TECH::CAMPの基礎カリキュラムを爆速で終わらせみて思ったこと!

TECH::CAMPは料金を支払うと、最大で二週間前に使用する教材が閲覧できます。

以前このブログでも紹介したとおり、できればこの期間の投資回収を最大限にしたいものです。僕はこの二週間の間で想定されているカリキュラム(基礎カリキュラム)を終えることができ、応用カリキュラムに進み知識をガシガシと叩き込んでいます。

そんな今日はTECH::CAMPを爆速で進めてみて、感じたことを書き留めておきます。

カリュキュラムを進めて感じたこと

一番感じていることは「手を動かすことが多く、とても実践的な教材だな」ということでした。プログラミングを覚えるにはひたすら手を動かすしかありませんが、それが効率よく実践できる教材でした。

教材の説明部分はとても分かりやすく勉強になりました。サンプルも工夫されていて、学習した技術を実践したり、内容を考えたりできるのが良かったです。総じて評価するならば、工夫されている教材でかつ初心者にも分かりやすい内容だったと感じました。

 

未経験でもカリキュラムは進められる?

computer-1828603_1280

あえて「ムリではない」と言っておきます。かなり苦難を強いられると思いますが……。

僕がカリキュラムで使用する教材を進めてみたところ、「それなりのプログラミングやインフラ知識があれば一人で進めることはできる」と感じました。ただし根本的なプログラミングの概念を理解していない人には難しいかもしれません。

 

それなりの知識を有している人であれば、教材の閲覧が可能な期間で基礎カリキュラムを終わらせて、かなり早いペースで教材を進めることができるでしょう。実際のところ未経験だったにも関わらず、たった二ヶ月だけの新人研修で得た知識で立ち向かった僕が、受講期間前に基礎カリキュラムを終わらせることができたのですから。

早いペースで進めることができている経験者は基礎部分をサクッと終わらせて、応用部分をこなしつつメンターを活用していくのが良いでしょう。

 

未経験者はゆっくり進もう

完全に未経験の人は「ゆっくりと進めてみる」ことをオススメします。分からないところをリストアップしておき、受講期間が始まったらメンターを質問攻めにするのが効率が良さそうです。

プログラミングについての事前知識がない人は、アルゴリズムやHTML、CSSなどのプログラミングに関する入門知識に対して、事前に時間を割いておくのが望ましいでしょう。Rubyは他の言語と比べると直感的に分かりやすい言語なので、プログラミングにおける基礎知識を持っていれば、カリキュラムの進み具合も違ってきます。

未経験者であまり勉強の時間を取れない人は、まず一ヶ月間で基礎カリキュラムを終わらせることを目標としてみてください。それ以上はオーバーワークになる可能性があります。とりあえず時間いっぱいギリギリまで進めてみるのが良さそうです。気合で進めていきましょう。

 

そんな初心者に優しいTECH::CAMPの教材ですが、応用カリキュラムになると課題や作業のレベルが一気に向上していきます。ホップ・ステップ・大ジャンプくらい違う気がします。できれば、基礎を中心にみっちりとやり込むのが良いかもしれません。

 

カリュキュラムを進める上でのアドバイス

laptop-1035345_1280

僕がTECH::CAMPの教材を一人で進めてみて感じた、教材を進める時のアドバイスを書いておきます。特に初心者のプログラマーもしくは、未経験の人にとっては大事な考え方なので、肝に命じておいたほうが良いでしょう。

 

手を動かしてコードを書け

カリュキュラムを進める際は止まってはいけません。

プログラミングの不思議の一つですが、とりあえず手を動かして、理解しようと努力していると、少しづつ分かり始めるのです。最初の方は全く分からなくても、カリュキュラムを進めるごとに少しづつ内容が理解できるようになっています。

ですので、止まらずに手を動かすのが大切です。最初はソースの写経になってしまっても問題ないでしょう。分からなかった部分は自主的にカリキュラムを復習する期間を設け、その期間中にもう一度潰しておきましょう。

 

未経験でも大丈夫

未経験からプログラミングを勉強してみて日々感じていることは、初めのうちは脳を動かすよりも手を動かした方がいい、ということです。本を読んで理解したつもりになるよりも、「理解していなくとも手を動かした方が後の理解が早くなる」気がします。

その上で本を読み、後から理論武装をした方がプログラミングの知識が身につくでしょう。

手を動かしてコードをひたすら書くという訓練を積めるTECH::CAMPは、プログラミング中級者だけでなく、全くの未経験からスタートした初心者プログラマーにも最適と言えます。受講期間が始まったばかりですが、すでにエキスパートコースの受講を考えています。

それくらいTECH::CAMPは素晴らしいです。

 

まとめ

以上、二週間というカリキュラムスタート前の教材の閲覧が可能な期間で、想定されていた内容(起訴カリキュラム)を一周終わらせてみて気づいたことを書いてみました。プログラミングを学ぶには、内容理解の前に以下に手を動かすかが大事です。

まずは手を動かし、プログラミングを勉強する型を身に着けましょう。理論や知識はその後からで間に合います。まずは手に脳にプログラミングを刻み込んでください。

 

また、TECH::CAMP受講後については色々な場面を想定しつつ、別の進路も考えています。それについては、また別の機会にでも説明できれば良いと考えています。

今日は、カリキュラムを一周してみて感じたことを書いてみました。皆さん、TECH::CAMPで人生を変える1ヶ月を過ごしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター。フィリピンで就業、カナダで語学留学を経験しニュージーランドで大学を卒業。 TECH::CAMPの二十九期生としてRuby / Ruby on Railsを勉強しました。記事の執筆・広告は「お問い合わせ」からお願いします。