中学と高校で英文法ばっかやらされたよ!

嫌な思い出かもしれないけれど、実は英文法を習うことはとっても大切なことです。きっとあなたが不満タラタラなのは、英文法がどれだけ「大切なモノ」であるかを知らないからだと思うんですよね。

もう一度言うけど、英文法ってとっても大切なことです。

英文法は何のため?

英文法を学ぶ理由は、ズバリ「論文を読むため」です。

僕らが中学校と高校で英文法を習う主な理由は、大学に入った後に英語の論文を読むためのだったのです。。元々、学校教育は世界の技術を手に入れることが起源であったため、実用的な英語とはかけ離れた学術的な内容を中心としたカリキュラムとなっています。

そのために欠かせないのが英文法であった、という訳です。

論文を読むためには複雑な文法や単語に対して耐性をもつ必要があります。ですが、まあ単語に対しては辞書という先人が作り上げた知識の結晶があるので、そのつど探せばいいいわけです。

でも、どうしても文法ばっかりは授業で触れなければ、その単語の連なりの意味すら取れなくなる、ということで英文法を中心とした授業に切り替わっていったのでしょう。

 

英文法の授業は大切

今、この歳になって英文法ってとっても大切なことなんだなと肌身で感じています。

色々な国で、様々な人を経験して思ったことは、やっぱり単語の羅列だけではコミュニケーションの限界があるなという事実です。まあ、僕は単語の羅列で会話しないんですけどね。

出川哲朗の海外で何かを買ってくる企画が以前にあったじゃないですか?

あれって素晴らしいっていう反面、やっぱり日本の無知というか英語に対する無知さを露呈しているだけだと思うんですよね。出川の勇気やコミュニケーション能力というのは賞賛に値しますが、やっぱり、どこかスマートさがないなと。

海外旅行に行く人々は基本的に「そこそこ英語が喋れるから海外に行く」という人が多いように思います。英語が話せないのに国外に行く人は日本人と中国人くらいでしょうね。

海外に余裕を持って旅行に行けるくらいの人々は教養として英語を学び、コミュニケーションを取れるレベルの人が大半であります。これは僕が今まで様々な国の人々とドミトリーで生活したり、一緒に旅をした経験から確信したことです。

そこから学んだことは、「やっぱり英文法の授業は大切だな」ということです。

英文法を学ぶということは英語の型を勉強するわけです。この型というのは、どの英語にも共通している、根本的な部分という明白な事実があります。そして英文法の授業でも実践において使用できる英文は、いくらでも発見できるものなのです。

 

日本人も英語が喋れる

日本人が英語を喋れない民族と言われていますが、じつは、英語の読み書きにおいては他の国と比べてトップクラスの成績を誇っています。これはまさに中学・高校における英文法の授業の成果にほかならなりません。

この熱意を「話す」という方向に向ければ良いのです。

ただ、現段階で英語を話せる教師があまりにも少ないのでフィリピンのように第二言語として英語が普及するには、20年くらいかかると思います。

英文法を学ぶことはとても貴重なことです。読み・書き・聞く・話すという基本的な英語の4技能ですが、やはり英文法という「英語の根本」を知らなくては英語もくそもヘッタクレもありません。

僕流に言わせてもらえば、単語力が根っこで英文法は幹にあたります。私達が文法を知らなかったら、出川哲朗のように単語の羅列で会話することになりますよ。しかも時折日本語混じりの英語で。

そんな英語で良いんですか?

 

まとめ

英語を身につけるためには、まず単語と英文法を知る必要があります。相手のことを知るには、相手の性格や人柄、趣味など根本的な部分を知る必要があるのと全く同じ原理です。

英文法はいわば英語の経歴書であって、知るためには欠かすことのできないものなのです。逆を言うと英文法を知っていれば、いくらでも英語の能力は身に付くというようなものですよ。

だから英語を身に付けたいなら英文法をきっちりと学びなさい。それが最も早く近道なのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
HIRO
フィリピン・セブ島のスラム街で、ボランティアを始めたキッカケから、フィリピンで働くことに。セブ島観光のエキスパートになって、「エキサイトセブ」というマガジンサイトでライターを経験。お仕事のご依頼は→ info.f.hiro”あっとまーく”gmail.com まで。

更新情報はSNSでお届け