自己投資の効果を最大化する3つの大切な読書習慣とは?

SPONSORED LINK

本は著者の人生を、たった数時間で体験・会得することができる「究極の自己投資」だ。

これこそまさに読書の真理であり、多くの人が忘れている事実です。本1冊には値段にして約1,500円の投資額が必要になりますが、しかし冷静に考えてみると、これほどローリスク・ハイリターンな投資はないんです。

本田直之さんは「本から得られるリターンは、最終的には100倍のリターンにも相当する」と言っています。つまり1,500円投資したら15万円にも相当するんですね。これは美味しすぎです。

そこで今回は、サラリーマンながら年間300冊以上の本をよむ私が実践する、読書から100倍のリターンを得るためのヒントを紹介しようと思います。

1.本は現金で購入する。痛みを知る。

本はなるべく現金で購入しましょう。これは、財布から出ていくお金に直に触れることで「痛み」を感じるからです。

新しい本を購入する際には書店に足を運んで、現金で購入するようにしています。クレジットカードだと、お金が出ていくストレスを感じることができないので、真剣味にかける買い物となってしまうからです。

例えば着なくなった洋服を思い浮かべてみて下さい。その大半が、通販で購入したものだったりしませんか?

通販ではよく買うのに、あなたが普段からよく着る洋服は、自分の足でリサーチしてお店で試着して、悩んだ末に買ったものではないでしょうか?

こうしたように、自ら痛みを伴って判断したものにこそ、人の魂が宿るのです。

 

これは本も同様です。書店に足を運び、時間を割いて本を選び、現金で購入する方が「本気」になれますよね。本を選ぶのに時間がかかっているんですから、それはもう真剣にならざるを得ません。

要するに、本に対する愛情が大切なんです。ちなみに本を選ぶ際は、

  • 筆者プロフィール
  • はじめに
  • おわりに
  • 目次

に注目して選別するのがオススメです。

 

本への本気度、それはつまり「自己投資への覚悟」に他なりません。本を読むと決めたら自分に鞭を打って、痛みを感じつつ真剣に取り組んでみましょう。

そのためにも、現金で購入するというのはオススメな方法です。

※ちなみに私は、手に入りづらい中古の本や人のオススメといった、買いたい本が決まっている場合はアマゾンなどを利用して、効率化させています。使い分けが大事です。

 

2.テーマを決めて多読する

本を読むことは大切です。しかしながら、ただ闇雲に本を読むことは費用対効果が悪いです。

違うテーマを1冊1冊読んでいくと、せっかく身につけた知識にバラツキが生じ、体系化するのが難しいでしょう。

 

例えば、仕事で会計の基礎知識が必要になったとします。あなたは本を何冊買いますか?

ほとんどの人は、読みやすそうな本を1冊だけ購入するかもしれません。しかし考えてみて下さい。

1冊の本を読んだだけで、本当に知識が身についたと言えるでしょうか?

 

私が提唱する、セオレティカル読書術はこの読書法にNOを突きつけます。具体的に言うと、数冊の関連する書籍を一気に読んでみるというものです。

例えば、10日間で3冊の関連本を読むようにするなど、ある程度の期間を設けて集中的に本を読みます。

 

なぜそうするかというと、人はそれぞれ十人十色だからです。それは本を書く専門家にも言えること。

1人の意見よりも3人に意見を求めた方がより有効ですし、3人が同じ主張をしていたら「これは重要なことだ!」と思って集中して聞きますよね?

本もそれと同様です。結局のところ本は、それぞれの著者の意見や観点に偏りますから、より多様な考え方を吸収した方が知識の幅も広がるということです。

それに、もし3冊に共通する話題に出会うことができれば、それは重要なメッセージと捉えることができます。

 

せっかく本を読んで、新しい分野に勉強すると決めたなら、数冊の関連本をピックアップして読んでみて下さい。

そうすることで広く知識の定着を図ることができますし、複数人のノウハウを深く身体に覚えさせることができるのです。

セオレティカル読書術で提唱するのは、1つの新しい分野に対して3冊〜5冊です。この程度であれば忙しいサラリーマンでも2週間〜1ヶ月で達成できる量なのでオススメです。

新しい分野の本を読んで、どんどん知識を身に付けていきましょう。

 

3.本は汚して読んでいく

本から知識を得たいのであれば、本はどんどん汚しましょう!

具体的にはボールペンやマーカーなどで、メモや印を付けながら読んでいきます。読みながら大事な部分を目立たせたり、考えをメモしながら読み進めることで、頭を整理しつつ進むことできます。

 

こっちの方がただ読み進めていくよりも、より深く身体にインプットすることができるのです。

せっかく1500円の投資をするのですから、綺麗にして残しておくよりも、ガンガン汚して使い倒した方が投資効果も高いはずです。

「せっかく買ったんだから、綺麗に残して読んだら売るよ!」なんて思う人がいるかもしれません。

しかし私の経験では、読み終わった本を売ったところで得られる金額は、たったのランチ一回分くらいにしかなりません。

新しい本であれば1冊300円、古い本だと1冊10円程度の買取価格になってしまうのですから・・・。その程度の値段で引き取ってもらうならば、ボロボロになるまで使い倒した方が本も嬉しいに決まっているはずです。

ですので、購入した本は書き込んで、頭に叩き込むのが効率の良い使い方なのです。もし何回も読み直したい!と思った場合は、Kindleなどの電子媒体で別途購入するのが良いでしょう。

iPhoneやiPadにダウンロードしておけば、いつでもどこでも読書が可能になりますし、そもそも電子媒体なので、汚くなるという概念が存在しません。

 

メモを取りながら読んだ後は、どうするのか?そう思う人も多いかもしれません。

僕の場合は、大事だと思う部分のページを折ったり、コメントをつけて使い倒した本は、1週間に1回まとめて整理するようにします。

メモした部分やページを折って印を付けた部分は、Evernoteなどのクラウドアプリに一気に保存しておきます。

気になった文章はメモすればいいし、面倒な時はカメラで撮影してPDFにしてしまうのがオススメです。EvernoteのアプリはキレイにPDF化してくれるので、是非とも利用しましょう。

本のエッセンスだけを抽出したメモを作ってクラウド上に保存しておけば、移動中やスキマ時間に見直せるようになります。そうやって繰り返し頭に刻みこんでいくことで、より深いインプットが可能となるのです。

せっかく買った本は小綺麗に使って小銭にするよりも、ガンガン使って汚くした方が投資効果が最大化させましょう!

Evernoteの無料版は、二機までのデバイスに限るという利用制限が設けられています。

 

まとめ

今回は、投資を最大に利用するセオレティカル読書術をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

ここで紹介した現金購入と関連本のまとめ買い、汚く読むという方法を組み合わせて読書に取り組めば、より真剣に勉強に打ち込めるはずです。

より深い学びを得るために、また使えるテクニックを身体に落とし込むために読書は最強の自己投資です。

それに加え、今回紹介したセオレティカル読書術を組み合わせることで、読書から得るよりリターンを大きくしていきましょう!

SPONSORED LINK

更新情報はSNSでお届け

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。