英語学習者が「大学受験の参考書」を使うべき3つの理由とは?

何度も挑戦したけど、いつも続かない。

これから英語をちゃんと勉強したい。

あなたもこんな想いをもって、僕のブログを訪ねてきてくれたのではないでしょうか?

こんにちはHIRO(@MailTomix23)です。英語の勉強って続けるの難しいですよね。書店で買った参考書が本当に自分に合うのかわからない、とか不安は色々あるかと思います。

大型書店に並ぶ、いわゆる「大人の英語勉強法」をキャッチコピーにした参考書は、値段が張ります。1冊1500円以上。2冊買ったら飲み会1回分。

「この参考書を買ったら、昼食に使えるお金も少なくなるな・・・」なんて思いながら買ってしまい、挙句の果てには使わなくて、パンばっか食べた苦い思い出があるかもしれません。

 

そんな「英語の参考書を無駄にしがち」な人にぴったりなのは、大学受験の参考書だと思っています。

今回はクオリティが高く、種類も豊富、オマケに安い参考書としてオススメな、受験用参考書が英語学習者にオススメな3つの理由をお伝えします。

これを読んだら、きっと参考書を見る目が変わるはず!

「俺は社会人だし、大学受験の参考書なんて・・・」というプライドは捨て、希望に満ちたあの頃を思い出しながら読んでみてください。

1. 大学受験の参考書はクオリティが高い

大学受験向け参考書は、とてもよく作りこまれています。

購入ターゲットが中学生や高校生となるので、「わかりやすさを第一」とする参考書が多いのが特徴です。もちろん分かりやすくなければ若者には売れません。

みなさんも経験ありませんか?

クラスメートが買った参考書を読んで、分かりやすくて感動したから買いに行く、という経験。売れている参考書は、高校生にも理解できる参考書。

ならば社会人にも理解できるに違いありません。

受験戦争の恩恵にあずかる

最近の高校生は予備校に通うのが当たり前になりました。そこで注目されるのが「名物講師」の存在です。

魔法のような解説を繰り出し、芸術家のように生徒の偏差値を高め、松岡修造のようにモチベーションを高める魅惑の人々。

それはまさに、アイドル的存在。そうした影響から大型書店には、分かりやすい、伝わりやすい、そして「大人気の先生」が書いた参考書がズラッと並んでいます。

もちろん執筆者側も、人気を落とさないよう必死に書くので、クオリティは抜群です。

分かりやすく、効果的な内容でなければ誰も買いませんからね。

高校生の情報共有力をナメてはいけないということを、講師側もひしひしと感じていることでしょう。だから私たちは、この恩恵を逃しては勿体ないのです。

英語は英語。英語は社会じゃない。

大学受験とか英会話とかいったって、英語はどうなっても英語です。

英語が突然、体育や数学に取って代わることはありません。英会話だって、大学や高校受験の延長とも捉えられます。文法や単語は、スピーキングで大事でしょ?だからこそ、大学受験用とかTOEIC用とかに固執せず、気に入ったものをやりこむこと。

これが一番です。そのためにも内容が濃く、分かりやすい参考書を選ぶことが最優先といえます。

2. 大学受験の参考書は種類が豊富

大学受験の参考書は、とにかく種類が豊富。

  • 単語帳
  • 長文読解
  • 英文解釈
  • パラフレーズ
  • リスニング
  • 英文法

なんでもござれ、が大学受験用の参考書の特徴です。

柔軟に英語学習が進められる

揃わないものは、英会話くらいじゃないでしょうか?裏を返せば、不得意な分野にも集中して勉強のできる柔軟性があるとも言えます。

長文が苦手なら長文読解の参考書や、単語帳を購入すれば良いですし。英作文の基礎を指南してくれる参考書だって買い揃えられます。ほとんど揃わない分野はないのです。

僕はこれまでの人生、たくさんの参考書のお世話になってきました。これからもお世話になることでしょう。英語をリフレッシュしたい時は、当時使っていた参考書を買い直すほどです。

大手の競争を利用しよう

それに、大手の予備校に英語に力を入れる出版社がこぞって参考書を発売しています。

駿台や河合、東進、代々木、Z会といった大学受験界のドンに加え、桐原書店やアルクといった出版社も、長年の英語研究を駆使した素晴らしい参考書を投入しています。

ここまでくると、本当に揃わないものはなく、必要な時に必要なレベルの参考書が購入できるのです。いや素晴らしい。

3. 大学受験の参考書は価格が安い

最後にお伝えしたいのが「大学受験の参考書がいかに安価であるか」ということです。

書店に並ぶ「英語学習本」は高い

冒頭にも書きましたが、ビジネスマン用の参考書って高いんですよね。給料を貰っている社会人をターゲットにして、あの手この手をつかって社会人ウケしそうな参考書を数々投入しています。

そんな私は、「ビジネスマン向けの参考書=ビジネス書の一種」だと考えています。つまりエンターテインメントの一種に近い、ということです。

「できる商社マンの英会話」とか「3語で書ける英文メール」といった内容(※想像のタイトルです)は、まさにそうですよね?

いやいや、3語しか使わないメールのために、2000円も払えるかいってのが私の心情です。どう考えてもぼったくりだよ・・・と。とはいえ、中には良い本も存在するので、コスパ的にはトントンくらいでしょうか?

受験用参考書は学生も満足の良心価格

その点、受験用の参考書は価格が安いのが特徴です。安心・良心価格がウリです。

1冊1000円が相場価格(もちろん高いのもある)なので、高校生や中学生、また学生を養う親でも手の出しやすい価格帯となっています。

それならば、サラリーマンにも買いやすいに決まっています。

「高いな・・・」なんて思いながら、昼飯の心配をしながら参考書を買う必要もありません。

受験用の参考書はコスパの高い教材

以上、英語学習者こそ受験用の参考書を使うべき3つの理由をお伝えしました。

私は、こうして英語に関する情報を発信しているので、定期的に大学受験の参考書コーナーに足を運びます。ここ数年で、質も本当に良くなりました。分かりやすさも向上しています。

私のことが信じられない人は、今度、社会人というプライドを捨てて、大学受験の参考書コーナーに足を運んでみてください。

参考書内で扱っている例文、問題、解説はすべて、価格以上。その価値に圧倒されます。

大学受験の参考書こそ、あなたが使うべき英語教材なのです。

今度参考書コーナーへ行ったら、何冊か気になった参考書のページをめくってみてください。「これだ」っていう参考書に出会えるはずです。

The following two tabs change content below.
HIRO
日本の大学を中退しフィリピンの旅行会社に就職。その後、NZの大学に留学。卒業式では400人の前でスピーチをする。これまでの経験をもとに、英語・海外情報をブログで発信中。ツイッターではブログ運営・英語学習・海外情報をシェアします。社会不適合者のネジ外れぶっ飛び系。海外就職/大学留学/TOEIC840点/英検準1級お仕事受付中のフリーライター兼、旅人。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大学生は英語を身につける絶好のチャンス!その3つの理由を説明する

英単語

英検準1級の単語を「楽々」と「習慣化」して暗記する方法

可愛い子には英語をさせろ!子供に最強の英語力を身につける3つの方法

「伝わる英語」を身につけよう!集中して学ぶべき4つのポイント

洋書を読みこなせ!英語力の向上は「どれだけ多読ができたか?」がキモですよ

英検準1級の対策に「本当にオススメ」する参考書7冊