【WordPress基礎】サイトのカスタマイズに欠かせない子テーマについて

SPONSORED LINK

WordPressをカスタマイズするときは、子テーマの存在を無視できません。

既存のWordPressテーマに対してカスタマイズをする際に重要な要素としてWordPress Codexでも推奨されていることなのです。

でも、一般的に小テーマと言われてもピンときませんよね。今日はこれからWordPressでブログを運営していく時に必須になる子テーマについて解説します。

WordPressの子テーマとは

みなさんもご存知の通りWordPressにはテーマというものが存在しています。

これは、いわゆるテンプレートと呼ばれるものであり、デザインとしてWordPressをカスタマイズしてくれる便利なファイルのことを指しています。

そして、そのテーマをカスタマイズしたい時には、テーマ内の各phpファイルないしcssファイルを書き換える必要があります。

多くの場合においては問題ありません。

しかし、もし何らかの操作ミスをしてしまい、ファイル内の論理の整合性が取れないように改変してしまったらどうでしょうか。直し方が分からない場合、下手をするとWordPressサイト自体の閲覧が不可能になってしまう危険性もあります。

 

また、子テーマの存在により、ブログテーマのアップデートの影響を受けずに、カスタマイズした箇所を引き継ぐことができます。

親テーマに書き加えたりした場合、テーマのアップデートとともに書き換えた箇所(カスタマイズ箇所)も一旦リセットされてしまいますが、子テーマにカスタマイズ事項を書き込んでおけばそれらを回避することができます。

簡単に言うと、カスタマイズした箇所を別のファイルで保存しておくことで「親テーマがアップデートされてもカスタマイズした部分はアップデートされない」ということです。

 

WordPressの子テーマの機能性

wordpress2

基本的には上記で説明した内容で十分なのですが、実際にWordPressというCMSの中で、子テーマがどのように働いているのか追加で説明していきます。

WordPress Codexでは小テーマは以下のように定義されています。

子テーマは、親テーマと呼ばれる別のテーマの機能とスタイルを継承したテーマです。既存のテーマを変更する方法として、子テーマが推奨されています。

またSimplicityの製作者であるわいひらさんは、このように説明しています。

「親テーマ(既存のテーマ)」の機能とスタイルを「子テーマ」が引き継いだところに、スタイルなどの変更(カスタマイズ)を加え、ブラウザに表示させます。

以上からわかるように、WordPressの小テーマの機能は「親テーマを読み込み、カスタマイズ事項(cssなど)が存在すれば子テーマが優先される」といったところに集約されます。

 

子テーマのメリット

WordPress Codexには子テーマのメリットについて以下のように記述しています。

  • テーマを直接変更した場合、そのテーマがアップデートされると変更が失われるかもしれません。子テーマを使用すればテーマの変更は確実に保持されます
  • 子テーマを使用することで開発時間を短縮できます。
  • 子テーマの使用することでWordPressのテーマの開発を良い形で学べます

一番のメリットはなんといっても、本テーマがアップデートされてもカスタマイズされた箇所は引き継がれるということでしょう。

この辺の詳しい説明は、わいひらさんの運営する寝ログに詳しく書かれています。

 

小テーマを作る方法

wordpress3

WordPressのテーマって聞くとなんだか難しそうに聞こえますが、決してそんなことはありません。小テーマはとても簡単に作ることができるのです。

今回はバズ部が配布しているXeory Baseの子テーマを作成していきます。

ちなみに子テーマを作成する際に必要な要素は①フォルダ、②functions.php、③style.cssの3つのみです。簡単ですね。

 

Xeory Baseの小テーマを作ろう

xeory-base

バズ部が配布している優良テーマ「Xeory Base」なんですが、一つ大きな欠点があります。それは、「大部分においてカスタマイズが必要」ということ。

シンプルで使いやすいテーマなんですが、ところどころユーザーフレンドリーでない箇所が多いのが欠点です。個人的にはとても使いたいテーマのですが、カスタマイズが必要な部分が多すぎるので使用は断念しました。

とはいえ、中にはXeory Baseをなにがなんでも使いたい!なんて人もいるはずです。もちろんバズ部ではこのテーマに対して子テーマを配布していませんので、自作する必要があります。

なので、自分のブログでXeory Baseを使いたいよ!っていう人のために、カスタマイズするための基盤であるXeory_base-childの作成方法を紹介していきます

 

デスクトップにファイルを作る

desk-top

デスクトップに「xeory_base-child」という名称のフォルダを作っておきます。フォルダ内にはこれから、functions.phpファイルとstyle.cssファイルを作ります。

 

style.cssの作成

text-editor

テキストエディタを開いて以下のコードをコピペしてください。

ファイル名を「style.css」として保存します。

今後子テーマを使用してデザインを変更する場合は、この子テーマ内に存在するstyle.cssファイルに変更を書き加えていくことになります。

次にfunctions.phpのファイルを作成します。

 

functions.phpの作成

上のstyle.cssと同様にテキストエディターを開いて以下のコードをコピーします。

このコードは、「WordPressのテーマを読み込むとき、子テーマから先に読み込み、それ以外の箇所については親テーマを参照する」という命令が書き込まれています。

このファイルがないと正常に子テーマが作動しないので、忘れないようにしましょう。フォルダ名の間違いでも読み込まないので気をつけてください。

 

フォルダをzip圧縮してアップロード

フォルダ内にstyle.cssとfunctions.phpのファイルがあることを確認したら、Xeory_base-childのフォルダごとzip拡張子に圧縮します。

これはWordPressのダッシュボードから「外観→テーマ」へと進み、子テーマをアップロードするときにzip拡張子でないとアップロードできないからです。他にもFTTPクライアントを使用して、サーバーに直接アップロードする方法もありますが今回は使用しません。

テーマを変更する要領で、圧縮したzipフォルダをまるっとアップロードして有効化させるだけです。

 

以上、バズ部のXeory Baseを例にとってWordPressの子テーマ作り方を解説しました。

日本を代表する無料優良テーマのsimplicityにもStingerにも子テーマは無料で配布されていますので、他では解説しません。Xeory Baseを使いたい人はカスタマイズの前に小テーマを作って、自由にカスタマイズしてください。

カスタマイズこそWordPressの醍醐味といえますよ。

 

まとめ

WordPressの基礎中の基礎である子テーマについて解説してみました。

テーマをアップデートしてもカスタマイズした部分が引き継がれるので、WordPressを使用している人にはとっても大事な内容だったと思います。

またバズ部にあこがれてXeory Baseを使用したい人向けに、子テーマの作成方法も記載しておきました。Xeory Baseを使用してブログを始めたい人必見ですよ。

以上、WordPressの重要トピック「子テーマについて」でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。