【C#の基礎】C#はどのような言語なのか?その特徴とアドバンテージについて

連載企画としてC#の基礎を記事にして公開していきます。今までアルゴリズムやサーバー周りの環境については言及してきました。

今日はC#の特徴を紹介します。一体どのような言語なのか、という基本的な知識を書いていきます。これからC#の勉強を始める人にとって十分となるでしょう。

知っている人も知らない人も、今一度知識の再確認としていかがでしょうか。

C#の事前知識

C#はまだまだ歴史の古いプログラミング言語ではありますが、広く世界的に使用されおり、かつ注目されている言語です。

そもそもC#は、ビル・ゲイツ率いるMicrosoftが従来より使用されていたC言語をベースに開発したプログラミング言語です。Microsoftが提唱する.NET構想において中核をなすプログラミング言語であり、世界中から注目を集めています。

 

C#は実に様々なプログラミング言語の影響を受けています。

元々も基礎となったC言語に加え、C++の一種の進化系と位置づけられていて、なおかつJavaの影響をも受けています。こうした様々な言語を参考にしているため、C#は非常に汎用性の高いプログラミング言語として注目を集めているのです。

 

C#はMicrosoft発の技術として注目をあつめると同時に、国際的な標準言語として認知されています。こうした背景により、C#は長年に渡って開発用の言語として広く使用されています。

 

C#のアドバンテージ

computer-1209641_640

C#を利用するアドバンテージについてまとめてみました。広く使用されている言語だけあって、学習して身に付けるのも良いのもしれないと思っています。そのアドバンテージとは以下のとおりです。

  • 生産性の良さ、効率の高さが素晴らしい
  • 学習時間に費やした投資分を用意に回収できるほど、開発効率が良い
  • カバーする範囲が広いため、多種多様なプログラミングに対応できる
  • C++やJavaのように使っても実用性を発揮する汎用性の高い言語

となっています。

C#から勉強をスタートしたとしても、C++やJavaなどの影響を受けて進化してきたプログラミング言語なため、その他の言語を勉強するには十分な言語と言えます。

 

C#とその他の言語

C#はメモリ管理とデータ型での厳密が最大の特徴です。それらを比較するため、その他の言語からみたC#について言及していきます。

 

CやC++からみたC#

C#はメモリ管理が自動化されているので、C言語やC++のコーディング作業に比べて作業が手軽であるという利点があります。

 

JavaからみたC#

Javaに比べてC#はより現実的なプログラミング言語であり、Javaと比べるとどんな処理でも容易に書けるという利便性があります。

 

Visual BasicからみたC#

Visual Basicに比べてC#は、取り扱うデータ型が厳密なためにコンパイラがバグを見つけやすくなっています。

これまでのプログラミングはデバッグとの戦いでしたが、コンパイラ側がバグを見つけやすくなっているので、コーディング作業におけるデバッグに割く時間が少なくなったといえます。

 

まとめ

C#の基礎知識についてまとめてみました。世界的にITの世界で幅を利かしているMicrosoftが開発した技術なので、非常に使いやすいという評判が多いです。

そしてなにより、幅広くカバーしているプログラミング言語なので汎用性が高く、C#から派生して様々な言語を勉強するのにも向いているといえます。ここでは言及していませんが、C#の開発環境(IDE)であるVisual Studio Communityが無料で配布されているのも利点の一つです。

初めてプログラミングを勉強する人、ぜひともC#から初めてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター。フィリピンで就業、カナダで語学留学を経験しニュージーランドで大学を卒業。 TECH::CAMPの二十九期生としてRuby / Ruby on Railsを勉強しました。記事の執筆・広告は「お問い合わせ」からお願いします。