【読者投稿】キミもTOEICスコアをブチ上げろ!TOEICスコアを上げるメリットって一体なんだ?

SPONSORED LINK

今回も読者の一人からTOEICについての投稿を頂きましたので紹介します。

内容はズバリ「TOEICスコアを上げることのメリット」について実体験を交えながら語っていただきましたよ!僕は相も変わらず英検派ですが、社会にでてみるとよりTOEICの恩恵(メリット?)を感じています。

英検準1級よりも、TOEIC840点の方が聞こえが良いらしいです。

よく「900点目指さないの?」とか言われますが、「そんなん面倒くさくてやってられんわ!」ってなっちゃうんですよね。英語を分かってないなーと逆に思ってしまいます。でも社会人として出世街道をまっしぐらに行きたいのであれば、むしろTOEICを頑張った方がイイです。

出世とかどうでもいいし、人生は楽しむものだから。

僕はそういうスタンスで生きているので、TOEICで900点を目指すのに労力を使うよりも、海外ドラマや映画を沢山みたいですね。でも、そろそろ英検1級は真面目に勉強しなきゃなーとは思っています。

話題が逸れてしまいました。という訳で投稿をみていくことにしましょう。

 

TOEICスコアをあげるメリット

大学以降から頻繁に耳にするようになったTOEIC。

ビジネスで使用する英語力を図るものだが、最初は自分には縁のないものだと思っていました。ですが現在は学校でも会社でも、このTOEICスコアが重視される時代になっています。例えば学校では、TOEICスコアが高い人程、留学のときに優遇されたり、単位がもらえたりします。

また会社でも、TOEICスコアを上げるように指示することもありますし、高ければ手当がつくこともあります。もちろん「TOEICの点数が高い人=英語が話せる人、英語ができる人」とは限りません。

点数が良ければ良いというだけではないとは思いますが、事実として現在の社会はTOEICを重視するようになっています。

履歴書に書けるというのも強みです。就職活動の際に受検する企業にもよりますが、基本的にはTOEIC700点以上あれば履歴書に堂々と書けると思います。

商社やメーカー、貿易関係、航空関係等、英語をビジネスで使用する機会が多い場はたくさんあります。

英語を使っての電話やメール、交渉でビジネス英語は必須です。

そう考えると、TOEICで問題として出題されるリーディングやリスニングスキルはあるに越したことはありません。むしろ、活かせる場は数多くあります。このような理由からTOEICスコアをあげることは、現在の社会で非常にメリットがあるのです。

 

感想

力強く語って頂きました。これがすべての正解だと思いませんが、社会の一部としての真実だと僕は思っています。後はその人の信条次第というところでしょうか。

何を信じるかはその人次第ってことですね。

僕はあえてTOEICなどの資格に左右されることなく英語を勉強してきたので、「ああ、そういう考え方もあったんだな」と単純に感じました。まあ、英語を勉強しているということはTOEICや英検などに左右されずに勉強しろよ!ということでもあるんですけどねえ…。

 

人類はみな、資格が好きなんですよ、なぜなのか。

ますます僕はこの投稿を読んで、社会に対して疑問を持ってしまうようになりました。海外ではむしろ資格よりちゃんと大学を卒業しているのか、成績はどうだったかを重要視しているのにね。

日本の教育現場のパラドックスということにしておきましょう。

大学に価値がなくなっているから資格に目がいくんでしょうかね。

日本も大学全入時代なんてお金にまみれた事やるんじゃなくて、本当に勉強したい人だけが大学を目指せばいいと思うんですよね。オーストラリアの制度みたいに。ああ、閑話休題。では最後にまとめをどうぞ。

 

まとめ

TOEICについて、これまで二回ほど語ってもらいました。

どの方も英語については真面目に、そして本気で考えていることがよくわかります。英語というのは本当にスゴイですよねぇ。言語というものが、どれくらい人々に影響を与えているのかがわかります。

このブログでは、英検やTOEICについて読者の意見も投稿することで、より身近に英語を感じてもらえるような場所にしたいと考えています。

英語はたしかに、そんな簡単に身につくようなスキルではありませんが、モノにすることができれば世界が開かれます。

ある意味では自己投資に近い部分があると思うんですよ。

みなさんもこのブログで、あなたの体験や考えたこと、英語に関することを発信してみませんか?みなさんの体験をお待ちしております。

SPONSORED LINK

更新情報はSNSでお届け

ABOUTこの記事をかいた人

HIRO

旅・音楽・プログラミング・ブログを愛するコンテンツ・クリエーター、ミニマリスト。ガジェット、海外ドラマ、旅行が好きで、趣味は読書。都内のIT企業でSEとして働いています。※このブログでの発言はすべて個人に帰属し、企業や団体とは一切関連がありません(PRを除く)。