TOEICを受験して何が得られるのだろう?TOEIC受験のメリットを考えてみた

SPONSORED LINK

TOEICなんて嫌いだ!

僕は本当にそう思っているのだけど、元TOEIC講師として、750点を取った教え子をも受け持った経験のある講師として、TOEICはなかなか切り離せない。

ブログでも常々語っているのですが、僕はどう考えても英検派です。それでもTOEICについて言うなれば、全国学力テストみたいなものだの思っています。全国じゃなくて全世界版のね、ですけど。

全体と比べて、相対的に自分の英語力を図ることができるからです(もちろんTOEICで返される得点も相対的に変わってくる)。そんな中、TOEIC で得られるメリットって何だろうかと少し考えてみることにしました。

この記事を読んだことで、多くの人は「やっぱりTOEICの方が有用じゃないか!」と、とんだ勘違いを起こさないことを願っています。

英語需要の増加

近年になって円安や観光需要、とりわけオリンピックの影響により、たくさんの外国人を日本で見かけるようになりました。

それと同様に日本人が海外で働いたり、旅行で出かけるなど、以前と比べると海外は身近な存在になってきていると感じています。個人としてはワクワクなんだけど。

とはいえ、そんなイベントのおかげもあって、英語の重要性は以前より増して高まっているのを感じられます。

そこで英語の実力を評価する指標の一つに、TOEICという試験があるわけです。もちろん知らない人はいないと思います。もし知らないという人がいるのであれば、英語なんかを勉強する前に社会のことに興味を持った方が良い。

このTOEICはただ単純に点数が出るだけではなく、様々なメリットも同時に享受できる優れたテストとしても知られているんです。というわけで、そのメリットを探っていくことにしましょう。

 

TOEICの優れた点

既知の事実かもしれないけれど、TOEICはリスニングとリーディングが半分ずつで合計990点の試験です。

試験後に郵送(またはネットでみれる)で送られてくる試験結果には分析表がついていて、リスニングとリーディングのどちらが自分にとっての弱点なのかを測ることができるんです。そしてなんと、それだけの単純な分析ではなくオマケも付いてきます。

どのようなシーンで英語力が足りていないのか、という自分の英語力の細かい部分を解析して、まとめてくれるのです。

試験で取れた点数が、実生活でどのレベルに相当するのかを知ることができる優れものです。

例えば500点~595点を取得した場合、「バスや飛行機の時刻表を見て理解できる、もしくは簡単な外人との会話についていける」といった類の指標が記載されています。

別にその得点が取れたからといって、実際できるとは限らないのだけれど…。それでも無味乾燥なテストの分析表に比べたらずっと有用で、「このぐらいならできますよ」という潜在的な能力の測定に役立ちます。

そこから実生活に応用していくのは、個人の努力次第ということになりますが。

 

社会的な資格としてのTOEIC

もう一つだけ嬉しくないメリットだけど、TOEICの優れた点があります。

それは「資格」という側面からみたTOEICの汎用性です。

周知の事実だけれどTOEICの点数は、履歴書にも記載することができる認められた「何か」ということです。このTOEICを利用することで学生であれば就職活動に、社会人であれば社内の昇進(もちろん給料もあがる)や将来のキャリアプラン(憧れの仕事につけるかも)に生かすことができます。

僕個人としては少し悔しいけれど、TOEICは英検よりも広く使われていて、信用度も高い。

これはきっと英検を受けたことがないビジネスマンが多く、価値の判断基準としての経験の蓄積が乏しいからだと思っている。とにとかくにもTOEICは信用されている。残念なところだけれども、たとえ英検準一級を持っていたとしても、実生活でピンとくる人は少ないのです。

TOEICに換算すると800点くらいの実力だというのにね。

この辺はきっと企業側が努力しないといけない部分だと感じています。将来的にもっと英検が認められるようになると嬉しいんだけどね。

 

閑話休題。

こうしたようにTOEIの有効性は主観的に英語ができますよと訴えるより、何か信頼されている指標を用いて客観的な数字で証明する方が説得力が断然に違う、というごく当たり前の事実です。

もちろんそれを当たり前だからといって、TOEICを英語力という点で認識し完全に信用してはいけないのだけれど。それでも今の社会システムの中では、TOEICを用いることで客観的にあなたの実力を測り、証明することができる。

それがTOEICの持つメリットじゃないだろうかと常々思っているのです。

それが良いか悪いかは別として(もちろん、TOEICの点数が高いから英語ができるという勘違いも置いておく)、TOEICはそれなりに有効な試験(問題の質それ自体は申し分ない)なので、自分の実力の測定に社会的に認められた(英語力が保証されているとはいっていない)指標として活用してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

疑念は残りますが、TOEICを受ける意味やメリットについて書き連ねてみました。

TOEICを受けることで自分の実力を客観的に知ることができ、励みにもなると思います。自分の英語力を知りたい人、自分の英語力を磨きたいと思う人は、ぜひTOEICを受けてみることをお勧めします。

TOEICのテストの自体はそんなに難しいものではないけれど、もし将来に活かしたいとか、給料アップを目指すのならば挑戦して見る価値はあるんじゃないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。