今日から始めるミニマリスト!シンプルな人生を体感する3つのコツ

突然ですが、机の上に余計なものなんて一つもなく、パソコンと自分のお気に入りの文房具だけが置かれている場面を想像してみてください。

スッキリとした、クリエイティブな空間を想像できたでしょうか?

巷では、ミニマリズムは人生を変える!と言われていますが、その理由は物に支配されなくなり、縛りから解放され自由になるからです。

人生を変えたいアナタへ、今日はミニマリストの私自身が実践した、シンプルな人生を体感できる3つのコツを紹介します。

ミニマリズムの定義ってなんだ?

ミニマリズムの定義ってなんなのか。私はミニマリズムの目的を「モノの支配から逃れ、自らが主導して人生を選択していくこと」だと考えています。

たとえば、あなたの部屋のクローゼットに眠っている、あまり着ない洋服を思い浮かべてみてください。そして考えてみてください。

  • 「なんとなく流行っているから」という理由で購入した?
  • 手にとって何も考えずに買ってしまった

私も経験しています。GUとかユニクロって安いので、ついつい買ってしまうんですよね。でもよく考えてみてください。

そんな曖昧な目的で買った洋服が、あなたを本当に幸せにしてくれるのでしょうか?

ミニマリズムとは、そういった「なんとなく」の経験に別れを告げ、本当に大好きなモノを選んで購入するための覚悟です。

「取捨選択」の人生哲学こそがミニマリズムです。

 

ミニマリズムを始めるシンプルなコツ

ミニマリズムを始めるのに必要なのは大したものではありません。僕が必要だと思っているものはたった3つのコツのみ。

  1. 机の上だけでも片付けてみる勢い
  2. 本を読んで経験を知ること
  3. 焦らない余裕の心

たったこれだけです。これだけではシンプルすぎるので、少し詳しく説明を加えていきます。

 

1.机の上だけでも片付けてみる

ミニマリストのメリットを、直接感じてみるのが近道だと私は感じています。

なぜか?それはミニマリズムのメリットをいち早く認識できるからです。経験のないことは、とにかく試してその効果を感じてもらうのが早いのです。

まずは、身の回りだけでもキレイにしてみて下さい。片付ける際のポイントは以下。

  • 使っていないものは思いきって捨てる
  • 迷ったら後で考える
  • お気に入りだけ残す

使っていないもの、買ったことすら忘れているものは、思い切って捨てましょう。

その中で「捨てるのは勿体ないな・・・」と思ったものは、いったん脇へ寄せておき、あとで決断することにします。

この時のポイントは、なるべく視界に入らない場所に置くこと。

なぜなら視界に入ってしまうと、物を認識してしまうからです。これではミニマリズムの効果が体感しづらくなるので、もし悩んだ場合は、視界に入らない別の場所に一旦保管しておきます。

ミニマリストになるコツは、いかにグレーゾーンを活用するかなのです。

 

そして、それ以上に注意してもらいたいのが、整理するといって「モノを移動させるだけで終わらせないこと」です。机の上の物を、引き出しやクローゼットの中など別の場所へ移動させるだけのこと。

見た目はキレイになりますが、それは「隠しただけ」です。これは単なる片付けであり、ミニマリズムではないのです。ミニマリズムのキーワードは「取捨選択」ということを忘れないようにしましょう。

思いっきり捨てるものは捨てる。これを胸に刻んで下さい。「必要になったらまた買えばいい」くらいの気持ちだと、すんなり捨てられますよ。

 

そして最後に机の上を整理して、「あ、これいい!」と感じるかどうか考えてみてください。素晴らしく感じることができたら、棚やクローゼットなどを少しづつミニマリズム化させていきましょう。

物が少なくなると、頭がクリアになってクリエイティビティが溢れてきます。「ああ、私はこんなにも縛られていたんだ・・・」そう気づくでしょう。

ぜひとも机の上だけでも実践してみて下さい。変わりますよ。

 

2.ミニマリストの本を読んでみる

ミニマリズムを実践している人が何を考えているのか、また、どうやって実践しているのか知るのも、ミニマリズムに触れる大切なコトだと思っています。

私もかつて、スポーツ用品や楽器、CDやMD、洋服やバッグなど、必要なのか分からない物に消費をして、気がつけば多くのスペースを取られていた時期がありました。

その後、海外に出ることをキッカケとして物を減らしていくようになりましたが、それでもやっぱり物を欲しくなってしまいますし、持ち物に拘ってしまっていました。

当時は、ミニマリズムに対して心が揺らいでいたのです。

 

そんな時に出会った本が「より少ない生き方」でした。強く感銘を受けた1冊です。

アメリカのミニマリストが自らの体験を記した著作で、ミニマリズムの人生哲学を詳細に語ってくれています。

[kanren postid = ‘4443’]

 

また高城剛さんや四角大輔さん、本田直之さんなど、日本を代表するミニマリストの著作も絶対に読んでおきたいですね。

LIFE PACKING」や「TraveLife」、「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」は代表格であり、「持つことをやめて自由な人生を歩もう」と言ってくれます。

そういう本を読むことで、ミニマリズムをよりイメージしやすくなるのではないでしょうか?

 

3.急がず焦らず、マイペースを貫く

ミニマリズムは、ただ断捨離するのとは違います。

断捨離はとにかく捨てていくことですが、ミニマリズムは「大切なモノに囲まれて生活しよう」という人生の哲学です。

物に支配されて生きるのではなく、物から解き放たれた主体的な人生を歩むということです。

ですから、決して今すぐに捨てよう!とかそういう気を起こす必要はありません。自分のペースでゆっくりと物を整理していくのが丁度よいでしょう。

 

本田直之さんや高城剛さんも、自分が所有している物の多さに驚き、そこから数年という期間を経て物を減らしていったそうです。ミニマリズムとは、自分のペースを守りつつ所有物を少なくしていくことが成功の秘訣なんですね。

もちろん、一気に片付けたい!という人もいると思います。それはそれで良いでしょう。

ミニマリズムは行動を体験しながら物を減らしていく行為です。物から「解放される幸せ」を知っていくことが大切なんだ、と僕は感じています。

 

まとめ

以上、ミニマリズムを始めるにあたって知っておきたいコツ3つを紹介しました。

流行っているからと言って安易な断捨離に走ることなく、自らのペースを守りって素敵な人生を歩むキッカケを掴んでもらいたいと思います。

それがまさに、ミニマリズムという人生哲学なのですから。

ものに支配されて、行き苦しい毎日を送っている貴方へ。少しでも人生が軽くなるように、この記事がキッカケを与えることができるのなら、私はとても嬉しいです。

この記事を読んだら1か2を実践してみましょう。そして、クリエイティブな人生を体感してみよう。

The following two tabs change content below.
HIRO
日本の大学を中退しフィリピンの旅行会社に就職。その後、NZの大学に留学。卒業式では400人の前でスピーチをする。これまでの経験をもとに、英語・海外情報をブログで発信中。ツイッターではブログ運営・英語学習・海外情報をシェアします。社会不適合者のネジ外れぶっ飛び系。海外就職/大学留学/TOEIC840点/英検準1級。お仕事受付中のフリーライター兼、旅人。

関連記事

最高のブログ体験をぜひ!初心者がブログを始めるのに必要なものを解説します

自己投資の効果を最大化する3つの大切な読書習慣とは?

エッセンシャル思考

忙しいと感じるアナタへの処方箋!「エッセンシャル思考」で自分らしさを取り戻す

旅するように生きる。「モバイルボヘミアン」を読んで涙を流した。

マンハッタン発の海外ドラマ「SUITS」が最高にオススメ!

インターネットの次にくるもの

WIRED創業者、魂心の名作!「〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める1...