えること=大事なこと」だと脳が認識し、記憶を促すから。そして朝になったら、夜に覚えた分を復習することで、消えた部分を補足することで記憶を定着させます。

突然ですが、エビングハウスの忘却曲線をご存知でしょうか?

これは1日経つと人間は覚えた分の74%も忘れるという法則です。前日に100個の単語を覚えても、人間は翌日にはなんと74個もの単語を忘れてしまうのです。覚えているのはたったの26個だけ・・・という悲しい計算になりますね。

 

この方法を覆すのが、夜に覚えて朝に復習する勉強方法なのです。

この脳科学でも実証されている方法は、暗記を劇的な効果をみせてくれます。夜に暗記して朝に復習すること、そして定期的に遡って復習も行い記憶のメンテンスをしてあげること。

こうすることで劇的に単語の記憶がしやすくなります。

 

2.習慣化させる

英単語を覚えるには、とにかく習慣化させることが大事です。

単語を勉強する!と決めたら、まずは時間の天引きか「二毛作」を意識することをオススメします。

そうでもしないと「単語なんて〜」という気持ちで、ズルズルと覚えることなく試験日が近づいてきちゃいますからね。習慣化させる為のコツは、

  1. 単語帳はカバンの中へ
  2. 単語カードを持ち歩く
  3. CDを活用する

以上、これだけです。

 

1.単語帳はカバンの中へ

単語を覚えるには、単語帳を持ち歩く必要がありますね。ですので、単語帳は今すぐにカバンの中に入れましょう。

この記事を読んだら、今すぐに!ですよ!

 

家で単語の勉強するときは、カバンの中から取り出して、カバンの中へ戻すこと。

バッグを開けばいつでも単語帳が目に入る、「強制的な単語を学習する環境」を作り出すことが大切です。

そうでもしないと、忙しい現代人は単語の勉強なんてしないでしょ?

 

2.単語カードを活用する

単語カード

そしてもう一つオススメなのが「単語カード」を活用すること。

100円ショップで購入した単語カードで(個人的には無印良品の単語カードがお気に入り)OKです。難しいと感じた単語や覚えていない単語、長文で気になった単語、過去問で間違えた単語をたくさん書いて、とにかく持ち歩きましょう。

ポケットに入れておいてもいいですね。

 

単語カードの記入方法は、とにかく簡単にすることがポイントです。

単語カード2

見出し語を表面に、裏面には主要な意味を1つか2つほど書き込んでおくだけ。ついでに品詞を書いておけばパーフェクト。こうするだけでも単語カードの威力は十分に発揮されるんですよ。

単語カード3

単語帳よりも機動力が高いので、ポケットに入れて、いつでも復習できるのがいいです。

仕事の煙草休憩中に、トイレの個室で、昼食の合間に・・・活用方法は無限大です。

 

あえて意味を1つか2つしか書かないのは、とにかくシンプルにするため。

単語カードで暗記をする時は、よりテンポよく「シュッシュッシュッ」という感覚が大切だからです。単語カードに4つ5つと書き込んであっても、絶対に覚えませんから。

それよりは、どどーんと大きく、目立つように書くほうが記憶には絶対にいいですよね。

単語カードで意識すべきなのは回転数です。間違えても気にせずに、バンバン回していくことが大事です。

 

3.単語帳に付属するCDを活用する

3つめはCDを活用して、耳から暗記に挑戦するのも大切です。

短いスパンでもいいので、歩いている間、例えば駅から会社・学校までなどの道のりを活用しちゃいましょう。

私がオススメしているキクタン英検準1級には、小気味よい音楽と一緒に単語が流れてくる単語のCDがついてくきます。iPhoneや手持ちの音楽プレーヤーにいれて持ち歩くと効果が抜群です。

私は当時、アルバイト先に行くまでの徒歩15分間を、単語CDのリスニングに費やしていました。お陰で単語帳も暗記しやすく、サクサクと覚えることができました。

こうした「ながら勉強」は、時間を効率化できるのでオススメ

単語帳に付属するCDは、あくまでも補助的な教材として捉え、スキマ時間に活用しちゃいましょう。

 

英検準1級の単語をとにかく愚直にやる

ここまでで単語勉強の極意は十分にお伝えしてきました。もう一息で仕上げです。

3つ目の極意は、1と2を愚直にやり続けましょうというもの。単語の勉強で必要なのは、とにかく習慣化すること。

コレ以外にはありません。

 

1では脳科学的に覚えやすい方法、2ではスキマ時間を活用する方法を紹介しました。

この1と2を組み合わせて継続することで、暗記は加速度的に楽になっていきますが、そこにたどり着くまでには少し時間がかかります。

ランニングだって始めた一週間くらいは、とにかくキツイですが、2週間くらい経つと楽になってきます。そして気がつくと「今日走ってないから気持ち悪い・・・」みたいな感覚になってきます。

この「やってないから気持ち悪い・・・」が、とにかく大事なんです。

 

また、英検準1級において語彙力は非常に重要な分野ですので、長文やリスニング、ライティングとは別に、毎日取り組んでおく必要があります。

エビングハウスの忘却曲線も忘れずに覚えておきましょう。少しでも油断すると、全て飛んでいきますよ。

スキマ時間を見つけては、単語カードでシュッシュッシュッ。CDでテンポよく単語を覚え、単語帳はボロボロになるまで繰り返す。

これが単語学習においては王道であり、かつ最も効果的な方法なんですね。

やり続けることで、絶対にチカラになることは請け負います。

 

「本番までに一つでも多くの単語を身に付ける!」そういう気概で突き進んでみてください。

単語を勉強しはじめて1ヶ月、2ヶ月するころには、ボキャブラリーが増えたことによる効果もみられるはずです。難しいと感じていた英検準1級の問題も、「あれ!読める!」という感覚になるでしょう。

それを信じて、そのレベルにたどり着くためにも愚直に単語を勉強してみてください。

語彙力は裏切りません。これはホントです。

 

おまけ

つい先日に読んだ「現役東大生がこっそりやっている、頭が良くなる勉強法」という本に、これぞ暗記のキーワードだ!と思った言葉があったので紹介します。

「その日、次の日、日曜日」

という言葉なのですが、エビングハウスの忘却曲線の対策にもなるな〜と読んでいてその場で感心しました。

人間は忘れっぽいので、少なくとも3回は繰り返さないと覚えることはできない。本書によると「東大生は、”人間は忘れる生き物”という、当たり前の事実を真摯に受け止めているからこそ頭が良い」だそうです。

あ〜なるほどね!と思わずうなずきました。

 

まとめ

以上、英検準1級に合格するための単語の覚え方を紹介してきました。

英検準1級の単語は、思っている以上に難しく手強い相手です。だからこそより効率的に、効果的に学習を続ける必要があります。

朝と夜の暗記の組み合わせは、脳科学でも裏付けされているし、習慣と仕組み化ではスキマ時間の活用法を紹介しました。これら2つを愚直にやり続けることができれば、あなたは揺るぎない語彙力を手に入れられます。

もし英検準1級の問題が少しでも「難しい」と感じたら、まずは自分の語彙力を疑ってみましょう。

そうすれば自ずと合格への道が見えるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
HIRO
フィリピン・セブ島のスラム街で、ボランティアを始めたキッカケから、フィリピンで働くことに。セブ島観光のエキスパートになって、「エキサイトセブ」というマガジンサイトでライターを経験。お仕事のご依頼は→ info.f.hiro”あっとまーく”gmail.com まで。

更新情報はSNSでお届け