【保存版】絶対に受かる!英語検定(英検)準1級に合格する勉強法・対策法まとめ

英検準1級に受かりたいけど難しい…。

英語には自身あったけど、英検準1級で完全に砕かれたわ,,,。

こんな感じで、英検準1級に挫折する人は日本国内でかなり多いと思うんですよ。個人的には日本国内に現存する英語系資格で、かなり難関な部類に入ると思っています。高校の英語教師でも取得が難しいと言われていますしね。

とは言われているけれど、僕はわりと高得点で合格することができました。それはなぜか?これから書いていく「合英検準1級に合格するための勉強法」を実践してきたからです。

というわけで今日は、僕が合格するために考え抜いた勉強方法を教えます。この勉強方法を全力でやり抜けば、自ずと合格への道は見えてくる道標を提示します。

英検準1級に合格したい人は必見です。

 英検の基礎知識を知ろう

※記事の細分化により、英検のより詳しい基礎知識については「英検準1級とはどんな試験?英検準1級の全容を徹底的に解剖しよう」のページに移行されています。

英検は「日本英語検定協会」が作成し運営している英語の資格です。

日本の英語界の重鎮が、人々の英語の能力を測るために作られている非常に良質な問題が揃っています。それに加えて各段階でレベルが設定されていて、徐々にレベルアップしながら英語の能力をレベルアップできる資格なんですね。

英検はリスニングとリーディング、スピーキングとライティングと、多方面からの英語能力を測定できるので、真の英語力を伸ばすことが出来る試験だと、僕は思っています。

そんな英検の中でも、難関の一つとして数えられる英検準1級の攻略方法を、各パートの特徴や難易度を解説しつつ、具体的な勉強方法を説明していきます。

僕も一回だけ試験に落ちてしまいましたが、これから説明していく勉強方法を実践したら高得点で合格することができました。根気よく確実にクリアしていくこと。

これが難関である英検準1級に合格するための秘訣だと思っています。それではまず、各パートの難易度や試験の特徴から捉えていくことにしましょう!

 

英語検定(英検)準1級の難易度

英検準1級の難易度はどうでしょうか?もう少し深く考えてみようと思います。

まずはじめに断定してしまいますが、英検準1級はひじょうに手強いです。世間では英検2級を楽々と受かった人でも、準1級の試験となると全く歯が立たない人が続出しています。高校の英語教師でも持っているのが珍しいと言われている資格ですからね。

どうして英検準1級はここまで難しいのか?

具体的な対策法に入る前に、その答えを僕の見解を含めて考えていきます。

 

理由その1・語彙力

英検準1級の語彙力は海外大学へ留学可能なレベルの語彙力が求められます。

これに対抗するためには、それなりの準備期間が必要です。どれくらいのレベルかというと、英字新聞(Japan Times)が読めくらいです。他にもアメリカの雑誌・Timeや、イギリスの経済雑誌・The Economistなどの要旨が理解できるくらいが目安となります。

TOEICなどの局地的な語彙力と違い、英検準1級で求められる単語はより実践的なものが多いです。

総合的に考えると洋書が読めるという「相対的な英語」としての語彙力が求められています。ちなみにですが、覚えるべき単語数は英検2級の2倍くらいだと言われています。

英検2級時の約2倍という単語量が壁となって多くの人を阻んでいるのです。

ですので、英検準1級に合格するための鍵となるのは「単語力」だと言ってしまっていいでしょう。逆に言うと、ボキャブラリーをクリアできれば、英検準1級の合格はググッと近くなるということです。

単語の勉強法もこの記事で言及していますから、ぜひとも参考にしてみてください。

 

理由その2・長文問題の難易度

単語でのハードルが高いせいか、長文問題での難しさはあまり見受けられません。

長文自体のレベルは私立大学の受験問題レベルが一番近いです。具体的には、立教や早稲田、慶應、同志社あたりの問題レベルを参考にしてみると良いでしょう。

また長文問題は出題ジャンルがかなり幅広いため、文章の内容を理解する為のバックグラウンドの知識も必要となります。

英語力だけでなく社会的な事象や科学的なこと、生理学や宇宙学など様々な長文が試験問題として出題されています。そういったトピックに対する柔軟性も英検準1級では求められています。

これに慣れるためには、とにかく多くのの英語に触れ、基礎力を上げておくことが大切です。

 

理由その3・リスニング

英検準1級はリスニングがかなり難しいで

TOEICなどの問題に比べて実践的で、日常的なシチュエーションを想定して問題が作成されているからです。目安としてはTOEICのリスニング問題で8割くらいの正答率を叩き出せないと厳しいかもしれません。

それくらい難しい、とだけいっておきます。

しかしながら試験の性質上リスニングで点数を稼いでおかないと、リーディング分野でこける場合があります。ですのでいくらリスニングが難しくとも、リーディングの分野を疎かにしないことが大切になってくるでしょう。

ただ、みなさんには朗報があります。

それはリスニングは英語4技能のなかでも最も伸びやすい分野だということです。つまり、リスニングも単語と同様に根気よく対策を練り、実践に乗り出すことができれば、難関資格でも勝機は十分に見出すことができるということです。

 

理由その4・ライティング

日本人は英文ライティングが苦手な傾向にあるので、ライティング問題は難しく感じるかもしれません。

普段英語に触れない分、当たり前の感覚かもしれませんね。外資系に勤めてる方々で海外の人とメールなどでやり取りをする以外には、なかなか目にする機会がないのがライティング分野とも言えます。

普段慣れないライティングというパートなのでかなりの準備が必要です。整序問題などに触れておき、最低限文章の構造や各文法の使い方を学習しておく必要があります。

英検準1級を受けられるレベル(英検2級に合格している)にあるということは、つまり大元である英語に対してのアレルギーは少なく、長文もそれなりに読みこなせているはずです。

ですので、これまでに培ってきた英語の知識を動員して、いかに「英語を書く」という作業に慣れるかが合格点を勝ち取る勝負の鍵となりそうです。

こうした英検準1級の各特徴を踏まえて、もっと具体的な対策方法を説明していきます。

 

英検準1級に受かるための勉強方法

さあ、ここからは英検準1級に受かるため、一体何をしなければならないのか。僕が行ってきた勉強方法を一挙にご紹介していきます!

 

英単語を極めよ!

語彙力を鍛えるべし。語彙力強化には一番時間を割きたいところです。

英単語に自信がない人はじっくり語彙力にチカラを割いていけばいいでしょう。時間を掛けて基礎力を伸ばしていければ、間違いなく英検準1級の合格は可能です。

単語の勉強方法を説明していきます。その前にオススメの単語帳を二冊ご紹介しておきます。

 

単語の勉強方法と単語帳

まず一番はじめにやり込んでおきたいのが「単語王2202」です。その名前の通り単語王は「単語の王様」といえます。

もともと本書は大学受験用の参考書であり、早稲田・慶應・上智などの超難関大学向けに単語が選定されています。しかしながら、選ばれている単語は大学受験だけでなく、それ以上のステージにも通用する本当にレベルの高く、良質な単語が選ばれてます。

この単語帳に取り組む時はかなり苦労するでしょう。諦めずに根気強く進めることが大事です。「千里の道も一歩から」、この単純明快な真理こそが英検準1級の合格への近道なのです。

 

英検対策用の単語帳

単語王に掲載されている単語の約8割程度覚えたら次の単語に移っていきましょう。次の段階としてオススメしているのが「キクタン準1級」という、英検準1級の試験に特化している単語帳です。

キクタンシリーズはアルク出版という「英語を勉強する人なら知らない人はいない」と言われるほど、英語の教材の執筆・企画・販売に特化した会社が発売しています。

英検準1級の過去問題から抽出された単語を、頻度の高いものから低いものをまんべんなく網羅した最強の英検用の単語帳です。また付属しているCDを使ってスキマ時間に勉強できるので、効率よく英検準1級の勉強をすることができます。

CDと本を活用して、何度も何度も繰り返し聴き込み、英検準1級の単語を暗記していきましょう!

ちなみに僕が英検準1級を受けた時、この単語帳を累計150周以上はしていました。慣れてくると1時間半くらいで単語帳を一周できるようになるので、一点集中で突破してしまいましょう。

英検準1級用の単語帳を比較した記事も是非とも確認してみてください。

→ 英語検定(英検)準1級にオススメな3冊の単語帳をまとめる

合格への最短距離を走れ!英検を受験するなら「キクタン」を選ぼう

 

単語の勉強法は?

それでは英単語の勉強方法を説明していきます。まず心得ていてほしいのが、単語の勉強方法はすべて「根気」であるということ。

そして単語の勉強方法として一番のオススメは、広い範囲を何回も何回も繰り返していく方法です。具体的にもうちょっと説明を加えていきます。

 

具体的には・・・

例えば1週間に200個の単語を覚えるとしましょう。

1週間で200単語を覚えるとしたら、お覚えるべき200の単語を7日で割った数である、約29単語ずつを一日のノルマにして覚えていくのが主流かもしれません。つまり初日に1〜29まで覚えて、2日目に30〜59までの単語を覚えるというような感じです。

でも、僕のオススメの暗記方法は少し違います。

例えば1週間に200個の単語を覚えるとしたら、毎日1週間、200個の単語に目を通していくのです。それも何回も何回も。これには理由があります。それは、人間の脳は基本的に「物事を忘れるようにできている」という事実です。

人間の脳は「覚えたものは次の日には70パーセントほど忘れる」と脳科学で解明されています。

この発見に沿って考えていくと、一日29個の単語を覚えたとしても、その70%にあたる約20個の単語を次の日には忘れてしまうことになります。これでは覚えた端から忘れていくのとほぼ変わらない数値ですよね。

 

そこで僕のやり方はこっち!

毎日200個の単語に目を通す勉強法をオススメしています。1週間で200単語に覚える単語数を設定したのなら、毎日7日間200単語に目を通していきます。この7日間は覚えていく努力をしつつ、ざっくりと流しつつ進めていきます。

1週間は単語をひたすら読んで200単語に目を通しておきます。そして次の週がきたら、つぎの200単語に目を通していきます。これをひたすら続けていくのです。

また、忘れてならないのは「1週間に1度は以前やったところを復習しておく」ということです。

1週間に1日だけ、例えば土曜や日曜日に復習時間を設け、先週やった内容を復習しておきます。そうすることで、忘れかけていた200単語の記憶を復活させ、刷り込んでいくのです。

 

この循環を続けていくと、1時間半くらいで単語帳1冊を確認できるようになります。そうなったらスピードを上げて、どんどん回していきます。単語帳の回転スピードが上がることで記憶への刷り込みの効率がよくなり、暗記できるスピードも加速度的に早くなっていきます。

暗記ものが苦手!という人は、何遍も何遍も復習しつつ、より多くの単語を目にできるように工夫してみてください。単語を覚えるときは一日に何回書いたのかを確認するよりも、一週間で単語帳を何周したかの方が大事になりますよ。

ここを忘れないようにしてください。これは英語のプロ講師の方々も仰っていることです。

 

リーディングは油断大敵!

英検準一級のリーディングは難しいので更なる対策が必要です。

一番オススメの対策方法はJapan TimesやTime、The Economistを読むことですが、時間がかかってしまうので時間がない人には現実的に難しいでしょう。試験自体に対する対策もありますしね。

もし時間に余裕があるは、これらの英字新聞などを購読するのがオススメです。この方が多くの英語に触れることができ、本物の英語に触れる機会がぐぐんと多くなります。ということはつまり、英検準1級に合格する確立が高くなるということです。

このあたりは英語力の基礎力の話になってくるので、知識程度に留めておいてください。

それではここからは、より具体的な英検のリーディング対策についてお話していきます。

 

単刀直入に言うと、僕がオススメするのは「大学受験用の参考書」です。というのも大学受験では、英検と同様に英語に対して幅広い知識が必要だからです。レベル的にちょうどいいんですね。

本来なら英検のリーディング対策は過去問がベストなのですが、できるだけ直前期まで残しておきたいものです。

ですのでまずは大学受験用の問題集から説いていくことをオススメしています。

レベル的にも難易度的にも、大学受験の問題を理解できるレベルに到達することが、より英検準1級の合格への近道だと僕は自身の経験から学びました。結局のところ英語という学問には大学受験であろうが英検であろうが、「同じ英語である」ということなんですね。

オススメの参考書は下の「オススメ参考書」のセクションで紹介していきます。

まずは大学受験の問題を解いていき、長文に慣れ、単語を覚え、英語に対する知識・理解・読解力を備えていくことが大事なのです。それらの段階を踏んで英検準1級の過去問や予想問題に取り組む方が、より効率的にあなたの英語力を底上げできますよ。

 

リスニング

リスニングの対策では一番重要になるのは基礎力でしょう。また、英語に対してアレルギーが少なく、ナチュラルに英語に集中できる能力も必要となります。そういった能力を身につけるのにオススメなのがTOEICの問題集です。

僕はTOEICからの脱却を唱えていますが、作成されている問題に対しては一目置いています。実践的な内容をシンプルかつ、効率よく勉強ができるように問題が作成されていると僕は感じているからです。

上のリスニング分野でもTOEICのリスニング問題が8割取れるくらいの能力が必要、と書いてあるのもそのためです。英検準1級のリスニング問題に取り組んでみて全く刃が立たなかったのであれば、TOEICのリスニング問題に立ち返って基礎力を磨くのも大切です。

ときには前に進むよりも、辿ってきた道のりを明確にする方が効果がある時もあります。英語学習は前に進んでも後ろを振り返っても、何かしらを得ることができる分野です。

まずはTOEICレベルの英語がしっかりと聞き分けられる耳に育て上げるほうが大切だと、僕が強く思っています。そしてその上で英検準1級の問題に取り組んでみてもらいたいですね。

そっちのほうが正答率の伸び具合も良くなるはずです。

 

ライティング

ライティング対策として初めなければならないのは、英語を書くことに慣れることです。その上で手っ取り早いのがツイッターです。

手持ちの使用していないメールアドレスを使用して、英語用のアカウントを立ち上げてみましょう。もちろん、現行のアカウントでも構わない人はそのままでも大丈夫です。

そして外人のツイッターやニュースをフォローしましょう。好きなアーティストや尊敬しているビジネスマン、またはブロガーや政治家、スポーツ選手など誰でもいいです。

またそれに加えてニュースメディアも一緒にフォローしましょう。そうすることでツイッターのタイムラインには、自然と英語が混在するようになります。

 

ここまできたら次の段階で英語でつぶやいてみましょう。内容はなんでもいいので、ただ思ったことを英語にして呟いてみてください。最初は大変かもしれませんが、徐々に慣れてくるはずです。

「英語でつぶやくこと」に慣れてきたら、英検準1級の問題に取り組んでみてください。

この時に注意すべきポイントは文章全体としての構造を意識することです。英文を書くことはツイッターで養っているはずなので、この時点での問題はあまり生じないはずです。

それ以上に気をつけるべきなのは、全体の構成が破綻していないかどうかです。

これは時間を掛けて、手元に持つ模範解答などと照らし合わせながら進んでいく必要があるでしょうが、なにはともあれ、初めに「英語を書く感覚」をつかむことがとても大切になります。

 

英検準1級のオススメ参考書

 

英文解釈

総合的な英語力を底上げする為には、英文解釈をしっかりと身に付けることをオススメしています。

英文解釈とは英語を要素ごとに切り分けて詳細に分析して、構文やセンテンスの意味を理解していく技術であり、英語を真剣に取り組みたい人は絶対に勉強しておいて損のない分野になります。

英検の勉強を始める段階で文法にそれなりに自信のある人は、代々木ゼミナールが発売している「ポレポレ英文読解」を使って英文解釈の技術を身に付けていきましょう。

この分野をマスターすることで英語のセンテンスを俯瞰して分析する能力を養うことができます。

この技術は英検だけでなく、TOEICやレポート作成など様々な場面で活用できる優れものなので、ぜひとも頑張って習得してみてくださいね。英語がみちがえるほど「見える」ようになります。

英検準1級レベルの英文をセンテンスごとの意味を理解するのにも苦しむ人が多いです。ですので、この問題集を解いて英文読解を身に付けておけば、難しい英文でも臆することなく意味を汲み取れるようになります。

 

そして何より長文の問題である「言い換え問題」に対する正答率がぐんと上がることになるでしょう。

それは構文や表現などの技術的な分野で、英文に対する理解力を底上げできるので、より正確な文章理解が可能となるからです。かなりハイレベルな部分まで学ぶ必要がないので、薄い問題集かつ根強い人気を博する「ポレポレ」をここではオススメします。

この辺りの英語の参考書は別の記事である「英検準1級に合格した僕が「神だ・・・」と崇める英語学習にオススメな参考書10選!」で別途まとめてあります。珠玉の参考書を片手に英語をマスターしちゃいましょう。

 

長文問題

長文読解をこなすには、大学受験の問題が最も練習になります。

特に立教大学や早稲田、明治の長文問題はやりごたえがあり、良問が多く掲載されています。英検準1級の過去問題に取り掛かる前に、時間のある人は受験問題の参考書に取り組んでみてください。

河合塾から出ている問題集「やっておきたい長文問題シリーズ」は良問かつ問題の長さも英検準一級に近いので英語レベルの底上げに役に立ちます。

元々は難関大学用に編纂されている問題集なので多少の難しさはあるかもしれませんが、かなりいい練習台になるでしょう。この問題集をしっかりこなせていれば合格の見込みはあるでしょう。

それくらいオススメです。

 

リスニング

リスニングのトレーニングはとてもむずかしいです。個人的にはTOEICのパート3と4の問題を解けるようになれば大丈夫だと思います。リスニングを鍛えるためにはTOEICのリスニング問題集から始めてみてください。

そこから英検用に移行していけば問題ないと僕は思っています。

基本的には英検準1級の過去問題集を中心に、スクリプトや表現などを覚えつつ、問題を時進めていくのが好ましいですね。過去問題をしっかりと分析することは敵を知ることでもあります。

過去問題集を網羅できたら「英検準1級予想問題集」に取り組んでいきましょう。個人的な感覚だと、本番よりも少し難しく感じるくらいの問題レベルが掲載されています。

本番一ヶ月くらい前からこの問題集にじっくり取り組んでいくことで、合格ラインまでリスニングの点数を引き上げることは可能だと感じています。

 

英検準1級過去問対策

上記の問題集などに取り組み英語の基礎が固まってきたら、より実践的な英検対策に移っていくことをオススメします。具体的には過去問対策です。

英検は過去問での傾向が踏襲されたり、似たような問題が多く出る試験となっているので、英語の底上げを行った後から、より詳細に英検準1級の過去問を分析していくことで、合格率もかなり高くなるでしょう。

過去問対策でのオススメの参考書は、下の2冊になります。一冊は予想問題ドリルですが、この問題集は過去問に近いレベル・形式の問題を本番のように取り組むことができる英検受験者の必須対策本です。

これらに取り組むのは約2ヶ月〜1ヶ月前で十分でしょう。あまりにも前から取り組みすぎるといざ本番前に手持ち無沙汰となってしまうので、ラストスパートに集中して学習していくことをオススメします。

過去問の対策は以下の通りに行います。

  1. 問題を時間計って解く
  2. 答え合わせ
  3. 復習

このように問題集を進めていってもらいますが、その中でも「復習のやり方」には特に注意を払ってもらいたいと思います。

ここでの復讐は、問題や練習問題中のわからなかった文法や単語、熟語、表現などをしっかりと暗記をしていくことを中心に取り組んでいきます。

その中でも特に単語に注力していきましょう。英検準1級は一番初めの語彙力問題が合格の鍵といえるほど大切な箇所になります。覚えていない、分からない単語は片っ端から単語カードに記入して目に触れるようにしておきます。

過去問や予想問題に出てきた、分からない単語や表現を常にストックしつつ、スキマ時間に暗記できる体制を作っていくことが英検準1級合格の鍵と言ってもいいでしょう。

 

対策まとめ

以上、長々と英検準1級の対策方法を記述してきました。

英検準1級対策は語彙力が命です。最初はひたすら単語を覚えることに集中します。あとは、リスニングはTOEIC問題集と英検準1級過去問と予想問題集の計3冊をじっくり聴きこんで、問題を解き、丁寧に復習していけば大丈夫です。

まずはリーディング分野を重点的に対策してください。オススメした参考書だけを1冊1冊、丁寧に読み解き、理解し、進めていくこと。

まずは初めの一歩をしっかりと踏み出しましょう。そして一歩一歩丁寧に進んでいくのです。

ゴールが遠くても一歩一歩進んでいけばゴールは絶対に見えてきます。早足やスキップせず、地に足をつけて勉強を進めてください。

千里の道も一歩から!憧れの資格をゲットするために頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター。フィリピンで就業、カナダで語学留学を経験しニュージーランドで大学を卒業。 TECH::CAMPの二十九期生としてRuby / Ruby on Railsを勉強しました。記事の執筆・広告は「お問い合わせ」からお願いします。