なぜ英検準1級の難易度は高いの?あなたが合格に必要なコト

SPONSORED LINK

「英検準1級って難しいよ・・・」とか、「こんな問題、ドン引きだよ!」なんて思っていませんか?

確かにこの試験は難しいです。僕だって一度落ちた経験があります。一度落ちてしまったら、あまりの落胆でやる気を失ってしまいますよね。

それくらい手強くまとまっている試験だと感じています。

このブログでは、これまでに詳しすぎるほどの対策法を記事にしてきました。ここで今一度立ち止まって、英検準1級の試験の基礎知識やメリットなどをまとめておきたいと思っています。

英検はどんな試験なのか?

正式名称は実用英語技能検定試験となっていて、簡単にいってしまうと「英語を技能として活用できるか」が問われる資格です。

現在では階級が5級から1級まで設定されており、1年間を通して3回の受験が可能となっています。受ける級によりライテイングやスピーキングなどが追加され、段階的に英語力をはかる事ができる資格となっています。

→ 英検 公益財団法人日本英語検定協会の公式ページ

そんな英検の実施団体は「公益財団法人 日本英語検定協会」といって、日本の英語教育界の重鎮的な存在として無視できない団体です。英検は日本で最も権威ある団体が作り込んでいるのです。だから信頼できる。

 

英検準1級のレベルについて

ここからは英検準1級の特徴や難易度をみていくことにしましょう。

英検準1級を目指す人、そして本気で英語力を磨いていきたい人、英検準1級って難しそうだけどチャレンジしてみようかなと思う人。

それぞれの人に向けて、細かく英検準1級を分析していきます。

 

英検準1級の試験内容

公式ホームページにはこのように書かれています。

準1級は、最終目標である1級の手前まで着実に力をつけているレベルで、およそ大学中級程度とされています。社会生活で求められる英語を十分理解し、また 使用できることが求められます。

入試優遇や単位認定はもちろん、教員採用試験に優遇されたり、海外留学にも多方面で幅広く適用される資格です。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

ここでの「大学中級程度」という部分について、僕の経験から訂正しておくと、「(海外の)大学中級程度」になります。

括弧の中に「海外の」が付くことを忘れないようにしてください。日本人の大学生に求められる英語力の2倍くらいの英語力が求められますので、みなさん簡単だと思って挫折するんですよね。

日本の大学生だったら英検準1級までは求められません。というか合格出来るのも一握りのレベルでしょう。

ちなみに私自身はニュージーランドの大学卒業ですが、英検準1級ので英語力で授業に困りませんでした。英検準1級に合格するメリットは別の記事で紹介しています。

 

英検準1級で問われる分野とレベル

英検準1級の試験は4つのパートから構成されています。

  • リーディングパート
  • リスニングパート
  • ライティングパート
  • スピーキングパート(面接)

パートの特徴を説明することはしませんが、とにかく問題の質が高いとでも思ってください。英検準1級保持者はTOEIC換算で800点以上が可能となるレベルです。

 

その中でも一番むずかしいとされるのがリーディングパートであり、英検2級と比べると長文になると文章量も難易度も格段にあがってしまいます。これが英検準1級の合格率を押し下げている理由でしょう。

 

そんな英検準1級ですが、長文問題で問われる分野は下からが多いようです。

  • 政治
  • 経済
  • ビジネス
  • 芸術
  • 言語学
  • 教育
  • 科学
  • 医療

学会などで発表されるような、論文に近い内容の長文が並びます。英検準1級の長文問題は英語の知識や能力だけでなく、時事問題や幅広い知的好奇心を問われる内容となっているんですね。

ただ単に英語だけを勉強するのではなく、本や新聞から情報収集をしっかりとしておく必要があります。

こうした専門的な内容への対策は、Z会から発売されている「話題別英単語リンガメタリカ」がオススメです。

読み物として興味深いだけでなく、専門分野のボキャブラリーや社会分野に対する知識を吸収できる良書です。

 

まとめ

以上、英検準1級を受験する人が知っておくべき知識をまとめておきました。

これらの知識を知ったからと言って、必ずしも合格するとは限りません。このブログではあなたに「合格するためのキッカケを与えた」にすぎないのです。

合格するか、合格しないかはあなたがどれくらい真剣に取り組むにかかっています。決してやった気にならず、一つ一つを積み重ねていって合格に向かって突き進んでもらいたいと思っています。

英検準1級は難しいし、多くの人が実際に挫折するレベルでもあります。

足元を固めつつ進めていってくださいね。サッカーだってボールの正しい蹴り方を知らなければ、その人は一生プロにはなれないでしょう?

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。