NZのカフェ文化とコーヒーメニューを徹底解説!日本との違いは?

大勢の人で賑わうウェリントンのカフェ

こんにちは、現在ニュージーランド在住のAkaneです。1週間前に続き、再度寄稿者としてお邪魔させて頂きます!

前回のニュージーランドのファーマーズマーケットについてのポストは楽しんで頂けましたか?今後旅行の予定がある方も、留学などで長期滞在の予定がある方も、実際に現地で生活中のところを事前に想像する助けになれば幸いです。

さて、第二回目となる今回の記事でもニュージーランド生活に焦点を宛てたお題をご用意しています。それは「ニュージーランドのカフェとコーヒー文化」

全てのニュージーランド人と切っても切れない存在であると言っても過言ではないカフェとコーヒー。その文化背景と日本との違い、そして実は結構複雑なコーヒーのメニューについて詳しく解説します!

ニュージーランドのカフェ文化

ビーチ沿いにあるボヘミアンなレトロカフェ

ニュージーランドにおけるカフェ、コーヒー文化など接客業界(ホスピタリティ)の質の高さは「キウィ・ホスピタリティ」と呼ばれるほど世界的に有名です。それもそのはず、カフェの利用はニュージーランド人にとって大切な日常生活の一部なのです。

平日の早朝には建設現場作業員が砂糖盛りのコーヒーを、朝の通勤ラッシュ前後には周囲で働くビジネスマン達がコーヒーと朝食を、昼食時とその後にはご近所の老夫婦たちがランチとアフタヌーンティーを、そして午後と夕方前には帰宅前の学生がホットチョコレートを買いに訪れます。

そして週末には友達同士で遊びに出かけている若者たちや、小さいお子様を連れた家族連れなど、大勢の人たちで賑わいます。

社交の場としての機能

そしてカフェはただ乾いた喉やお腹を満たすための場所ではありません。

街の一角のカフェに一歩足を踏み入れるてみると、お店のスタッフ、スタッフとお客さん、お客さん同士、皆がそれぞれの立場関係なく、コーヒーを片手にお喋りを楽しんでいるシーンに良く遭遇します。

カフェの空間自体がとてもオープンな雰囲気になっていて、人々の大事な社交の場としての機能も果たしているんです。

その場に居合わせた人同士話が弾んで友達になったり、または一緒にビジネスを始めることになったり。カフェという空間がきっかけで産まれる人々の繋がりが秘めた可能性はとても大きいものなのです。

日本との違い

ウェリントンの街の一角にある、いつも常連客で賑わっている小さなカフェ

日本においてカフェというと今やスターバックスなどの大手チェーン店が殆どを締めていますが、ニュージーランドでは殆どのカフェが個人経営。コーヒーの豆の卸売業者も全国で多数に上ります。

それぞれのカフェオーナー達は他のカフェとの差別化を図り人々を惹きつける店作りを続けるべく、日夜しのぎを削っています。

営業時間の違い

営業時間においては殆どのカフェで大体早朝6時~7時ころに開店し、午後3時頃には閉店します。夕方や夜遅くまで開いているカフェもある日本とは違い、かなりゆったりとした営業方針です。

こちらでは人々のカフェの利用時間が日常生活のサイクルの一つとして染み付いているため、午後のアフタヌーンティ以降は利用客が愕然と少なくなり、夜遅くまで開けていても然程利益を得られないのです。

加えてこの背景には先程触れた個人経営のカフェが多いことも関係し、これらは少人数制もしくは家族経営であることがほとんどです。従業員の事を思慮した経営方針が反映されているともいえます。

フードメニューとテーブルサービス

ニュージーランドのカフェでは、レストランと同じくテーブルサービスをしてくれるところが殆どです。

これに伴いフードメニューも店のカウンター近くのキャビネットに並べられた、その日に作られたフレッシュなマフィンなどの焼き菓子、お手軽なサンドイッチやサラダの他、レストランと同じようなスープなどのランチメニューがあり充実しています。

この点においては、大手チェーンではない個人経営の日本の喫茶店とよく似ていますね。

コーヒーメニュー

日本ではその古き喫茶店文化に根付いたフィルターコーヒーが未だ根強い人気を誇りますが、ここニュージーランドでは俄然エスプレッソコーヒーが主流です。

最近ではハンドドリップ式、フィルターコーヒーを提供するカフェも増えてきましたが、都心部以外では基本全てのカフェでエスプレッソコーヒーを提供しています。

ニュージーランドのコーヒーメニュー解説

スターバックスの普及により今や日本でもエスプレッソコーヒーは主流となりましたが、その多様なメニューと一つ一つの違いについてはあまり詳しくないという人も多いのではないでしょうか?

ここニュージーランド・オーストラリアでは、イタリアからの基本のエスプレッソコーヒーメニューを独自にアレンジしたメニューが沢山存在しているんです。

そのため、その種類の多さに何を頼めばいいか迷ったり、メニューによってどう違うのか分からず実際カフェで注文する際に混乱する人も多いと聞きます。

そこで今回は、コーヒーキャピタルと呼ばれる小さな首都ウェリントンのカフェで現役バリスタとして働いている私が、これらのメニューの特徴や違いを丁寧に解説したいと思います!

ブラックコーヒー

熱いお湯にエスプレッソを注いだ、ロング・ブラック

まずコーヒーメニューはざっくり2つに分けられます。エスプレッソショットにいくらかフォームミルクを含んだスチームミルクを注いだホワイトコーヒー、そしてミルクなしでサーブされるブラックコーヒーです。

ブラックの定番はロング・ブラック(写真)。小さなサイズのカップ(6オンス、もしくは8オンス)にお湯を注ぎ、そこにエスプレッソショットを落としたものです。

日本で人気のアメリカーノは、こちらではラージサイズ(12オンス)のロング・ブラックと同じ定義となります。

そしてエスプレッソショットを小さなデミタスカップに落とし、そのままサーブするのがエスプレッソ。ニュージーランドではショート・ブラックと呼ばれることが普通です。ここでエスプレッソショットを通常より少し早めに止めてサーブされたものがリストレットエスプレッソでもっとも苦味を含んだ部分を取り入れないことで、甘めで飲みやすい味を実現しています。

その他にショート・ブラックとロング・ブラックの中間にあたるドッピオ(ショート・ロング・ブラックというややこしい名前で呼ばれることも…)があります。

ホワイトコーヒー

美しいラテアートとともにサーブされたラテ

ホワイトの定番といえば、ニュージーランド発祥説とオーストラリア発祥説とあるフラット・ホワイトです。アメリカ・シアトル発のスターバックスが提供しはじめたことからもご存じの方は多いのではないでしょうか?

他の人気ホワイトコーヒーであるラテ(写真)、カプチーノはそこそこ厚いフォームミルクが温かいスチームミルクの上に乗っかっているのに対し、フラット・ホワイトはその層が薄くなっているので、フォームミルクの自然な甘味とふわっとした舌触りが少なく、コーヒー本来の味をより楽しめます。

カフェによって正確な定義に多少の誤差はありますが、一般的にフラット・ホワイトは1~2mm、ラテは5mm、カプチーノは1cmのフォームミルクを含んだものになります。カプチーノはフォームの上にさらにココアパウダーを上に降りかけるのがニュージーランド式。

この代表的な3つのメニュー以外に、ミニサイズのラテともいえるピコロ・ラテ(4~5オンス)、ショート・ブラックの上に少しのフォームミルクを落としたショート・マキアート(これがロング・ブラックの上だとロング・マキアート)、エスプレッソにチョコレートソースを混ぜてスチームミルクとラテと同じ分量のフォームミルクを加えるモカがあります。

その他のドリンク

子供から大人まで大人気、ホットチョコレート

小さなお子様用メニューの定番、ふわふわなフォームミルクのみを小さなカップに盛りココアパウダーをかけたフラッフィは、家族連れでごった返す週末に飛ぶように注文が入ります。

これと並んでお子様から実は大人にも大人気のメニューとして、チョコレートソースにフォームミルクを注いで作られるホット・チョコレートがあります(写真)。これらは一緒にマシュマロが添えてサーブされます。ニュージーランド人はあまーいものが大好き!

寒い冬の間や風邪気味の時はすりおろし生姜にレモンの絞り汁、はちみつを加え、それを熱いお湯で割ったレモン・ハニー・ジンジャーがオススメです。

インドのスパイスであるチャイをホットミルクで割ったチャイラテは、シナモンパウダーを上に振りかけて。

もちろん紅茶も人気です。イングリッシュ・ブレックファースト、アールグレイ、ペパーミントなど、どこのカフェも基本のフレイバーを取り揃えています。

健康志向のカフェでは様々な味のフレッシュスムージーや、生搾りのフルーツジュースも味わえます。

番外編:実は選べる牛乳

乳製品に対しアレルギーのある人やビーガンの人にも牛乳を含んだドリンクを味わってもらえるよう、牛乳は多彩な種類の中から選べます

一般的に使われる牛乳であるホールミルクに加え、乳脂肪のトリムミルク、豆乳ソイミルクアーモンドミルク、更にライスミルクココナッツミルクなど、なんでもござれ。

トリムで注文するのは無料ででき、ソイ以降の牛乳を選ぶと基本のドリンク料金に追加で50セントほどかかります。

そしてトリムとソイは大体どこのカフェでも常備されていますが、アーモンド、ライス、ココナッツの3種類については常備していないカフェもあるので、注文時に聞いてみてください。

ニュージーランドならではのドリンクとフードを味わおう

英語の勉強兼ね、複雑なメニューを自分流にカスタマイズして頼んでみてください

いかがでしたか?日本とのカフェとの違いやコーヒーメニューにも細かな違いがあることがお分かり頂けたかと思います。

ニュージーランドではコーヒーは基本そのままの味を味わう風習があり、コーヒーの上にホイップクリームを乗せたり、キャラメルソースを混ぜたりすることは一般的ではありません。

その分、職人たちが築きあげてきたコーヒー文化を反映するコーヒーそのものの味や香りを楽しんだり、日本ではあまり馴染みのないメニューや牛乳を使ったドリンクを味わえるという特徴があります。

カフェの利用時にはこれらのメニューや牛乳などを色々と試してみて、自分のお気に入りのドリンクを見つけてみてください!

The following two tabs change content below.
Akane
旅するフリーランスイラストレーター、グラフィックデザイナー+バリスタ。4年以上に渡り世界を旅する中、行く先々で出会ったクライアントと様々なプロジェクトにデザイナーとして関わり続ける。国際交流と写真と旅が大好物。おいしいコーヒーと太陽とヨガが充電源。海外生活と旅のブログ:Wanderingbee