【格安航空券の予約】セブ島へ遊びに行こう。安い費用で渡航する方法

こんにちは、ヒロフルカワ(@MailTomix23)です。

突然ですがセブ島に行くことが決まりました。だいぶ期間が空きまして、おおよそ1年半ぶりくらいの渡比になります。

今回はフィリピン航空を利用することに決めたのですが、色々な航空券を調べてみると「安い航空券が増えたな」という印象があります。

そこで今回は、セブ島への安い航空券の取り方・予約の仕方の方法について紹介していきます。

セブ島への格安航空券の探し方

日本からセブ島は飛行機で約4時間くらいです。

沖縄より少し先くらいですが、正直いうとそこまで遠いと感じません。

さすがに週末、フラッと立ち寄るのは厳しいかもしれませんが、土日プラス2日の3泊4日であれば十分に楽しめる場所です。そこで問題なのは飛行機の予約ですね。

「どうやって航空券を予約すればいいんだろう?」

なんて思う人も多いと思います。ですので、できるだけ費用を押さえてセブ島へ行くための、格安航空券を探す方法をお伝えします。

1.Skyticket

最近になって電車の広告で見かけるようになったSkyticket。

僕自身は使ったことがないので、「こういうのもあるよ!」という報告のみにします。

シンプルなUIで使いやすいと思ったのですが、僕がつかっているSkyscannerより価格が少しだけ高かったので、今回は却下することにしました。

>> Skyticketで格安航空券をみてみる

2. Skyscanner

僕が旅に行く時、真っ先に立ち上げるのがSkyscanner。

行き先・出発地を入力すれば、ほぼすべての航空券を探し出すことができます。

使い方もとっても簡単で、往復か片道か、日付を入力して検索ボタンを押すだけです。僕がSkyscannerをオススメする理由は、

  1. シンプルな使いやすさ
  2. 利用手数料がかからない
  3. 片道航空券が使える

の3点あります。利用手数料がかからないところが素晴らしい。

Skyscannerはあくまでも「比較サイト」なので、航空券を探し出すだけが使用目的です。

購入する時は、気に入った航空券を選択して販売先のウェブサイトで行います。例えば、あなたの選択した航空券がジェットスターだった場合、ジェットスターのウェブサイトで購入することになります。

Skyscannerをつかった面白い遊び方がこれ。伊佐友美さんのツイートをお借りしました。

僕もなんとなく旅したい時は、この方法で「空想の旅」に出ることにしています。

タイやシンガールへの航空券の値段の安さに驚きですよね。この値段なら気軽にいけるかも!って思います。

色々な使い方(遊び方?)ができるSkyscannerを、ぜひとも試してみてください。

>> Skyscannerで世界を冒険する

3. Expedia

航空券というしばりで括れないExpediaというサービス。

ここでも航空券を購入することができるので、是非とも使ってみて下さい。上2つで挙げたSkyticketやSkyscannerに比べて少し数は劣ってしまいますが、意外と安いチケットが見つかります。

Expediaでのオススメは「航空券とホテルを一緒に予約すること」です。

一泊目が無料になったり、かなり割引が効いたりするホテルがあるので探し出してみて下さい。

Expediaは航空券に特化している訳ではありませんが、ホテルと組み合わせて考えると旅費の節約になるかもしれません。

ですので、他の比較サイトとくらべてみて、総合的に判断するときにExpediaの価格が役に立ちます。

例えばSkyscannerで航空券をとってBooking.comでホテルを予約した場合と、Expediaで航空券とホテルと一度に申込んだ場合の費用を比べてみる、などです。

ホテルと航空券を一括で管理できるのは、煩わしい雑務が一度に済むということ。旅を楽しむためにも、面倒なことは一度で終わらせたいですよね。

>> Expediaで旅をラクに管理する

フィリピン航空の利用を決めたワケ

セブ島に行くにはいくつか経路があります。

日本から直行で行く場合、マニラを経由する場合、香港を経由する経路の3つがポピュラーです。

今回は日本から直行、もしくはマニラ経由で考えました。

  • フィリピン航空
  • セブパシフィック
  • ジェットスター
  • バニラエア

数ある方法がありますね。その中で僕が選択したのがフィリピン航空の利用でした。

その大きな理由はコスパと到着時間です。

LCCを利用する場合、どうしても発着時間が夜中や早朝になってしまうのに加え、トランジット(乗り換え時間)がかなり長い場合もあります。マニラの空港で夜明かしする必要があったりします。

過去には空港で寝たこともあります。そういうのは、よく知っている方だと思っています。

そういう経緯を踏まえ、LCCとフィリピンのナショナルフラッグ・フィリピン航空の値段を改めて比較してみたとき、その差があまりないと感じました。

かつてジェットスターでマニラに行った時も、片道2万円で往復運賃が4万円だったのを覚えています。

そのときの事を考えてみると、フィリピン航空の成田ーセブの直行便が往復4万円だったので、かなり安いと思ったんです。

荷物も預けられるし、機内食出るし、なにより成田第二ターミナルですし。

原油価格の下落もあって、燃油の値段もかなり下がってきました。そうした理由があるのは明らかですが、やはり、LCCの出現により、ブランド力の低い航空会社も価格競争に追い込まれていることがわかります。

ちなみにバニラエアの方がフィリピン航空よりも高かったです。

LCCでチケットを予約する際は、セールの時がベストだと感じました。

こうした理由からフィリピン航空を選びましたが、要するに「格安航空券を利用することで、コスパの良い選択ができるよ」ということです。

てるみくらぶの破産のように、少しづつ落ちゆく旅行会社に申し込むよりも、個人で予約した場合の方が安い場合もありますので、色々なオプションを比較検討することは大事なことです。

普段はLCCですが、今回はフィリピン航空がかなり安かったので、そういう選択をしました。

まとめ 格安航空券はネットで探す。比較検討もかんたん。

いかがでしたでしょうか。今回は格安航空券の探しかたを紹介しました。

Slyscannerを知っている人はそんなに多くないとかもしれませんが、かなり便利なので利用をオススメします。

「海外に行くための航空券って安いんだな」ってことが実感できるでしょう。

記事内で紹介したExpediaも使いやすく、様々な地域を航空券+ホテルで検索できます。その時々に応じて使ってみてはどうでしょうか?

以上、セブ島への格安航空券の探し方でした。皆さんの旅が良いものになるよう祈ってます。

それでは今日は、このへんで。

The following two tabs change content below.
ヒロフルカワ
日本の大学を中退しフィリピンの旅行会社に就職。その後、NZの大学に留学。卒業式では400人の前でスピーチをする。これまでの経験をもとに、英語・海外情報をブログで発信中。ツイッターではブログ運営・英語学習・海外情報をシェアします。社会不適合者のネジ外れぶっ飛び系。海外就職/大学留学/TOEIC840点/英検準1級。お仕事受付中のフリーライター兼、旅人。