英検準1級の対策に「本当にオススメ」する参考書7冊

英検準1級の参考書って何使えばええんや・・・

そう思う人も多いはず。書店へ行って探してみても、英検準1級専用の参考書って数があまり多くないので、選択肢が絞られてしまいますよね。

「良質な問題を解いて基礎力を身に付けたい」そういう人は多いはずです。そんな悩みを解決すべく、私が実際に解いてみたものから「これだけで対策できる!」という、ベストな参考書を7冊選んでみました。

是非とも活用して貰いたいです。

英検準1級参考書の選考基準

参考書

これまでもオススメ参考書に言及はしてきましたが、「英検準1級専用」については触れてきませんでした。

どちらかというとスポット的に、この科目にはコレ!というオススメでしたが、ここにきて英検準1級で本当にオススメした参考書を選ぶことにしました。

 

今回の選考基準は以下。

  • 「英検準1級に合格することが出来るだけの内容を持っていること」
  • 「十分に英検準1級の練習が積めること」
  • 「英検準1級に合格した以降も使える参考書」

そしてもう一つ大事なのは「私が実際に手にとって、全て解いてみたもの」という選考基準です。

自分で解いたものである、自分が英検準1級に合格したときに「本当に役に立った!」と思えたものだけをピックアップすることにしました。ですので品質と効果はお墨付きです。

 

英検準1級のオススメ参考書7選

1,英検準1級3回過去問集

鉄板商品ですね。過去問を知らずして英検準1級の合格はありえません。

英検準1級の過去問では旺文社が最も素晴らしく、解答の充実具合も良い参考書です(というか他に出しているのか?)。

英検準1級の対策や傾向、勉強方法をしっかりと網羅しているので、英検準1級の対策用の参考書として効果を発揮します。よく出る単語や、長文での難しめの単語・表現など過去問へのフォローが素晴らしい。

問題の解説も詳細で丁寧です。英検準1級の受験をする人のバイブルと言っても過言ではありません。この過去問としっかり対峙して、自分の弱点や強みを分析することで、英検準1級の解答力が身につきます。

そして英検準1級合格へとひた走ることができるでしょう。

 

2.キクタン英検準1級

英検準1級の単語帳と言ったらコレ以外は考えられません(私は、ですけど)。

私は「英語」においてアルク出版に全幅の信頼を寄せています。その期待に応える至高の単語帳が「キクタン英検準1級」と言ってもいいでしょう。

英検準1級の過去問題だけでなく、コーパスを駆使して日常でも最頻出な英単語が抽出されているのもポイント高いです!

コーパスとは?

コーパス(英: corpus)は、言語学において、自然言語処理の研究に用いるため、自然言語の文章を構造化し大規模に集積したもの。コンピュータ利用が進み、電子化データとして提供している。

つまり「言語のデータベース」ってこと!

エレガントで実践的な英単語を学びたいなら、キクタンで決まりです!

 

キクタンで身に付けた語彙力は、大学留学をした際にも十分効果を発揮してくれました。そして初めて「この単語帳はスゴイぞ!」って気付いたんですね。いや、合格に導いてくれただけでも十分なんですが、その「先まで」考えて設計されていたなんて・・・。

恐るべき単語帳です。

 

3.単語王2202

受験英語で最強の単語帳といったら「単語王」以外には存在しません。

大学受験だけでなく、英検準1級を受けるときにも大活躍しました。その理由はなんといっても基礎力から中級、上級英単語とマルチに活躍できる英単語が厳選して掲載されている点です。

とはいっても、英検準1級の全てをカバーするまでの実力はないので、キクタンと組み合わせることで効果を最大限にまで引き出すことができるでしょう。

単語王で基礎力をつけ、キクタンで英検に特化する。

この2冊で身に付けることの出来る語彙力は、この先の英検準1級を超えて、英検1級やTOEFL、IELTSなどの超高等な英語の試験まで対応可能と感じています(もちろん特化した単語は必要ですが、基礎力という意味では十分です)。

私は単語王の背表紙が破れ、手垢で汚くなるまでやり込みました。

そのおかげもあって、英検準1級の問題自体を難しいと感じることはなく、キクタン英検準1級で集中的かつ効率的に語彙力を増やすことが出来ました。

このタッグは本当に使えるのでオススメです。

 

4.英文読解の透視図

隠れた名著の英文読解の透視図をセレクトしました。

その意図はズバリ「未来永劫つかえる英文解釈のチカラを手に入れてもらいたい」からです。

英文解釈という分野においては、個人的にはこの「英文読解の透視図」が最強だと思っています。それくらい難しく、やり甲斐のある問題集となっています。

 

そして、この問題集をやりこんだ暁には、英検準1級の長文問題が「楽に感じられる」ようになります。

基礎に立ち返るつつ、かなり難解な問題に挑戦していく英文読解の透視図は、見たこともない英語の景色へアナタを連れて行ってくれることでしょう。

問題文や解説の質、分野の選定など、細部にまでこだわってつくられた参考書だと感じました。

ホンモノの読解力を身に付けて、英検準1級で学ぶこと以上を目指したいアナタは挑戦してみて下さい。得るものがありすぎて「目からウロコ」の一冊となるでしょう。

※なお、難しすぎて「目からナミダ」の場合もあり得ます。

 

5.TOEIC L&R TEST パート3・4特急 実力養成ドリル

なぜTOEIC?と思った人もいるかもしれません。しかし、究極的にはTOEICも英検も「英語」なので、本質的な違いは存在しません。

だからこそ、TOEICの参考書も最良の英検準1級の参考書となります。

 

私は英検準1級のリスニングが難しいと感じた場合の、「基礎トレーニング」としての位置づけで選考しました。

特に英検準1級は、リスニング対策の参考書の数が少ないです。ですので良質で代替のきくものを揃える必要がありました。その為に私が活用していた1冊なんです。

「過去問で英検準1級の傾向を吸収しつつ、TOEIC問題集で基礎を築き上げていく」

このスタイルが、英検準1級で高得点をとる秘訣だと感じています。この教材はスクリプトや穴埋め問題など、音声を使って様々なトレーニングを積むことができるので、英検準1級の基礎力向上にはもってこいなのです。

 

また、TOEICの問題は「実践にそったコミュニケーション」なので、解いていくことでコミュニケーションとしての英語力が身につきます。

英検準1級も実践的ですが、TOEICよりもレベルが上がってしまうので、難しいと感じる人も多いと思います。その前段階として、ぜひ活用してもらいたいと思っています。

英検準1級の基礎力を身に付けながら、コミュニケーション力も養えるなんて一石二鳥ですよね!

 

6.入門編 英作文のトレーニング

英検準1級で忘れてはいけないのが、なんといっても英作文です。

勉強の方針としては過去問で対策を重ねていくのがセオリーなので、あくまでも補助的な教材として「英作文のトレーニング」を利用するのがベストです。

この参考書を選んだ理由は、

  • 基礎力が重視されている
  • ネイティブに近い考え方で英作文ができるようになる

という点があるからです。普段から英語を書き慣れていない私達にとっては、この「基礎力」がより重要となってくるのです。

いきなり難しい文章を書くのは愚の骨頂であり、ミスを誘発します。それでは合格できません。

ですから、まずは基礎を学び文章の組み立て方を学んでいくのです。

 

近年の英作文をみていると、まずは文章のロジック(構成)をしっかりと考え、的確な表現が求められているようです。

豊かな表現は加点となりそうですが、必ずしも必要な必須項目とはなっていない感じが見受けられます。そうなると目指すべきは、「適切な文章構成」と「ミスの少ない文法」ということになります。

その英作文の「基本的なあれこれ」を学ぶことが出来る教材です。

 

7.英検準1級予想問題ドリル

過去問を解いたら、予想問題も解いておきましょう。とはいえ、予想問題ドリルなので、過去問の補助として活用することを考えるのがベストです。

具体的には、時間配分の確認や英作文のトレーニング。語彙力の強化に効果的です。

ボリュームもレベルも本番を想定して作成されているので、ある程度の問題の類似性は担保されると考えていますので、時間を通して「模試」として活用するのも良さそうです。

問題のレベルとしては、本番よりも少し難しいくらいなので、高地トレーニング的な要素として取り組んでみて下さい。

ガシガシ使ってあげて、練習していくのにオススメです!値段が安いもオススメなポイント。

まとめ

以上、本当に使える英検準1級の参考書7冊を紹介しました!

知っている問題集もあれば、知らない問題集もあったかもしれません。しかし、どれも「英検準1級合格には必要な参考書」だと私は思っています。

流石に全部はムリよ・・・と思う人も、まずは自分の苦手なパートを分析し、弱点を克服する為の1冊として活用してくれても構いません。どれも素晴らしい参考書です。

英検準1級に合格するには、毎日コツコツと積み上げる揺るぎない英語力が必要です。

その為にも、ここに挙げた参考書を使って「合格に必要なチカラ」を養ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
HIRO
フィリピン・セブ島のスラム街で、ボランティアを始めたキッカケから、フィリピンで働くことに。セブ島観光のエキスパートになって、「エキサイトセブ」というマガジンサイトでライターを経験。お仕事のご依頼は→ info.f.hiro”あっとまーく”gmail.com まで。

更新情報はSNSでお届け