最短で英検準1級に合格したい!という人に贈る3つのアドバイス

手っ取り早く英検準1級に受かりたい。そう夢を見る人も多いはず。

実際のところ甘くはないし、適当に試験を受けて受かるような資格でもないんだけどね。「1ヶ月で合格する方法を教えて!」って言われてもムリなものはムリ、としか言いようがない。

それでも最短で合格する方法は、あるにはある。根気よく勉強することになるとは思うけど、英検準1級のレベルを知り、効率よく対策を行えば最短で3ヶ月くらいでの合格は可能だと思っている。

今回はそんな「できるだけ手っ取り早く合格したい!」と思っている人のために、英検準1級を最短でパスする為の「重点的勉強法」のアドバイスを送ろうと思っているので、ぜひとも参考にしてもらいたい。

とにかく単語帳を仕上げろ

何度も言ってますけど英検準一級は「あなたの単語力がどれだけあるか」に左右されてしまう。

えっ、本当に?とか思ったあなたは、まずは英検準一級の過去問を開いてみよう。

一番初めの語彙力問題で思いっきりブン殴られるだろうから。単語?それ美味しいの?とか思ってるあなたは永久に、英検準1級には受からないだろう。

逆に言ってしまうと、ある程度の基礎力を持っていれば、語彙力を鍛えることで十分に合格する可能性はあるってことだ。

英検準1級ホルダーである僕がオススメする単語帳は「英語検定(英検)準1級にオススメな3冊の単語帳をまとめる」で、英検準1級に合格するための具体的な勉強方法は「【保存版】絶対に受かる!英語検定(英検)準1級に合格する勉強法」でそれぞれ解説しているので、是非とも読んでもらいたい。

 

 

英語を聞きまくれ

英検準1級の第二の壁はリスニングといってもいいかもしれない。

ここのリスニングは本当に難しい。なんせ日常的な場面が選ばれて、問題文に雑音が入ったりと色々するわけです。よりリアルな会話を聞き取る能力が求められているのが、英検準1級を難しくしている所以だと思っている。

 

リスニングを鍛えるにはまず、流れてくる英語の音正確に聞き取れるかどうかが重要になってくる。アルファベット、単語、綴り、構文、文法。リスニングの問題は最も総合力が問われるセクションだと思ってもらってかまわない。

ただ、構文や文法で難しいのものは問われないので、ちゃんと英語の音に慣れ、その上で聞き取れていれば、リスニングセクションでの合格点を取ることは難しくないだろう。これは断言できる。

 

そして、英検準1級の受験者がまず目指べきは「英語の環境に慣れる」ということに他ならないと僕は考える。

洋楽しかり、ドラマしかり、TEDしかり。英語に取り囲まれる環境に慣れ、流れてくる英語の1つ1つを「聞き取ろう」とする努力が大切だ。実際の試験の対策は過去問でおこなうのが最も効率的なやり方なので、「試験用の対策」で説明することにする。

だからこそ、語彙力を鍛えている間にはリスニングの基礎力を備えておくことが大切だ。過去問でリスニング問題に対する回答力を固めよう。

 

過去問を解きまくれ

英検準一級に合格したいなら過去問と予想問題を解きまくれ。合格への最短距離を走るにはコレしかない。

オススメは時間を測って問題を解いて、復習に力を入れていく勉強方法だ。

分からない単語や構文、表現は全てチェックを入れて単語カードに書き写し、スキマ時間に覚えることが大切だ。長文を読んで分からない部分は、解説と照らし合わせて訳を確認して、さらには音読と黙読を重ねて体に英語を刷り込んでいこう。

 

英検準1級で出題される長文問題は、「英文解釈と言い換え問題に集約される」といっても過言ではない。

だからこそ上でやったように、英語の文章の一つ一つを的確に捉える訓練を積んでいこう。そのうえで、音読や黙読を踏まえて「英語を体に覚えさえる」ことが大事になる。英語というのは所詮は言語なのだから、体(脳)に蓄積された単語・表現・文法が多ければ多いほど、その理解も適応も早くなるものだ。

あなたの脳に英語のデータベース(知識)を、ドンドン蓄積させよう。

もしこの時点で分からない単語が多すぎる場合は、きっと英検準一級を受験するに至らない単語力であることが考えられる。もう一度振り出しに戻り、語彙力を鍛えることから再スタートすることをオススメする。

「英語のすべては語彙力で決まる」

この言葉を忘れずに、英検準1級の対策に乗り出してほしい。

また、過去問を攻略することで問題のレベルやクセを知ることができる。闇雲に突き進むよりも、まずは攻略すべき山を一度体験してみることも大切かもしれない。そういう意味では、英検準1級の勉強を始める前に、一回分だけ過去問を説いてみるのも良いだろう。

その難しさに戦慄を覚えるはず。登るべき道と頂点を知ってから、その過程をたどるのも効率的かもしれない。

 

英検準1級を対策するときにオススメな参考書等は、「【保存版】絶対に受かる!英語検定(英検)準1級に合格する勉強法」でも詳しく解説しているので、ぜひとも参考にしてもらいたい。

どれも良書ばかりなので、丁寧に取り組んでみることをオススメする。英検準1級を取ること自体はさほど難しくはないけれど、合格するにはそれなりの努力して、苦難を乗り越える必要がある。

修行だと思って、焦ることなく進んでもらいたい。

 

まとめ

以上、ただ英検準1級の合格に向かって、つき進むためのアドバイスを3つ書き出してみた。

きっと不足に思う人もいるかもしれないし、英検準1級の問題が簡単に思えるかもしれない。だけどそれは大きな間違いであることを忘れないように。英検準1級への合格の道のりは思っているよりも険しいものになるはずだ。

是非ともここで紹介した記事を参考にして、たくさんの英語に触れて、英検準1級の取得に励んでもらいたい。

SPONSORED LINK

更新情報はSNSでお届け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター。フィリピンで就業、カナダで語学留学を経験しニュージーランドで大学を卒業。 TECH::CAMPの二十九期生としてRuby / Ruby on Railsを勉強しました。記事の執筆・広告は「お問い合わせ」からお願いします。